スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

肌のテカリが夕方になると恥ずかしいほどに!改善策はありますか?

肌のテカリがTゾーンだけとても目立ちます。おでこはファンデーションもよれてシワに入ってしまうことも。こんな時にできる対策方法があったら教えてください。

肌のテカリは表面だけが問題のように見えますが、実は肌の内部が乾燥しているインナードライ肌の可能性もあります。この場合は皮脂を取り除いても肌の働きを改善しない限りテカリはなくならないでしょう。

まずは皮脂コントロールのためにしっかり保湿対策をしてください。外出先の場合は皮脂をティッシュで取り除いてスプレータイプの化粧水を使ってしっとりさせるといいですよ。メイクの崩れを予防するためには厚塗りしないことも大事です。

肌のテカリが困ったときにできる対策方法・外出先でも安心!

肌のテカリは10代ならまだしも、40代過ぎてからTゾーンが目立つほどテカってしまうのはなにかしらの原因があります。夕方になるとメイクが崩れるほどの皮脂、とくにTゾーンは顔の中心なので困るでしょう。

こんな肌のテカリの悩みを改善するためには毎日のスキンケアがカギを握っていますが、外出先で何とかしたい場合にはオススメの対策方法があるのです。では早速ですが肌のテカリが気になる人に向けたお手入れ方法と外出先でのコツについてご紹介しましょう。

脂性肌かどうかまずはチェックしてみよう

思春期の肌はホルモン分泌が多く皮脂腺の働きが活発なため、Tゾーンを中心にニキビなどの皮脂トラブルがよくあります。大人になってからもふきでものやニキビは困る悩みのひとつです。しかし年齢肌の場合は、「テカリが目立つので脂性肌」だと簡単には判断できない色々な要素があります。

勘違いのスキンケアは一番肌に良くありませんので、肌のテカリが気になる方はまずは脂性肌のチェックをしてみましょう。以下の項目にひとつも当てはまらない場合は脂性肌ではありません。ひとつでも心当たりがある場合は皮脂分泌が多い可能性があります。

脂性肌の特徴

  • ファンデーションの崩れが目立つ
  • 毛穴が汚れや開きでとても目立つ
  • 洗顔後30分ぐらいですぐに肌がテカる
  • 夕方になるとメイクの崩れが気になる
  • おでこやアゴにニキビができやすい

年齢肌に合ったスキンケアに欠かせない肌のテカリ対策

脂性肌の皮脂を取り除きさっぱりとケアするのは思春期の肌。年齢肌の肌のテカリは乾燥により皮脂が過剰に分泌するため、皮脂コントロールがとても重要です。肌のテカリを改善するためのアンチエイジングのポイントは以下の通りです。

季節ごとのスキンケアをはじめよう

年齢肌の働きは見えないところでどんどん低下しています。Tゾーンのテカリが目立つのは顔の中でも皮脂線が多く存在する部分のためで、乾燥すると自然な肌の働きで皮脂により潤いを維持しようとします。

汗や皮脂が増える夏は肌のべたつきがとても気になりますが、この季節に油成分が多いクリームを使いすぎると毛穴の詰まり原因になってしまいます。逆に乾燥する季節は水分だけでは皮脂が多く分泌されるため、しっかり潤いを守るためにクリームや乳液が必要になります。

季節ごとの肌環境を見極めて上手な保湿をしましょう。

浸透性の高い保湿成分

インナードライ肌は一見脂性肌に見えるため、無理に皮脂を取り除こうとすると肌の内部が逆に乾燥してしまいます。するとコラーゲンやセラミドなどのハリ成分の生成が衰えて、乾燥によるシワやたるみが悪化します。

インナードライは浸透性の高い保湿化粧品で内側からしっとりケアができますので、肌の表面でなく水分が長時間持続する浸透性の高いアンチエイジング化粧品を使いましょう。

洗顔時の洗いすぎに注意

脂性肌は余分な皮脂や古い角質層を洗い流さないと毛穴の詰まり原因になります。Tゾーンの肌のテカリはメイクの崩れ原因にもなりますので、ごしごし洗顔やフェイスブラシで刺激を与えてしまうこともあるでしょう。洗顔時の洗いすぎは乾燥の大きな原因です。しっとり汚れだけを落とすためには泡洗顔をしてください。

洗顔料やクレンジング剤も保湿成分が配合されたタイプのほうがテカリ予防になります。

外出先でのピンチ!こんな時にできる速攻技について

夕方になると肌のテカリが恥ずかしいぐらいひどくメイク崩れも。こんな時に本来ならばクレンジングと洗顔料で一度肌リフレッシュしたいところですが、毎回そういうわけにはいきません。肌のテカリが気になったときは次の方法ですぐに対処しましょう。

スプレー式の化粧水を使う

ファンデーションのよれが気になるおでこや目の下、こんな時に上からファンデーションを重ね塗りすると均等につかないため、まだらになる原因です。メイク直しするときはスプレータイプやミストタイプの化粧水でしっかり保湿をしましょう。乾燥したままでは皮脂の過剰分泌は抑制できないので、いったん水分を補い皮脂コントロールをしてください。

皮脂を抑えるファンデーションを使う

夕方のメイク崩れが気になるときは皮脂を抑えるタイプのファンデーションを使ってください。皮脂を抑えるにはリキッドよりもパウダー系のほうが肌のテカリ予防にオススメ。保湿成分が配合されたタイプや薄くて伸びやすいファンデーションでナチュラルメイクを意識してくださいね。

ティッシュで皮脂を抑える

外出先の肌のテカリ対策に最も使われているのが脂取り紙。しかし使いすぎるとさらに皮脂が多く分泌される場合もありますので、肌を乾燥させないように余分な皮脂を取り除くことがポイントです。そんなときに一番オススメなのがティッシュ。肌に必要な皮脂は残り過剰な分だけが取り除けますし、ほこりなどの目に見えない汚れも取れます。

ティッシュは肌にこすりつけないよう肌のテカリ部分を抑えるようにして使ってください。またテカリを悪化させないためには、定期的に鏡でチェックすることも大事です。

朝、昼、3時、夕方などテカリが気になる時間帯の前にできる予防策を行っておきましょう。

肌のテカリは生活習慣にも注意しよう

年齢肌のテカリは肌表面の皮脂コントロールだけでなく、生活習慣にも改善すべき点がいくつかあります。たとえば皮脂腺が過敏になる睡眠不足、脂質や糖質を過剰に摂取する食生活、肌に合わない化粧品を使うなど。これらの肌に悪い環境から見直し、皮脂バランスを整えてください。

また皮脂腺が活発になるホルモンバランス、とくに男性ホルモンが強くなると皮脂が多く分泌される傾向があります。

肝臓機能が低下する飲酒や喫煙、過労などはホルモン代謝が悪くなり皮脂の過剰分泌を招く場合もあるのでご注意くださいね。

まとめ

  • 肌のテカリが気になる場合は、まず最初に脂性肌かどうかをチェック!
  • 年齢肌のテカリ対策は皮脂のコントロールがカギ。浸透性の高い保湿化粧品を使ったケアが◎
  • 外出先のテカリ対策は保湿&皮脂を抑えるのがコツ。
  • 皮脂バランスを整えるためには生活習慣にも気をつけて。

 

肌のテカリは肌が汚れて見える原因、さっぱり洗顔をしてもすぐに肌がテカる人は、スキンケアや生活習慣化も整えないといけませんね。手で触ると指にまで皮脂がついてしまうほどの脂性肌は原因と肌環境を正しくして判断して、テカリ対策を今日からスタートしましょう。

この記事も読まれています