スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

ニキビがかゆいのはなぜ?原因と改善策の徹底ガイド

ニキビは種類が色々ありますがそれに伴い症状も違い、赤く腫れたり痛みがある時など様々です。そんな不快なニキビの症状のなかでも「かゆみ」はとても困るもののひとつ。メイクをしても洗顔しても残るニキビのかゆみ、どうすればこんな症状は軽減できるのか皆さん悩んだことはありませんか。

健康な肌なら痛みやヒリヒリ、かゆみなどは起こらず、かゆみは肌の異常を知らせるサイン。正しく処置しないとニキビ跡が残りさらにお手入れが面倒になってしまいます。年齢とともに肌の回復力は衰え、ニキビのかゆみは上手にケアをしないといつまでも症状が続いてしまうでしょう。そこで早速ですが、ニキビのかゆみに関する大切なポイントをご説明したいと思いますのでぜひ参考にしてください。

ニキビがかゆい原因はなぜか?

ニキビができるだけでも困るのにさらにかゆみまで伴うと肌を見るたびにストレスになり、さらにニキビの治りが遅れてしまいます。ニキビは色々な段階で症状が変わりますが、できはじめの時はぶつぶつとした湿疹のようで痛みやかゆみはそれほど気にならないでしょう。

しかしニキビが悪化すると炎症を起こし、腫れあがる頃になると痛みやかゆみなどの不快な症状を感じはじめます。色々な種類のニキビがありますがかゆみが発生するのは以下の原因が考えられます。

温度でかゆくなる

肌は外部の刺激に左右されやすいもので、ニキビがあるときはさらに敏感な状態になっています。気温によって肌の温度が上昇したり冷えたりするとニキビのかゆみが起こりやすく、たとえば夏場に外からいきなりエアコンで冷えた部屋に入ったとき、冬のストーブで温まった部屋でずっと過ごすときなどは、血液の流れが変わりニキビの炎症部分がかゆみを伴うのです。

化粧品が原因

使用中の化粧品の刺激によりアクネ菌が反応してニキビのかゆみがおこります。自分の肌に合わない化粧品やアルコール成分が含まれたニキビ化粧品など、健康な肌の状態なら使えても不安定な肌環境では刺激になる場合もあります。

ストレス

仕事や人間関係、またはニキビ自体がストレスになる場合、ホルモンバランスが不安定になり無意識のうちに肌が反応してかゆみ原因になってしまうこともあります。

ニキビがかゆい時・頬の対策について

ニキビがかゆい場合、頬は顔のなかでも広いエリアなのでとても目立ちニキビが広がらないようにとても気を使う部分です。頬は顔のほかの部位と比べると炎症を起こしやすく、赤く腫れるニキビやかゆくなるタイプができやすいことが特徴。このまま何もせず放置すると色素沈着して黒っぽいニキビ跡になる可能性があります。

ニキビがかゆい原因、頬の場合については次のポイントを注意してみましょう。

ヘアスタイルで刺激になる

頬は髪がかかる部分、ヘアケア製品のジェルやムースなどが肌に付着してニキビに刺激が加わりかゆみになることがあります。ヘアケア製品を使っていなくても、髪の毛にはホコリや雑菌がたくさんついていますので肌を清潔にしたい時はできるだけ頬は髪との接触を避けたほうが安心です。

メイクによるかゆみ

ニキビのかゆみで頬におこる原因ですが、広いエリアなので隠すためにはメイクが一番手っ取り早い方法だと皆さん考えるでしょう。ファンデーションでしっかりニキビをカバー、ウォータープルーフのファンデーションで毛穴を塞ぐなどニキビに負担がかかります。また日焼け止めもニキビ肌には刺激となりかゆみ原因、頬のようにたっぷり化粧品が付く部分はとくに注意が必要です。

対策について

ニキビのかゆみが頬にあるときは、炎症を起こしているサインなので早く治そうとするよりも、デリケートに扱い刺激を与えないことがまず必要です。肌に合った洗顔フォームで汚れを落とし保湿効果の高い薬用ローションなどで肌を整えましょう

ニキビがかゆい・背中の場合はどうやってケアする?

ニキビは顔だけにできるものでなくかゆいニキビは背中もできやすい部位のひとつです。顔なら鏡ですぐにわかる部分ですが背中だと気が付いた時にはすでに炎症が進みかゆみや痛みを伴うこともあります。かゆい背中ニキビの原因と対策について大切なことを憶えておきましょう。

ニキビがかゆい!背中にできる原因

皮脂腺があるのは顔だけでなくボディも同様に皮脂が多く分泌される部分があります。背中はそのひとつで、皮脂や汗が多くさらに角質層が厚いので洋服で蒸れやすくニキビができやすい特徴があります。早期発見できないため化膿したニキビができかゆみを伴うこともよくあるでしょう。背中はニキビが重症化しやすい部分なので気になるときはこまめにチェックをしないといけません。

原因として考えられるのは男性ホルモンが多く分泌されること。男女ともに女性ホルモンと男性ホルモンがあり、ストレスや睡眠不足などが原因で男性ホルモンの分泌量が増加する場合があります。すると皮脂量が急激に増えニキビでかゆい背中の不快な症状になってしまうのです。

食生活

栄養バランスが不安定な時、とくに糖分を多く含む炭水化物は食後に血糖値が上昇しインスリンを分泌する際に男性ホルモンが刺激されています。油っぽい食べ物も皮脂腺を刺激しますので、背中ニキビができやすい人は普段から栄養バランスを整え肌によいビタミン摂取を心がけましょう。

ごしごし洗わない

背中ニキビの対処は顔と同様にごしごし洗ってはいけません。傷をつけるとさらに悪化しますので、ボディソープでたっぷり泡をつくり手や指をつかい丁寧に洗いましょう。ボディローションで仕上げに保湿をする、もしくは顔用のニキビ化粧品で保湿するのもよい方法です。

ニキビがかゆい・鼻の原因と対策

顔のどまんなかにある鼻。ニキビがかゆい時は鼻は注意してお手入れしないととても目立ち人の視線が気になります。鼻のかゆいニキビ原因は次のことが考えられるでしょう。

イチゴ鼻からニキビへ

鼻の毛穴は汚れが目立ち、黒くなるとイチゴ鼻と呼ばれるように毛穴にメイクや汚れ、皮脂などが詰まった状態になります。角栓化すると無理やり洗顔してしまう人もいるでしょう。間違ったお手入れは毛穴の汚れがさらに悪化してニキビへと進行する原因です。

鼻は皮脂腺が活発な部分なので健康な状態でもニキビ予防が必要な部分。鼻の皮脂は不規則な生活や偏った食生活などが原因でニキビができやすくなります。

外部からの刺激でかゆみが悪化

ニキビがかゆい時、鼻は目立つパーツなのでつい無理してケアをしたくなる部分です。毛穴パックや指でニキビをつぶすなど外部から刺激を加えるとニキビが炎症を起こしかゆみが悪化。化膿するとニキビ跡が残る可能性もあり慎重にケアしないといけません。

鼻のかゆいニキビ対策

鼻にできるかゆいニキビは普段のお手入れで予防をすることがまず必要です。毛穴に汚れが溜まりやすいため、洗顔料の泡を使ったパックや汚れを吸着してとるクレイ成分の洗顔料を使うこともよいでしょう。洗顔後は必ず保湿ケアで肌の皮脂バランスを整えてください。

ニキビがかゆい・治りかけでやってはいけないこと

ニキビがかゆいのは炎症がひどい時と、治りかけの時も同じようなかゆみが起こる場合があります。どちらも慎重にケアをしないといけませんが、とくに治りかけで失敗すると最初からやり直しになってしまいます。ニキビのかゆみは個人差がありますが、蚊に刺されたときみたいにものすごくかゆくなるのではなく、我慢できる程度のかゆみと表現されることが多く、肌の状態により度合いは若干異なります。

ニキビの炎症が進むとアクネ菌が活発になりかゆみを伴いますが、治りかけも同様に怪我をしてかさぶたができるように肌が修復する際にかゆみが起こる場合があります。ではニキビがかゆい時、治りかけでやってはいけないNG行為を見ていきましょう。

摩擦洗顔しないこと

肌の摩擦はバリア機能を弱める原因になり、ニキビケアのためにやっているごしごし洗顔が逆に悪化する原因になってしまいます。治りかけはとくに注意が必要でバリア機能を回復させるためにもできるだけ刺激を抑えた洗顔を意識しましょう。

たっぷり泡を使い摩擦しないで押し付けるように洗う事。すすぎはたっぷり時間をかけ清潔なタオルで綺麗にふき取ってください。

蒸しタオルを使ったパック

ニキビがかゆい時、治りかけの状態はもう少しの我慢。見た目もよくなったからパックしてみようかなと間違ったケアをする人も少なくありません。蒸しタオルで毛穴を開くと血行が良くなりかゆみが悪化します。すると無意識で肌をこすってしまいさらにニキビが悪化する可能性がありますので洗顔時や入浴時の温度にも注意してください。

ニキビ肌の洗顔後にかゆい時の対処について

ニキビ肌の洗顔後、かゆい時はどうやって対処すべきかスキンケアのコツについてみていきたいと思います。次の大切なポイントを憶えておくとニキビケアの失敗のリスクが減ります。

洗顔後はすぐに保湿すること

洗顔後の肌からは水分がどんどん蒸発していますので、乾燥するとニキビはさらにかゆみを伴います。そのため洗顔後はなるべく早く化粧水と乳液で肌を整えましょう。水分だけだとすぐに蒸発する可能性がありますので、必ず油性成分が配合されたクリーム系を使い肌に膜を貼り乾燥対策をしてください。

市販薬に注意しよう

洗顔後にニキビ薬をつけて炎症を抑えるのは一時的な対処として必要な場合もあるでしょう。かゆみがひどい場合はかゆみ止めを使う人がいますが、市販のかゆみ止めにはニキビの炎症が悪化する成分が配合されている場合もあります。必ずニキビ専用の塗布薬を使うこと、症状が改善されない場合は皮膚科で相談してください。

ぼつんとできた小さなニキビが最終的にかゆみや痛みを伴う化膿ニキビに悪化することが良くありますが、正しいケアをしておけば早期に治すことができます。

まとめ

  • ニキビのかゆみは温度変化や化粧品の刺激、ストレスなどが主な原因。
  • 顔のかゆみ対策は、洗顔後、保湿効果の高い薬用ローションで肌を整えるのがポイント。
  • 皮脂腺の多い背中はニキビのできやすい部位。油っこい食べ物を避け、ビタミン摂取を心がけよう。
  • イチゴ鼻は放置するとニキビの原因に。毛穴パックより泡やクレイ洗顔がおすすめ。
  • 治りかけのかゆみは少しの我慢。入浴や洗顔時の温度にも気をつけて。
  • 乾燥はかゆみ悪化の原因。化粧水の後は乳液・クリームで乾燥対策を。

 

ニキビがかゆい時は気分的にも憂鬱になりますが、毎日コツコツと正しいケアを続ければニキビを悪化させずに綺麗にできます。ニキビは治すよりも作らないこと、そんな点も頭に入れて普段からニキビができにくい肌作りを意識することも大切ですね。

この記事も読まれています

  • 変わったニキビ対策方法!一晩でニキビをやっつけるアイテム

    ニキビ対策は市販の塗布薬やニキビ専用化粧品を使う方法、また食生活や生活習慣の改善をするなどあらゆる角度からアプローチできます。ニキビがあると鏡を見るたびにがっかり、ファンデーションで隠すのは肌の負担に …

  • ニキビケアの基礎講座・予防効果が高い普段のお手入れ方法

    ニキビケアは自己流で間違って続けてしまうと綺麗に治らないだけでなく、いつまでもニキビ肌が続きスキンケアがとても厄介になります。ニキビやニキビ跡がない美肌を目指すためには毎日のスキンケアが大切なカギを握 …

  • 乾燥肌のニキビケア・賢く扱うには肌質の基礎を知ること

    ニキビ肌は皮脂が多く分泌されやすいことは皆さんご存知だと思いますが、皮脂と肌のうるおいはそれぞれの特徴を理解したうえでスキンケアに生かすことが大切です。ニキビができるほど皮脂が分泌されていれば肌のうる …

  • 大人ニキビのスキンケア方法・9つのヒントですっきり美肌

    大人ニキビはいつまでも続く肌トラブルのひとつ、ニキビによいはずの化粧品を使っても繰り返しニキビができることがあります。大人ニキビは複雑な原因があるため、肌環境を正しく理解して化粧品を見つけないといけま …

  • ニキビがあっても自信を持つ方法

    ニキビは憂鬱な肌トラブルのひとつ、思春期だけで終わるはずが大人になっても残念ながら繰り返してしまいます。注意しているつもりなのにニキビは簡単にでき、とくに大切なイベントの前などできてほしくない時に限っ …