スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

30代の基礎化粧品で老化スピードを抑える秘訣!

30代の基礎化粧品選びは肌年齢が変化する時期なので、失敗はできれば避けたいところです。アンチエイジング化粧品がとても魅力的に感じ始める年代、いまどんなスキンケアをするべきなのか使う基礎化粧品次第で美肌効果も変わってしまいます。20代から同じ化粧品を引き続き使用する方はとても多いと思いますが、さほど違いはなくても肌細胞レベルではしっかり効果が発揮されていない可能性もあるのです。

30代の肌はライフスタイルやスキンケアの違いにより肌年齢に差が出てきます。いつまでも若くて綺麗な肌を維持するために知っておきたい、30代の基礎化粧品の選び方をご説明しましょう。

30代から意識したいたるみ毛穴予防について

30代の肌は個人差が徐々に表れる時期、30代に見えない人や40代ぐらいに見える人など様々です。この年代の皆さんに共通する肌悩みのひとつが「たるみ毛穴」。メイクでも隠せないほど目立つと、何となく肌が汚れたようにも見える厄介なトラブルです。30代から意識したい毛穴の悩み、原因と対策を知っておきましょう。

たるみ毛穴の原因

肌の弾力やハリが不足すると手で触った感触だけでなく、見た目にも様々な問題がでてきます。毛穴に関する悩みは年齢肌にとても多くとくにたるみ毛穴は汚れが目立つので困る悩みでしょう。この原因は加齢による弾力成分不足によるもので、開きはじめた毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、角栓になるとさらに毛穴を押し広げる原因になるのです。

ターンオーバーを活性化する

30代はまだ肌力がありますから、アンチエイジングも効果がでやすい年齢です。30代にあった基礎化粧品を使い、肌の潤いをしっかり補いましょう。ターンオーバーは通常28日周期、しかし30代になると徐々にサイクルが乱れ40日ぐらいかかることもあります。このサイクルを安定させると肌の老廃物が排出されハリや弾力回復にメリット。ターンオーバーを活性化するためには、抗酸化成分のビタミンEなどの栄養を補いましょう。

またセラミドやヒアルロン酸などの美肌成分も30代の肌の老化スピードを抑制する効果があります。

基礎化粧品を見直す重要性3つの大切なこと

30代になってから基礎化粧品を見直すことはとても重要な3つの意味があります。最近化粧品が肌に合わないと感じている方、化粧品を変える前に自分の肌環境の変化についても理解しないといけません。ではいつまでも20代と同じ基礎化粧品を使うとよくない3つの理由を見ていきましょう。

刺激が強すぎる

化粧品に含まれる人工香料や保存料などの添加物は、少量でも毎日使っていると肌の負担になります。細胞レベルまでダメージが加わるとシワやシミなどの老化症状が悪化することもあります。20代は30代よりも肌が丈夫なので多少の香りなど添加物に対抗できるかもしれませんが、30代は慎重に添加物を判断してください。

成分が浸透しない

化粧品が肌にしっくりこないと感じる時、配合成分に問題があるか、もしくは肌の働きが減少している可能性もあります。30代は加齢により吸水性や浸透性が徐々に低下しますので、年齢肌に合わせた浸透性の高い基礎化粧品がオススメです。

不足する美容成分がある

20代の基礎化粧品は皮脂コントロールや保湿成分など肌全体の調子を整えるものが多いのですが、30代になると肌のハリ不足や美白対策なども必要になります。すると必然的に20代の基礎化粧品ではカバーできないトラブルもありますので、基礎化粧品を見直す重要性はあらゆる角度からも考えておきましょう。

続けやすい価格のものを選ぶ方法について

30代は結婚、出産、そして毎日の家事。主婦業で忙しくなる女性も多く、育児のなかで値段の高い化粧品を買うのは抵抗になるでしょう。また肌環境を考えても、頻繁に化粧品を変えるのは負担になる原因。一度肌にぴったりあうものを見つけたら、できるだけ長く継続使用したほうが年齢肌の美肌ケアには良いのです。

そこで大切なのが化粧品の価格。続けやすい価格のものを選ぶためには以下のポイントを比較してください。

1回の使用量を比較

値段が安い化粧水でも、1回に使用する量が多ければコストが良いとは言えません。それなら質の良い化粧品で伸びが良い、浸透性が良いものを少量使ったほうが美肌ケアがしやすいでしょう。

会員割引を使う

化粧品のコストと質は必ずしも比例するものではありませんが、あまり値段が安いものだと肌トラブルの不安があります。コストを安くしてよい化粧品を購入するなら、定期購入などの会員特典を使うことも方法です。

オールインワン化粧品を使う

ひとつで何役もこなす人気のオールインワン化粧品。これなら何種類もアイテムをそろえる必要がありませんので、主婦の見方になるコスパのよい化粧品です。ただしオールインワン化粧品のなかには十分に保湿効果がないタイプもありますので、最低でも1か月は使用して効果をチェックするとよいでしょう。

もしくはお手持ちの保湿化粧品に合わせて、オールインワン化粧品を上手に活用することも方法です。

肌トラブルを改善するために毎日続けること

肌トラブルになると年齢肌は治るまでに時間がかかります。30代の基礎化粧品は肌荒れなどのトラブル予防としても意識して選びたいもの。化粧品の効果をさらに引き出すには、毎日のちょっとした以下のコツがとてもメリットになります。

鏡で肌チェック

肌の変化を掴みやすい年代ですから、毎朝のチェックを怠らずに続けてください。目尻や口元に出る年齢、触ったときのハリ、肌のトーンなど気なるところから積極的にアプローチしていきます。

血行改善

妊娠や出産など体の変化を体験する人も多くなる30代、ホルモンバランスが崩れ肌トラブルが起こることもあるでしょう。そこで大切なのが血行改善の生活習慣。毎日ストレッチや入浴などで血液の巡りを改善してください。

冷え性の方は漢方で血行改善しておくと将来的にも更年期の症状が楽になるメリットもあるでしょう。

規則正しい生活

30代の肌トラブルは生活習慣や食生活なども関係しています。家事や育児で自分のために時間が十分に取れない年代、ふきでもの、乾燥、老化などは年齢以外にも要因が考えらます。肌のトラブルを予防するためには、できるだけ規則正しい生活習慣を意識しましょう。

ハリや小じわ対策によい化粧品はいつからスタートするべきか

30代の基礎化粧品を選ぶ時は、気になる肌トラブルにアプローチできるものがオススメです。まだ老化がさほど目立っていない肌の人もいるかもしれませんが、見えないところでは確実に肌の衰えが進んでいます。

乾燥しやすい目尻や口元のシワは30代でも多くの方が抱える悩みのひとつ。ハリ不足で疲れた表情に見えることも多いでしょう。そんな時のハリや小じわ対策によい化粧品、いつからスタートするべきかアンチエイジングにシフトするタイミングについてご説明します。

ターンオーバーの遅れがわかるとき

ターンオーバーが乱れてくると、アゴやフェイスラインのふきでもの、肌のキメが粗くなる、乾燥部分が広がるなどの症状が現れます。またファンデーションの色が合わないことも古い角質層が蓄積しておこるくすみが原因。このような症状があるとターンオーバーが乱れているサインなので、ハリや小じわ対策をそろそろスタートするタイミングです。

肌の状態で判断しよう

アンチエイジングを始めるタイミングは年齢ではありません。あくまでも肌の状態で判断することが大切で、一般的に30代になるとほとんどの女性はアンチエイジングケアの必要性を感じているといわれています。

なにから始めるのかわからないけど肌の衰えを感じるという場合。まずは肌の働きを活性化するために保湿ケアを見直してください。

化粧品の効果がわからなくなった時

同じ化粧品をずっと使用していても、肌の老化が進んできたころに効果があまり実感できないことが起こります。保湿力が不足する、ひりひりするなど、このような化粧品の効果が変わったときは、年齢に合った化粧品にシフトするタイミングです。

30代の美肌対策!コラーゲンを増やす3つのコツ

30代の肌はハリ不足が始まる時期、なにもせずにいると40代でほうれい線がはっきりと刻まれてしまいます。弾力とハリ成分の主役がコラーゲン。加齢とともに減少するコラーゲンを増やす美肌の3つのコツについてみていきましょう。

サプリで補給する

美容系のサプリメントが人気になっていますが、色々な成分の違いにより期待できる効果が変わります。肌のハリ回復にはコラーゲンを積極的に摂取しましょう。コラーゲンは食べ物から摂取するのが難しい成分、不足しがちになるのでサプリがオススメです。

リフトアップ成分を補う

30代の美肌のコツはハリのある美しい肌。現状をできるだけ維持することが将来のたるみやハリ不足を予防するコツです。コラーゲンを増やすためには、外側からも積極的にスキンケアで補ってください。リフトアップ化粧品、コラーゲンが配合されたアンチエイジングなどを使い、普段からハリをターゲットにするとよいでしょう。

コラーゲンを増やす成分をプラスする

30代の基礎化粧品選びで美肌を意識したハリ対策は、コラーゲンだけでなくコラーゲンの生成を促進する成分にも注目しましょう。ビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシンなどは体内で作くるコラーゲン生成をサポートする力があります。相乗効果によりさらにハリや弾力が回復するので、基礎化粧品選びでもぜひ参考にしてください。

まとめ

  • たるみ毛穴は加齢による弾力成分不足が原因。ハリや弾力を回復する基礎化粧品で対策を。
  • 30代は基礎化粧品の見直しが必要な時期。浸透性の高い基礎化粧品がおすすめ。
  • 基礎化粧品選びはコスパを重視。定期購入やオールインワン化粧品も◎
  • 30代は年齢肌トラブルの予防が大切。血行改善や生活習慣の見直しも必要。
  • 肌トラブルや化粧品の効果が実感できなくなったら、ハリ・小じわ対策の始め時。
  • 30代の美肌対策はコラーゲン生成をサポートする成分にも注目。

 

30代の基礎化粧品選び、値段やブランド、効果など考えるポイントが色々あり大変ですよね。化粧品の比較サイトを使うと一目で違いが判りますので、困ったときに活用するといいかもしれませんね。

この記事も読まれています

  • 夏にスキンケアで注意すること~紫外線対策が本番の季節!

    スキンケアで夏にやるべきことと言えばまず紫外線対策があります。日焼け止めは肌を黒くしないためのものと思っている方が多いと思いますが、肌が黒くなるほど太陽に当たってしまうとかなりの肌ダメージになってしま …

  • スキンケアの基本・化粧品の役割と手順を見直して美肌作り!

    スキンケアの基本は皆さん知っているようで意外な落とし穴があることをご存知でしょうか。TVCMや雑誌で宣伝している様々な化粧品、人気があるから使ってみようと思い購入したアイテムもあるでしょう。美肌を作る …

  • 普通肌のスキンケア~知らないと損するテクニック~

    普通肌のスキンケアは肌環境が安定しているため、敏感肌や乾燥肌のように色々なトラブルが少なく安心です。でも油断してしまうと肌質が変わってしまう可能性もあり、正しい肌に合ったスキンケアは美肌を維持するため …

  • ちょっと待って!肌の保湿方法でやってる9つの間違い

    乾燥肌、敏感肌、年齢肌などどんなスキンタイプにも欠かせないお手入れの基盤が保湿ケア。洗顔後は化粧水をつけ忘れないで!とあちこちで言われるので、毎日の習慣として肌の保湿は皆さん行っているでしょう。美肌へ …

  • 冬のスキンケア~乾燥と寒さから肌を守るお手入れ

    冬のスキンケアの最大の敵は「乾燥」。保湿を重点的に毎日お手入れをしないといけません。肌がカサカサになるとメイクも粉っぽくなりますし、赤みやひりひり感が残る場合もあるでしょう。肌の水分が不足しやすい冬の …