スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

美白に効果的な食べ物6選!体のなかからも忘れずに美白ケア

美白ケアは化粧品で肌にアプローチしたり生活習慣から肌の働きを整えるなどあらゆる方法がありますが、すべての基本となるのが肌に与える食べ物の栄養です。元気に体を機能させるためには栄養価の高い食生活が必要なように、肌の機能性をアップするためにも食べ物がとても大切な存在になっています。

シミやそばかす、肌のくすみなどはスキンケアだけでは思うように効果が出ないこともあるでしょう。シミの悩みを抱えている方、これからは食生活にプラスしたい美白効果のある食べ物を忘れてはいけません。ではシミを消すときにオススメなとてもパワフルな6つのアイテムを見ていきましょう。

ベリー系の食べ物でシミの原因を体内からスッキリ排除

人気のスムージー、次回オーダーするときはベリー系のフルーツがたっぷり入ったものがシミ改善にオススメです。ブルーベリー、イチゴ、ラスベリーなどのベリー類はビタミンC、ビタミンK、タンニン、葉酸が多く含まれ美肌効果がとても良いことが特徴。またエラグ酸が多く含まれメラニン生成を抑制する働きも魅力です。

ベリー類はコラーゲンを生成する働きをサポートするため、ターンオーバーを活性化してシミ改善に働きかけます。また免疫機能アップ、抗炎症作用もありますので紫外線を浴びやすい方にもよいでしょう。ではシミに効くベリーの食べ方についてみていきたいと思います。

ベリー入りのヨーグルト

新鮮なベリー類を購入するのはちょっと大変。しかし冷凍されたベリーなら年間を通して食べられるのでシミケアをコツコツ続けるにはとてもオススメです。食べ方はそのままでももちろんOKですが、さらに美肌効果をアップするには発酵食品のヨーグルトと合わせて食べることがベスト。ヨーグルトは胃腸の働きを活性化しデトックス効果もありますのでシミ原因を体内からスッキリ排除してくれます。

ドライベリーをスナックにする

果物は乾燥させたほうが栄養価が高くなるといわれ、ダイエットや健康食としても近年とても注目されています。ドライフルーツにはベリー系も多く販売されているので、間食のときに食べるなど、常に携帯しておくのもアイデアのひとつでしょう。

トマトのリコピンで肌を強化しよう

トマトの赤い成分を配合した化粧品が人気があるように、トマトは美容効果が高くしかもダイエットや健康にもメリットが多い食べ物のひとつです。シミを消す食べ物だったなんて知らない人も多いかもしれませんが、トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高く肌力をアップする働きがあります。

紫外線によるダメージ、肌の糖化などあらゆることが原因になりシミが発生しますが、ダメージに負けない肌ならばシミ原因のメラニンを上手に排出できるようになります。

 

リコピンが多いトマトにはビタミンCや食物繊維も豊富ですし、調理せずそのまま食べられるので毎日の食生活にプラスしやすい点も魅力。リコピンを含む食べ物はほかにもミニトマト、ピンクグレープフルーツ、ニンジン、柿などがあります。大人に必要な1日の摂取量は15㎎、トマトならLサイズで2個、ミニトマトなら15個前後を目安にしてみましょう。

ほかにも次のようなトマトの食べ方がありますので参考にしてください。

トマトジュースを飲む

生のトマトは季節によって値段が高騰しますので、年間を通して続けるにはトマトジュースを飲むこともよいでしょう。ただし塩分が高い商品もありますので必ず配合成分をチェックして自然に近い状態で飲んでください。

トマトスープでビタミンやミネラルをたっぷり補給する

トマトを毎日かじるのはいつか飽きる原因にもなるでしょう。リコピンを豊富に摂取するにはトマトを使ったスープで、ニンジンなどリコピンを含む野菜と合わせてしっかり補給することも方法です。

ナッツ類がもたらす驚きのシミ改善効果

肌が乾燥するとバリア機能が低下しさらに紫外線など外部の刺激に肌がさらされている状態。これではいくら美白ケアをしても効率的ではありません。アーモンドやくるみなどのナッツ類には、肌の炎症を抑える働きやダメージから回復する再生力をアップする作用があります。乾燥肌や敏感肌はとくに色素沈着しやすいため、肌力を回復するためにシミを消す食べ物が欠かせないでしょう。

シミができるのは体の細胞が酸化や糖化しているサイン。この原因は体内で大量に発生する活性酸素のためでこの働きを抑制するのがナッツ類に含まれるビタミンEなのです。糖化は体内にある余分なたんぱく質と糖が結びついてできるAGEという物質が原因で、ナッツ類を食べるとこの老化物質が減少する働きがあることがわかっています。

アーモンドを毎日数粒食べていると血管年齢が若くなり健康にもメリット。ナッツ類でシミ対策をするときには次のポイントを意識しておきましょう。

ピーナッツよりもアーモンドがオススメ

ナッツ類といえば手軽に食べられるピーナッツがまず思いつきますが、ピーナッツは地中の植物で正式にはナッツ類には含まれていません。栄養価を見るとナッツ類と同様に高く抗酸化作用も期待できますが、アーモンドのようにシミ対策として食べるにはポリフェノールが多く含まれている皮も一緒に食べることをオススメします。

食べ過ぎないように注意

ナッツ類は栄養価が高い反面、脂質が多いので食べ過ぎるとカロリーの過剰摂取になることも。一日の目安は25粒程度、アーモンドなら20粒を限度にするとよいでしょう。

オメガ3を摂取してターンオーバーを活性化する

オメガ3は魚やくるみなどに含まれる脂肪酸です。油は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つがあり、オメガ3は不飽和脂肪酸のグループに属します。不飽和脂肪酸は植物油の主成分で液体であることが特徴。魚に含まれるDHAなどを代表に、αリノレン酸などもあります。オメガ3は腸内の悪玉菌を減らして働きを整える働き、便秘解消、美容効果などがあり、腸内を整えるため免疫力が高まる効果がシミ改善にもよいといわれる理由です。

肌にはバリア機能があるため紫外線などの刺激からブロックされていますが、加齢や肌質によってバリア機能が低下するとシミ原因も増えてしまうのです。花粉症やアトピー性皮膚炎なども軽減するといわれているオメガ3、腎臓の働きをサポートして肌のターンオーバーも活発にしてくれます。

オメガ3を摂取するには次のポイントを意識してみましょう。

熱に弱いので加熱に注意

オメガ3は熱に弱い特徴がありますので、加熱調理すると摂取量が減る恐れがあります。魚からオメガ3を摂取するときは生食で刺身やカルパッチョなどがシミ対策に効果的です。

サプリメントを活用しよう

オメガ3は色々な食材に含まれていますが、毎日安定量を摂取するのは難しいでしょう。そんなときにはサプリメントを活用して1日の目安摂取量をクリアすることも方法です。

美肌に欠かせない野菜類で肌の土台を作ろう

紫外線は年間を通して肌に負担を与えるもの、5月頃から徐々に紫外線量が増え真夏のギラギラした太陽はシミ予防に大変な季節になるでしょう。こんなときにプラスしたいシミを消す食べ物が野菜類です。次の種類を意識して食生活にプラスするとシミの予防と改善にメリットをもたらしてれくれるでしょう。

ニンジン

嫌いな人も多いニンジン、ビタミンAを多く含む野菜で皮膚を丈夫にする作用があります。乾燥肌を改善する働きもあり肌の状態を安定させメラニンの働きを抑制する作用も期待できます。ニンジンが苦手な人は大根の葉、小松菜などを代用して栄養摂取しましょう。

赤いピーマン

ピーマンは緑や赤、黄色などカラフルな種類があり、シミを消す食べ物としては赤のピーマンがオススメ。ビタミンCを多く含む赤いピーマンはメラニンの生成を抑えさらにターンオーバーを活発にするので色素沈着した古い角質層をはがしてくれます。オレンジや菜の花にもピーマンと同様のビタミンが含まれていますので様々な食材を組み合わせてください。

カボチャ

ビタミンEを多く含むカボチャ、煮物にしたりデザートにするなどアレンジ方法が色々あります。カボチャは肌のターンオーバーを活性化する抗酸化作用が高く抹消神経を広げて血液の流れをサポートする作用もあります。また紫外線のダメージに対する抵抗力を強化する作用も期待できます。

マグロでシミを作らない予防策を実践しよう

お刺身といえばマグロ、美味しいだけでなくマグロには美容面に与えるメリットも色々ある万能な食べ物なのです。マグロにはビタミンB6、ビタミンEが豊富に含まれ抗酸化作用が高い食べ物。細胞膜を活性酸素から守るので肌の糖化や老化を予防する働きがあります。アンチエイジングにも効果を発揮するのでシミを消す食べ物としても積極的にプラスしたいアイテムです。

またマグロには粘膜や皮膚によいピリドキシンという成分が含まれ、肌のターンオーバーを活性化してくれることも美容によい理由といえるでしょう。DHAやEPAを含むマグロは血液をサラサラにするので肌にもしっかり栄養が行き届きやすくなり、食生活からもシミにアプローチしやすくなります。ではシミ対策にはマグロをどうやって食べるか、次のようなアイデアで工夫してみましょう。

美味しい食べ方

マグロは刺身で食べるのが一番、そんな方はとても多いと思いますがカルパッチョやステーキなどにしても美味しく食べられます。また美容効果にもよい大根と一緒の煮つけ、マグロのカマを使い塩コショウで焼いたものなど、生食以外でも色々な調理方法で楽しんでみましょう。

マグロの保存方法

マグロはスーパーでパック入りになっているものは一度冷凍保存されていますので、購入後はできるだけ早く食べることがコツ。余ってしまったらしょうゆ漬けにするなど、冷凍の状態で購入したマグロも10日以内には食べるようにしてください。

まとめ

  • ブルーベリー、イチゴ、ラズベリーなどベリー系はメラニン抑制・ターンオーバー改善に効果を発揮。
  • トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高く肌力アップ効果も。
  • ナッツに含まれるビタミンEは肌のダメージ回復や糖化予防にメリット。
  • オメガ3はターンオーバー活性化に効果的。安定的に摂取するにはサプリがおすすめ。
  • ニンジン・赤ピーマン・カボチャなどビタミン豊富な野菜類は美肌の土台作りに欠かせない食べ物。
  • マグロは肌の糖化・老化防止効果や血液サラサラ効果が期待できる。

 

シミを消す食べ物はひとつだけではありませんので、色々な食材をバランスよく栄養価に注意しながら食べるとよいでしょう。体のなかからもしっかりアプローチすれば、諦めていたシミだらけの年齢肌も徐々に働きを取り戻すかもしれませんね。

この記事も読まれています

  • 紫外線対策のプロになろう!日焼け止めの7つのコツ

    毎朝使う歯磨き粉は使う量や使い方で効果が発揮できないことがありますが、紫外線対策も歯磨き粉と同様に日焼け止めの使い方で予防効果が大きく変わってしまいます。歯磨き粉の間違った使用方法のために虫歯や歯茎の …

  • シミを消す効果がある6つのアイテムを使う美肌方法

    年齢を重ねると数が増え色もどんどん濃くなるシミ。消すには美白化粧品でスキンケアをすることが一般的な方法ですが、肌に合わない場合やもっと化粧品の効果を実感したいと感じることもあるでしょう。シミは何年もか …

  • 美白のスキンケア方法・自然と肌を白くするオススメの5つの技

    肌のくすみ、しみなどは過度な紫外線、汚れた空気、乾燥肌、ストレス、栄養バランスの悪い食生活などあらゆることが要因になります。また肌に合わない刺激の強い化粧品の長期的な使用もシミやくすみを招くことがあり …

  • シミを消したい時はどうする?効果が実感できる様々な手段

    シミを消したいと思っても一晩で完全に消える方法はありません。シミやそばかすは肌の色を不均等に見せるだけでなく年齢を感じさせるトラブルのひとつ。長年シミを消したいと考えている方は美白化粧品を使って色々と …

  • シミができやすい人に共通すること・あなたは大丈夫?

    シミができやすい人とできにくい人にはどんな違いがあるかご存知ですか。シミは女性ホルモンの影響で男性よりも女性のほうが圧倒的に多くできるといわれていますが、年齢を重ねるごとにシミの数が増えコンシーラーで …