スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

ニキビがあっても自信を持つ方法

ニキビは憂鬱な肌トラブルのひとつ、思春期だけで終わるはずが大人になっても残念ながら繰り返してしまいます。注意しているつもりなのにニキビは簡単にでき、とくに大切なイベントの前などできてほしくない時に限って、目立つニキビができるなんてこともあるでしょう。

ニキビは肌トラブルとしての存在だけでなく、時には人生全体に影響を与えるほど深刻な精神的なトラブルにもなりかねません。ニキビ肌のせいで出かけるのは嫌になったり恋愛できないなど、コンプレックスになっている人もいるでしょう。ニキビは命に関わるような深刻な病気ではありませんが、心理的、感情的、社会的にもダメージを与えるものです。

モチベーションががっくり下がってしまうニキビ肌の問題、自信を持って生活する秘訣を見ていきたいと思います。

ニキビでうつ病になることも!

ニキビができたときの心境を思い出してください。怒り、不安、挫折感などネガティブな感情しか沸いてきません。ニキビができてよかったと幸せになる人はいないはず。ニキビは単なる肌トラブルだけでなくメンタル面に与えるダメージが多く、特に若い人は気分的に落ち込む原因になってしまいます。次のようなニキビトラブルはうつ病を招くリスクもあるので注意しましょう。

長期間にわたるニキビトラブル

ニキビは数日間で目立たなくなるのならなんとか対処できますが、数週間、数か月と長引きいつしかニキビ肌がトレードマークのようになると自信喪失するでしょう。ニキビは肌を不潔に見せる原因、第一印象が悪くなり人に会うのが抵抗になります。

ニキビが悪化した状態

ニキビはメイクでカバーできる状態、赤く皮膚が腫れてしまうほど悪化した状態などもあります。目立たない程度のニキビならまだしも、すぐにわかるようなニキビ肌は周囲の視線が気になり不安な気分にさせるものです。

人に指摘されたとき

「ニキビ治したら?」「ニキビ化粧品使ってる?」など周囲からニキビ肌に関することを指摘されると人間不信になることもあるでしょう。そんな生活が続いてしまうとうつ病になりメンタル面が弱くなってしまいます。

人間関係に与えるニキビの影響について

ニキビは社会的にも影響を与える問題、正しくケアをしないとニキビ肌はずっと繰り返し毎日の生活が苦痛に感じることもあります。ニキビが原因で次のような不安を感じたことはありませんか。

アイコンタクトがとれない

コミュニケーションをとる際に相手とアイコンタクトをとるのはとても大切です。しかしニキビ肌が気になるときは相手の視線の先を知るのが怖く、必然的に目をそらしてしまうでしょう。すると心を開いた関係が築けずいつまでもうわべだけの人付き合いになる可能性があります。

異性に近づけない

異性の目の前にでるとき、第一印象は綺麗にしておきたいと思うのは普通のことです。しかしニキビ肌が目立つと見た目が悪く距離を置かれそうで心配になることも。ニキビがあるからメイクができない、おしゃれが出来ないと自分の殻に閉じ困ったままになってしまいます。

社会活動から遠ざかる

記念撮影に参加しない、パーティにでかけるのが憂鬱、外出するのが怖いなど社会生活に不都合を感じることがあります。私たちは社会生活の中で外見に重点を置くことがあり、顔の形、目の大きさ、表情、肌などを細かくチェックしてしまいます。ニキビがあるだけで見た目でマイナスになり、うわべの魅力を判断する人はニキビ肌の原因よりも外側の魅力しか気にしていません。

このような人が存在する以上、ニキビのせいでやりたいことが制限される場合もあるのです。

ニキビケアをいつまでも待ってはいけない!

ニキビがあっても自信を持つためには、まずニキビケアをやるかやらないか迷っているよりも、いますぐに自分にあったニキビケアをスタートすることが大切です。ニキビがひどくセルフケアができない時は皮膚科を受診して症状に合わせた治療を受けることも大切でしょう。ニキビケアは自信を回復するための第一歩、まずは次のポイントを意識してニキビ対策をいますぐ考えてください。

ニキビケアをしないと肌はよくならない

思春期のニキビ肌のように、年齢的にニキビが多くできる時期があります。大人になれば治るだろうと考える人もいますが、放置するリスクは思春期だけでなく大人まで引きずるほど深刻な問題です。今正しいニキビケアを始めないと、肌がでこぼこになるクレーター肌やニキビ跡が茶褐色に残るシミのような跡に残ってしまうこともあるでしょう。

一生肌に残るニキビのダメージもありますのでニキビケアは待っても改善されることはなく、今すぐに開始しないといけません。

ニキビ肌が改善されるごとにポジティブになる

一日でニキビが完全に消えることは残念ながらありませんが、ニキビケアをスタートすると徐々に肌に変化が表れてきます。近年様々なニキビ化粧品があるため、自分の悩みに合わせて選びやすくなってきました。ニキビケアを始めると乾燥肌が改善されたりテカリが収まるなど、少しの変化でも不安を取り除くチャンスを与えてくれるのです。後退せず前進をすること、ニキビケアはプライドを取り戻すために欠かせません。

自分の評価を高めよう

ルックスの評価は周囲の人でなく、自分の価値観で決めてください。人の視線が気になる人は自分の幸せよりも周囲の評価を高めるために無駄な努力をするでしょう。自信を持ち幸福な生活を送るのはあくまでも自分、誰かに幸福度を判断されるものではありません。自分自信の評価を高めるには次のポイントを意識するとよいでしょう。

おしゃれで視線を集める

ニキビがあると人よりも劣っている気持ちになりませんか。そんなときに自信を回復するには肌で勝負せずおしゃれで周囲から視線を集めてください。清潔感があふれるファッションや品のある身のこなしなども肌のトラブルをカバーするメリットになります。

感謝の言葉を忘れない

自信を回復するためには、自分の置かれた環境に感謝していつも前向きな気持ちで生活することが大事です。些細なことでも心から「ありがとう」と言える習慣を作りましょう。感謝できない生活はいつも文句や愚痴こぼしばかり、するとニキビ肌がさらに暗い表情に変わってしまいます。

自分が満足することが大切

見た目を評価するのはあくまでも自分自身です。満足できる自分でいるためには、周囲の視線を気にせず個性を大切にしてニキビ肌を逆にアピールするような勇気を持つことも忘れてはいけません。

ニキビがあるから暗い顔になり行動範囲も狭くなっているのです。ニキビ肌を受け入れ、そんなトラブルをバネにして生活してみませんか。

肌以外で自信をつけよう

ニキビのせいでうまくいかない、幸せでないと感じるのは、全体的なイメージを自分で作り出し、ニキビを悪いと思うからこそ表面にもそんな気持ちが表れてしまいます。肌に自信がないならほかの面で人に差を付けることをはじめてみませんか。ニキビ肌を忘れるほど夢中になるなにかを探してみましょう。

趣味をはじめる

ニキビのせいで気持ちが停滞している時は、ポジティブな気持ちになることをはじめてください。趣味の時間はストレス発散にもなりますのでニキビ肌の働きを安定させるためにもメリットになるでしょう。趣味の世界を制覇して資格取得するのも素敵なアイデアです。

SNSで友達を増やす

人間関係に不安を感じる時は顔を合わせずに人間関係を拡大できるSNSが便利。ニキビで悩んでいるのは自分だけでないことが世界中を通してわかります。同じ悩みで苦しんでいる人達と知り会ったり、新たな友達を増やして気分転換しましょう。

苦手を克服しよう

ニキビによる精神的なダメージはすべて考え方次第、もっと自信をつけるためにはゴール達成を繰り返し「やればできる」と勇気を持ってください。嫌いな食べ物を好きになる、苦手な人と仲良くなるなど、高いハードルを乗り越えるごとに肌以外でも自信がつき、魅力が全開されるでしょう。

健康的なライフスタイルをはじめよう

ニキビがあっても自信をつけるためには、しっかりニキビ予防をして絶対にこれからはニキビを作らないと自分に宣言することが大切です。そんなモチベーションをアップするためには健康的なライフスタイルを習慣にして肌によいことを毎日始めましょう。

食生活

ニキビができるのは栄養バランスが悪いサイン、ビタミン、たんぱく質、ミネラル、水分補給など美肌生活を意識してください。また脂質や糖質、乳製品の食べ過ぎに注意して食事時間を楽しみながら過ごしましょう。

運動

定期的な運動は発汗作用を高め、血液の循環を促進します。ニキビ改善によい栄養が全身にいきわたり効率的な栄養補給やデトックスが可能です。わずかな時間でも歩いたりストレッチをするなど、エクササイズがニキビ対策になることを意識して継続してください。

肥満が気になる人は同時にダイエット効果もありますので自信回復にもメリットになります。

休息

肌は筋肉の疲労と同じように外部の刺激にさらされ、十分な休息が必要です。健康的な肌を維持するためには、アクティブな時間とメリハリをつけしっかり睡眠や肌の負担を減らす休息をとりましょう。休みの日はメイクをしないなど、肌を休ませることでニキビ肌が少しずつ肌力を回復していきます。

まとめ

  • ニキビはメンタルに与える影響大!中にはうつ病になるケースも。
  • 自分に自信が持てないと、自分の殻に閉じこもる傾向が強くなる。
  • プライドを取り戻すために、今すぐニキビケアを始めよう。
  • ニキビだけを気にし過ぎず、おしゃれに気を配ったり、感謝する気持ちを持つことも大切。
  • 趣味を始めたり、苦手を克服する前向きな取り組みも重要なポイント。
  • ニキビ解消には健康的なライフスタイルを送ることが効果的。

 

ニキビという肌表面の問題が、心の奥にまでダメージを与えるのは皆さんもきっと理解できることでしょう。ニキビがあっても人間性や価値観、性格は、自分で変えない限り変わりません。正しいニキビケアや思考パターンをプラスにするなど、肌トラブルで心が乱れない精神力の強さを持つことも大切ですね、

この記事も読まれています