スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

乾燥肌のニキビケア・賢く扱うには肌質の基礎を知ること

ニキビ肌は皮脂が多く分泌されやすいことは皆さんご存知だと思いますが、皮脂と肌のうるおいはそれぞれの特徴を理解したうえでスキンケアに生かすことが大切です。ニキビができるほど皮脂が分泌されていれば肌のうるおいは大丈夫、ということではありません。

過度の皮脂生成があっても肌が乾燥して困っている人も多く、そのためにニキビ対策が思うように進まないことも。間違ったスキンケア習慣のために本来治るはずのニキビ肌が逆に悪化する場合もあるでしょう。

お手入れに困ってしまう乾燥肌のニキビケア、これからどのような対処をすべきか詳しくご説明したいと思います。皮膚から水分が逃げる仕組み、そして皮脂が増えてニキビが発生するメカニズム、この一連の流れを理解して効果的な乾燥肌のニキビケアをスタートしましょう。

乾燥肌がニキビを引き起こすメカニズム

脂性肌、混合肌、敏感肌など肌タイプは皆さん違いますので、化粧品の種類も違って当たり前。乾燥肌はお手入れが面倒なだけでなくあらゆるトラブルを招く肌環境があるので、普段から肌の働きにあわせたケアをしないといけません。

そもそも皮膚の一番上はバリア機能と呼ばれるフィルムのような薄い膜があり、外部の刺激から皮膚を守る働きをしています。バリア機能を強化するほど肌が健康で、特に乾燥肌は水分を保持できるため症状の改善効果があります。

肌の角質層はレンガのようなパーツがいくつも重なり、うるおい成分はそのレンガを密着させる接着剤のような働きをします。レンガ同士がしっかりくっついていれば水分が漏れてしまうこともなく、壁の外から敵が侵入することもないのです。肌の上に存在する皮脂は天然の壁のようなもの。角質層から逃げる水分を覆い乾燥しないように守っています。

しかし接着剤が十分でないとレンガが崩れ防護するものがなくなってしまいます。このような肌を働きを理解して乾燥肌がニキビ招く次のポイントを覚えておきましょう。

乾燥した皮膚がニキビを招く理由

肌が乾燥していれば皮脂が少ないのでニキビができるわけないと思うかもしれません。乾燥肌はバリア機能が弱くレンガの接着剤となるうるおい成分が不足した状態。すると肌には本来から備わっている天然オイルである皮脂を作りだす機能がありますので、過剰な皮脂分泌が起こってしまうのです。乾燥を防ごうとする皮膚にはアクネ菌が増えて炎症を招く結果になることもあります。

乾燥肌の皮脂が増える原因

肌本来のうるおい機能だけでなく、乾燥肌はバリア機能が弱いため外部の細菌にダメージを受けて肌が弱くなっています。その状態に化学物質を多く使用したスキンケア商品を使うと、皮膚の炎症がさらに悪化してアクネ菌が発生しやすくなるのです。

ニキビができやすい乾燥肌になる原因について

乾燥肌は生まれつき、そんな理由だけで納得してしまうと間違ったスキンケアをする要因になります。肌はあらゆることで働きが低下し、特に乾燥肌は誰にでもなる恐れがあるもの。年齢を重ねるとバリア機能は自然と低下していきますので、乾燥肌のリスクは生まれつきだけでは済まされなくなります。ではニキビができやすい乾燥肌になる主な原因をご説明したいと思います。

洗浄力が強い洗顔石鹸

洗顔石鹸は肌のホコリやメイクなどの汚れをとるもの。同時に皮脂も洗い流してしまうので角質層内のうるおい成分が減ってしまう原因です。乾燥肌のニキビ対策で見直すのはまず洗顔方法からといわれるほど、使用する洗顔料の質は慎重に選ぶ必要があります。

刺激の強いニキビ化粧品

ニキビ化粧品は殺菌効果、抗炎症など症状を軽減するための強い成分を配合しているものが多く存在します。ニキビだけを意識して使うこれらの専用コスメは場合によって乾燥をさらに悪化させることもありますので注意が必要です。

熱いお湯で洗顔する

シャワーを浴びる時、または洗顔時に熱いお湯を使うと皮脂が余分に取れてしまうので肌が乾燥してしまいます。温度はぬるいと感じる程度がオススメ、シャワーを浴びるときも顔に直接お湯を当てないよう注意してください。

肌の栄養不足

ニキビは甘いお菓子や油っぽいものばかり食べるとできやすくなります。糖質や脂質が多い食べ物が体内に入るとインスリンが多く分泌されて同時に皮脂腺が活発になるのです。またビタミン類が不足するとコラーゲンやヒアルロン酸などのうるおい成分の生成が低下して、角質層内から乾燥するインナードライ肌になることもあるでしょう。

乾燥ニキビ肌によい保湿方法

乾燥肌のニキビ対策はニキビ治療だけをターゲットにせず肌環境を正常に戻す点も忘れてはいけません。まずできることは肌に与える刺激物を除去すること、刺激の強い成分が配合されたスキンケア商品を使わない、ごしごし肌をこするなど優しくお手入れする習慣からはじめてください。ではニキビ肌によい保湿化粧品は次のポイントを意識して使ってみましょう。

保湿の意味を理解しよう

乾燥肌を改善するために保湿ケアが必要といわれても、間違ったお手入れを続ける人は決して少なくありません。乾燥肌を改善するには水と油を使ったケアが必要で化粧水とクリーム、または化粧水と乳液といったコンビでスキンケアをすることがオススメです。油成分が多くなるとテクスチャーが重くなり、ローションタイプから硬めのクリームまで色々。好みの使用感で選ぶ点も意識してください。

クリーム系を選ぶ時の注意

乾燥ニキビ肌はしっかりバリア機能を整えて、長時間水分を維持できる肌環境を作ることがコツになります。肌がべたつくほどのクリームもあれば化粧水に近い乳液なども人気。しかし鉱物油のような肌に刺激がある油成分は毛穴を詰まらせる原因でさらにニキビができやすくなることもあります。

自分の肌に最適なクリームはすっと肌になじみべたつきを残さず角質層の奥から保湿できるものです。

添加物を避ける

保湿化粧品には人工香料や防腐剤など刺激成分が含まれていますので、炎症を起こしやすい乾燥肌には適していません。低刺激、無添加と書かれた化粧品がありますので、乾燥肌の場合はまずこのような種類から使うとよいでしょう。

乾燥肌でニキビ対策をするときに避けるべき成分

化粧品はそれぞれの肌の働きに合わせて成分が調整されていますので、ニキビ肌とニキビがない肌では使う化粧品は違います。敏感肌だと刺激の強いタイプはまず避けるべきですが、成分で判断することも可能です。敏感肌でニキビ対策をする場合、次の成分はできるだけ避けてスキンケアをしてください。

エタノール

抗菌作用があるエタノール、ニキビ肌には一見メリットがありそうですがエタノールは美白化粧水などでよく使用される成分で肌に刺激が強い特徴があります。成分表示を見た時、最初に書かれているものは配合量が多い傾向がありますのでエタノールがアピールされているものは乾燥肌はなるべく避けてください。

防腐剤について

化粧品に含まれる防腐剤は腐敗を避けるために使用していますので、化粧品の効果を維持するためにも必要性が高い成分だと思う人は多いでしょう。しかしパラベンのようなアレルギーを招く防腐剤はニキビや乾燥を招く刺激の強いもの。パラベンにはいくつか異なる種類がありますので、刺激が最も強いブチルパラベンはまず避けてください。ヒリヒリ度をチェックするならパッチテストで実際に使用することをオススメします。

美白成分

ニキビ跡の色素沈着を消したいときに有効な美白成分。乾燥肌にはとても刺激が強く、特にハイドロキノンはシミを薄く効果があるものの乾燥肌をさらに悪化させて皮脂が増える原因です。ビタミンC誘導体も美容効果が高く人気がありますが、ニキビが炎症を起こしている時は刺激が強く感じる場合もあるのでご注意ください。

大人ニキビはホルモンバランスに注意

大人ニキビはスキンケアだけでなく肌の働きを整えるために大切なホルモンバランスも注意してください。とくにニキビができやすくなる生理前、女性ホルモンの働きが過敏になり皮脂腺が活発に活動しています。このようなホルモンの働きは体の自然な流れなので止めることはできませんが、少しでもバランスを整えるためには、次の点を注意してお肌のお手入れに役立ててください。

睡眠時間をたっぷりとる

睡眠不足になると自律神経のバランスが悪くなり交感神経が優位になります。生理前のイライラや不安などはホルモンが不安定になっているため。睡眠不足も同様に同じ要因になりますのでニキビができやすい時期こそ睡眠時間を大切にしてください。

薬で整える

女性は更年期障害を迎えるとホルモン分泌量が激減して肌にも様々な症状が現れてきます。年齢だけでなくストレスなどもホルモンを不安定にする原因なので、場合によって薬を使った治療が必要になることも。漢方薬ならゆっくり効き目が表れ血行の改善、ストレス改善など体の根本的な点に働きかけてくれます。ニキビができにくい肌環境作りにメリットになるでしょう。

また乾燥肌でニキビがひどい場合は、皮膚科で処方される塗布薬や内服薬も効果がありますので不安な場合は医師に相談してください。

ストレスをなくす

ホルモン異常になるのはストレスが原因になることもありますので、いつも悩み事を抱えている人は気分転換に運動や旅行など好きな時間を過ごして肌にもよい生活を意識してください。

まとめ

  • うるおい成分が不足している乾燥肌はバリア機能が弱く、過剰な皮脂分泌によりニキビができやすい。
  • 乾燥肌は生まれつきや加齢だけでなく、肌への刺激や栄養不足も原因となる。
  • 乾燥肌の改善には水と油を使ったケアが必要。化粧水+クリーム・乳液のコンビが◎
  • 乾燥肌のニキビ対策はエタノール、防腐剤をなるべく避け、美白成分に注意することが大切。
  • ニキビ対策はホルモンバランスを整えることも重要なポイント。ストレスをためないよう心がけよう。

 

ニキビは脂性肌、乾燥肌、普通肌などタイプに関係になくできる肌トラブル。とくに乾燥肌は老化も進みやすいデメリットがありますので、使用する化粧品や季節の変わり目なども意識して、その時の肌の状態に一番安全に行えるニキビ対策をするとよいでしょう。

この記事も読まれています

  • ニキビがあっても自信を持つ方法

    ニキビは憂鬱な肌トラブルのひとつ、思春期だけで終わるはずが大人になっても残念ながら繰り返してしまいます。注意しているつもりなのにニキビは簡単にでき、とくに大切なイベントの前などできてほしくない時に限っ …

  • ニキビがかゆいのはなぜ?原因と改善策の徹底ガイド

    ニキビは種類が色々ありますがそれに伴い症状も違い、赤く腫れたり痛みがある時など様々です。そんな不快なニキビの症状のなかでも「かゆみ」はとても困るもののひとつ。メイクをしても洗顔しても残るニキビのかゆみ …

  • 大人ニキビのスキンケア方法・9つのヒントですっきり美肌

    大人ニキビはいつまでも続く肌トラブルのひとつ、ニキビによいはずの化粧品を使っても繰り返しニキビができることがあります。大人ニキビは複雑な原因があるため、肌環境を正しく理解して化粧品を見つけないといけま …

  • ニキビケアの基礎講座・予防効果が高い普段のお手入れ方法

    ニキビケアは自己流で間違って続けてしまうと綺麗に治らないだけでなく、いつまでもニキビ肌が続きスキンケアがとても厄介になります。ニキビやニキビ跡がない美肌を目指すためには毎日のスキンケアが大切なカギを握 …

  • 変わったニキビ対策方法!一晩でニキビをやっつけるアイテム

    ニキビ対策は市販の塗布薬やニキビ専用化粧品を使う方法、また食生活や生活習慣の改善をするなどあらゆる角度からアプローチできます。ニキビがあると鏡を見るたびにがっかり、ファンデーションで隠すのは肌の負担に …