スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

肌の乾燥原因・知らないとこまる7つの意外な理由とは?

肌の乾燥原因は思いがけないことから始まるようなイメージがありますが、長い時間をかけて水分が不足することが最も大きな原因といわれています。肌から水分がなくなるのは1日で起こることではなく意外なことが原因になっている場合もあるのです。

肌の乾燥を防ぐためにクリームなどのスキンケア商品を使っても、原因を正していかない限り肌の乾燥は防げません。そんな状態をずっと放っておくと肌細胞の老化が進みやすくなり、見た目年齢にも影響が出てしまうでしょう。

肌のうるおい状態は個人差があり、さほど気にならない人も多いはず。しかしカサカサやヒリヒリなどの症状を実感するレベルはかなり乾燥が進んでいるサインなので、すぐに改善しないと大変です。意外と気が付かない肌の7つの乾燥原因について詳しくご紹介しましょう。

肌の乾燥原因になりやすい人工香料

化粧品に含まれる香料は色々な種類があり、スキンケアをより快適にするための効果があります。ローズやフルーツの香りなどに包まれて寝る前のお手入れができると、快適な睡眠にもメリットになるでしょう。香料すべてが肌に悪いのではなく注意したいのは人工的に作られた香料、肌に刺激がありバリア機能を破壊して水分が逃げてしまう恐れがあります。

香りはスキンケアに必要不可欠なものではありませんが、どうしても香りが欲しい時はオーガニック系などの天然香料を選んでください。ローズエキス、ハーブエキスなどは肌に安全に使える自然の香り、肌の乾燥原因は意外なところに隠されていますので、肌がかさつきやすい人はボディケア商品でも香料を注意すると良いでしょう。肌の乾燥原因が気になる方は次の点を意識して香料を選んでください。

香料を選ぶとき注意したいポイント

  • はちみつ、ココナッツ、バニラなどの自然成分をベースにした肌に安全なものを選びましょう。
  • 香りと保湿が同時にできるオーガニックな成分がオススメです。
  • 無香料以外の化粧品を使う時は必ずパッチテストをして肌に刺激がないか確認してください。ほんのり香る程度の香料でも毎日肌に使っているうちに乾燥原因になってしまいます。無添加、無香料などとラベルに書かれたものを選ぶことが一番乾燥肌には安心です。

洗顔で皮脂の落としすぎは乾燥肌の始まり!

スキンケアの毎日の習慣になっている洗顔、洗顔料を手に取り無意識に毎朝顔を洗っていると思いますが、使っている洗顔料に含まれる成分はクレンジング剤以上に皮脂を奪ってしまう可能性があります。洗顔の目的は肌についた汚れや過剰な皮脂を取り除くこと。しかし洗浄力が強すぎるものは肌の自然の潤いもとってしまうので肌が乾燥する原因になるでしょう。

洗顔料を慎重に選ぶのは肌の潤いを守るために欠かせないこと。しっとり肌へ改善するためには次のポイントを意識して洗顔料を選んでください。

アルコールフリー

アルコール成分は皮脂を分解するため同時に肌の水分も多く奪ってしまいます。乾燥肌で刺激に弱い人はエタノールが使用されていない洗顔料を選んでください。

保湿成分入りの洗顔料にする

洗顔中に保湿成分を与えても意味があるの?と思う人もいるでしょう。しかし数分間でも肌に刺激を与えるか、保湿するかによって洗顔後の肌環境が変わってしまいます。乾燥肌は必ずセラミドやヒアルロン酸入りの洗顔料を使い、わずかな間でも肌を守ることを意識してください。

使用感が良いものを選ぶ

洗顔料はジェル、フォームタイプ、固形石鹸など様々なタイプがあり合成界面活性剤が使用されているものは肌の乾燥原因になります。フォームタイプは肌によくないという話も一部で言われていますが、あくまでも自分の肌にあう使用感を大切にして洗顔料を選んでください。

遺伝が肌の乾燥原因になるときの対処

肌の質が親に似てしまったという人がいますよね。乾燥肌は後天的なものと先天的な2種類があり遺伝により生まれつき肌が乾燥しやすいのは先天的な乾燥肌といわれています。小さい子供で肌がガサガサ、アトピー肌の子どもなどがいますよね。遺伝による乾燥肌は決して生まれてすぐに症状が現れるものでなく乾燥しやすい肌環境があるため、大人になってからなにかがきっかけで乾燥状態が起こる場合もあるのです。

スキンケアをしっかり続けているつもりでも肌がガサガサになるという場合は遺伝による先天的な乾燥肌かもしれません。後天的な乾燥肌は年齢、生活習慣、食生活などが原因になり誰にでも可能性があります。肌の乾燥原因を正しく理解して遺伝が関係している場合は次のポイントを意識して普段のスキンケアを行いましょう。

バリア機能を強化する

角質層内の潤い成分や水分を閉じ込めるバリア機能が弱いとスキンケアで補ってもすぐに乾燥してしまいます。バリア機能を強化するためにはコラーゲンやセラミドなどの保湿成分が配合されたスキンケア商品を使うこと。しっとり感が足りない時は重ね付け、または1日に何度も保湿して肌の潤いを維持しましょう。

ターンオーバーを活性化する

遺伝による肌の乾燥原因は、肌細胞の働きを活性化することが大切なのでターンオーバーを強化するためには、睡眠不足の改善、肌に良い食生活など生活面からもアプローチしてください。

硬水は美容成分の浸透をブロックする?

普段あまり気にしたことがない水の質、水道水には鉛、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルが含まれていますが、この濃度が高いものは硬水として知られています。ミネラル成分が多い水は皮膚を乾燥させる作用があり皮脂を硬化させてニキビなどができやすくなる場合もあります。

また硬水を使って洗顔するとスキンケアの保湿成分が皮膚に浸透しにくくなる可能性もあるため、水道水の水質のバランスが気になる方は一度チェックすると良いでしょう。水質の違いを見極める方法について早速見ていきたいと思います。

チェッカーを使う

硬水か軟水を調べるチェッカーが市販で手に入るので正確に知りたい場合はこのようなアイテムを使って検査してみましょう。

硬水の基準

水1000ml中に溶けているマグネシウムとカルシウムの量の違いにより100mg未満が軟水、それ以上が硬水という基準があります。これは日本の基準で各国基準値が違いますが、ヨーロッパに行くと水道水は硬水が多いといわれています。味の違いですが硬水はなんとなく重たい印象を受ける飲み心地があり、軟水はさらっとしている点が特徴。たとえば海外に行き硬水しかない場合は沸騰させるとミネラルが減りますので軟水に変えて使うことが可能です。

硬水も軟水もそれぞれメリットとデメリットがありますが、肌の乾燥原因を避けるためには水道水の汲み置きや沸騰して冷ました水を使うと安心です。

肌の乾燥原因は空気・エアコンやヒーターに注意

目で見えない空気、そのため肌の乾燥を招くという実感がわかない人も多いかもしれませんね。エアコンの強い風量やヒーターの温かい風は肌をゆっくり乾燥させる原因になっています。とくに空気が乾燥する冬、さらに温かい空気になると湿度レベルがグンと下がり肌が乾燥してかゆみを感じることもあるでしょう。

室内の空調のバランスを整えないと肌のかさつきがどんどん悪化してシワやたるみなどの老化症状につながる場合もあります。こんな生活環境が心配な場合は次のような工夫をして肌の乾燥を予防してください。

  • 携帯ミストで肌に潤いを与えてください。メイクをしていると基礎化粧品を塗りなおすのは手間になりますが、ミストなら簡単に全体に水分を補うことができます。メイク崩れも避けられ、1日に何度も外側から保湿できるので肌の乾燥原因が気になる人はミストタイプの化粧水をいつも持ち歩くと良いでしょう。
  • 空気の乾燥が気になる時は加湿器を上手に活用してください。とくに空気が乾く冬、ヒーターの熱によりさらに空気中の水分がなくなっていますので肌から蒸発する潤いの量もかなり増えてしまうでしょう。ヒーターの近くで熱風を顔にストレートに受けてしまう場合など、近くに加湿器を置いて湿度調整してください。寝るときは濡れたタオルを顔の近くに干しておくことも保湿効果にメリットがあります。

冷え性を改善して肌の乾燥原因を元から改善しよう

女性に多い冷え性、手足の先が冷たくなる症状があり夏でも冷えで悩む人が多くなっています。冷え性でなくてもエアコンのなかで長時間生活していれば自然と体の血液の循環は悪くなりあちこちに影響が表れるでしょう。冷え性の人は健康面だけでんく肌環境にも注意すべき理由がいくつかあります。なぜ冷え性が乾燥肌になるのか理由をご説明しましょう。

  • 体が冷えると血管が収縮して血液の流れが悪くなります。血液のなかには体に必要な栄養や酸素が含まれ全身に運ばれていきますので、血行が悪いということは栄養不足になりやすいのです。肌の栄養が不足すると新陳代謝が正しく行われず皮膚を守るバリア機能が低下していきます。すると角質層内の水分が逃げやすくなり肌が乾燥する原因になります。
  • 冷え性は皮膚表面温度が低い特徴がありますので、スキンケアの効果が発揮できないデメリットがあります。たとえばクリームなどの油脂を含んだアイテムは体温で溶かされて角質層内に浸透されていきますので、皮膚温度が低いと化粧品の馴染みが悪くなることも考えられるでしょう。
  • 冷え性の人のスキンケアは蒸しタオルで肌を温める、もしくは入浴後など温度が高くなった時がベストなタイミング。化粧水やローションなどは手の平に出して体温と同じぐらいの温度にしておきましょう。また普段から体を冷やさないように冷たい食べ物を控える、厚着するなど生活のなかでも心がけてください。

まとめ

  • 人工香料は肌のバリア機能を破壊するため乾燥の原因になりやすい。
  • 洗浄力の強い洗顔料は皮脂を奪ってしまう可能性が大きい。
  • 遺伝が原因の乾燥肌はバリア機能を強化するスキンケアが重要。
  • スキンケアの効果を高めるためには、硬水よりも軟水を使うのがおすすめ。
  • エアコンやヒーターによる乾燥に注意!携帯ミストや加湿器の使用が◎
  • 体が冷えるとスキンケアの効果が上がりにくい。冷え性改善を心がけよう。

 

肌の乾燥原因はそのまま放っておくと肌の健康にも悪影響になってしまいます。乾燥肌は部分的におこることもあり多くの人が抱える肌トラブルですよね。意外な原因を探り早速今日から肌に良い暮らしを始めましょう。

この記事も読まれています