スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

顎ニキビは体の健康状態を示すって本当ですか?

顎ニキビケアをしっかり続けてもいつまでも繰り返しています。健康状態と関係する要因で注意するべきことはありますか。

顎ニキビをはじめとするフェイスラインにできるニキビ、通称大人ニキビはスキンケア以外からも注意したいことは色々あります。顎ニキビの原因は決して一つではありませんので、食生活や生活習慣など考えられる改善点はすべて見直してみましょう。

とくに注意したいのが便秘と顎ニキビの関係。便秘しやすい人は肌トラブルも起こりやすく、とくに顎ニキビに関する様々な要因が隠されています。便秘改善によい食生活をスタートしながら顎ニキビができにくい肌環境を整えてはいかがでしょうか。

 

顎ニキビは便秘に注意!体の中からすっきりしてニキビを退治しよう

顎ニキビは赤く炎症を起こしたり、しこりみたいに残るので正しい処置をしないと悪化する恐れがあります。フェイスラインにできるニキビはストレスやホルモン分泌と関係している場合が多く、生理前になると繰り返し同じところにできるなんて場合もあるでしょう。顎ニキビは化膿しやすいため、無理に指で触らないことがまず最初、メイクでカバーしたいところですがファンデーションに含まれる添加物やオイルでさらに顎ニキビが悪化する可能性もあるのでご注意ください。

そこで考えるべきことが便秘と顎ニキビの関係について。顎ニキビを繰り返す人に共通するのが便秘をしやすい体質であること。ニキビ退治は便秘をしない体質にすることで一緒に悩み改善できる可能性があります。

顎ニキビとホルモンの関係

顎ニキビはホルモンバランスが関係していますので、生活習慣が不規則な人などはとくに注意しないといけません。また女性の場合、生理の周期によりホルモン分泌が変わりますので肌に影響を与えるのはどうしても避けられないこと。女性の体のなかで生理が始まり排卵までの間はエストロゲンという女性ホルモンが多く分泌され、排卵後から生理が始まるまではプロゲステロンというホルモンが多くなります。

プロゲステロンは皮脂腺の働きを活発にするため生理前になると皮脂が増える特徴があります。生理前に顎ニキビやフェイスラインのニキビができやすくなるのは、このプロゲステロンの増加によることが要因のひとつといわれているのです。

 

ホルモンバランスを崩すものとしては次の点を注意しておきましょう。

ストレス

ストレスがたまると自律神経の働きが不安定になり交感神経が優位になってしまいます。するとイライラしたり急に不安になるなどメンタル部分にも悪影響に。ストレス解消は普段からリラックスする時間を増やすことも美肌対策に大切です。

不規則な生活習慣

睡眠時間が一定でない、食事の時間がいつもばらつくなど、リズムが整っていない生活パターンはホルモンバランスを崩す要因になります。ストレスも同時に増え、男性ホルモンが増えてしまうので皮脂が増えてニキビができやすくなります。

便秘しやすいと顎ニキビができやすいのはなぜか?

顎ニキビはストレスやホルモンだけでなく、便秘も注意したい原因のひとつです。便秘は胃腸の働きが活発でないサイン。腸のぜんどう運動が低下すると便秘になり同時に血液やリンパの流れが悪くなります。すると肌のターンオーバーに悪い影響があり顎ニキビができやすくなってしまうのです。

リンパは体内の老廃物を運び排出する役目がありますので、便秘は肌に老廃物が溜まりやすい状況があります。とくにリンパの流れが目立つ顎などのフェイスラインは便秘の影響を受けやすい部位といえるでしょう。また胃腸機能が低下すると食べ物の栄養がしっかり消化分解されず、肌細胞に必要な栄養が行き届かなくなる可能性もあります。次の便秘原因を考え、今日から改善できることは早速スタートしましょう。

冷え性

女性に多い冷え性は血液とリンパの流れを悪くする要因になりますので、とくに冷えやすい体の先端部分、手足の冷えに注意して普段から冷たい食べ物などはなるべく控えてください。

顔の血行が悪い場合は蒸しタオルで温めからスキンケアすると効果を得やすくなります。

食生活

便秘は偏った食生活が大きな原因のひとつ、とくに不足しやすい野菜や果物は腸の働きを活性化するので意識して摂取しましょう。

美肌効果につながる便秘改善策について

便秘をすると体内に老廃物が溜まり肌細胞の働き自体が低下してしまいます。顎ニキビができやすい人は普段の生活を見直し、体の内側からニキビ対策をすることが大切です。すっきりしながらしかも美肌効果がある次の改善策をぜひトライしてください。

水分

水分補給は胃腸活動をスムーズにするために欠かせないもの、同時に肌の乾燥を予防して過剰な皮脂分泌を改善します。

食物繊維

キャベツ、ブロッコリー、キウイなど食物繊維は腸のぜんどう活動を活性化するため、普段の食生活で不足している人は野菜や果物、海藻、豆類などバランスよく摂取してください。

糖質と脂質を制限

糖質や脂質の過剰摂取は皮脂分泌を増やす原因になりますし、腸の働きが鈍くなる原因です。油っぽいものは消化分解で胃腸に負担がかかりますので揚げ物などの食べすぎは注意しましょう。

栄養補給

顎ニキビはビタミン類などの栄養補給がとても大切なので、食生活でバランスがとれない場合は美容サプリやニキビ予防のサプリを飲むことも方法です。

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトのような発酵食品には善玉菌が多く含まれていますので、便秘をしやすい体質には悪玉菌を殺す作用があります。悪玉菌が増えると肌細胞の働きが悪くなりターンオーバーも乱れてしまうことも。またはヨーグルトはデトックス効果があるので顎ニキビになる老廃物を排出するためにもオススメです。

腸の働きも老化するので顎ニキビ対策として便秘予防を忘れずにする

高齢になると腸の働きも衰えて便秘が増えるといわれています。ということは加齢とともに便秘による肌トラブルも増えてしまうため、腸の老化を食い止める工夫が必要です。腸の働き促進するためには次の3つの点を意識して普段の健康生活を維持しましょう。

リラックスすること

加齢とともに副交感神経の働きが低下するため、交感神経が優位になりやすくなります。ストレスを感じるとホルモンバランスにも影響があり顎ニキビができやすいことに。リラックスするためにはゆっくり入浴したり、趣味の時間を楽しむことも必要です。

食物繊維不足を解消

腸の働きを活発にするためには食生活で食物繊維を豊富に摂取しないといけません。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、どちらかだけに偏ってしまうことも便秘の原因。野菜だけでなくきのこ類、海藻類、大豆などバランスよく食物繊維の摂取を心がけてください。

朝食抜き

ダイエットのために朝食を抜いているという人も少なくないと思いますが、朝食は腸の目覚めに大切で腸の動きをよくするために少量でも良いので朝食を食べる習慣をつけてください。果物やヨーグルト、みそ汁など簡単に食べるものを用意しておくと便利です。

顎ニキビになる意外な原因について

顎ニキビはスキンケアや食生活などのだけでなく、意外なところからも要因を招いています。肌環境を乱す次の注意点に心あたりがある人は早速改善して顎ニキビケアを効率よくスタートしましょう。

マスク

花粉症の時期になると手放せないマスク、顎までカバーできるマスクは雑菌が付きやすいため、顎ニキビを招く恐れがあります。一度使用したマスクは必ず破棄しましょう。

タオル

洗顔後のタオルは同じものを何度も使用していませんか。ニキビは小さな肌の傷に菌が入り炎症を悪化させる場合があります。洗顔後に汚れたタオルで顔を拭くとそこから菌が増殖してしまう可能性もあるので注意しましょう。

肘をつく

手に顎をのせて肘をつく仕草、無意識でクセになっている人も多いと思いますが、手のひらの雑菌が顎についてニキビになる可能性があります。また指で顎を触ってしまう行為もニキビ原因になるので注意しましょう。

洗顔

洗顔のやりすぎは肌を乾燥させて皮脂が過剰に分泌されてしまいます。とくに生理前は肌のべたつきが気になり何度も洗顔することも。1日2回まで、どうしても洗顔したい時は洗顔料を使用せずにぬるま湯だけでさっと汚れを落としてください。フェイスラインは泡が残りやすいのですすぎの際もしっかり時間をかけてください。

顎ニキビができやすい肌によいケアとマッサージ

顎ニキビは体のなからアプローチすることはとても大事ですが、スキンケアは影響を与えやすいため顎ニキビ予防としていくつかの効果的な方法を覚えておきましょう。

保湿ケア

顎ニキビができやすい肌は皮脂バランスが悪く、部分的にオイリーな混合肌の可能性もあるでしょう。こんな肌の場合は保湿で肌環境を整え乾燥しやすい部分は乳液やクリームなどでさらに潤いを与えておきます。

顎ニキビは思春期のニキビとは違い皮脂だけが原因ではありません。ニキビ用の刺激が強いコスメよりも保湿効果が高い化粧品のほうが大人ニキビには優しく効果を発揮する場合もありますので、自分の肌に合わせて化粧品選びをしてください。

リンパマッサージをする

顎から耳の付け根に向かったフェイスラインはリンパの流れが活発なので、マッサージして老廃物の流れを促進してください。リンパの流れに合わせ顎から上に向かってマッサージ、顔は鼻を中心にして内側から外側に向かうようにしてマッサージ。この際は肌の摩擦を防ぐためにクリームなどを使ってマッサージしますが、オイル系は顎ニキビを悪化させる可能性もあるので油脂が少ないジェルやオールインワンゲルなどを使ってマッサージするとよいでしょう。

まとめ

  • 顎ニキビができやすい人は便秘しやすい体質であることが多い。
  • 顎ニキビはホルモンバランスが関係しており、生理周期によりできやすくなる。
  • 便秘になると血流やリンパの流れが悪くなるためターンオーバーに影響が出てニキビができやすくなる。
  • 便秘改善には水分・食物繊維を十分にとること、糖質・脂質を制限するなどバランスのよい食生活を心がけよう。
  • 加齢は肌トラブルと便秘が増える原因。美肌のためには腸の老化を食い止めることが大切。
  • マスクやタオル、間違った洗顔などもニキビの原因になる。
  • ニキビ予防は体の中からのアプローチに加え、スキンケアの方法を工夫することも重要なポイント。

 

顎ニキビができると消えるまでつい鏡でじっと見たくなりますよね。無理なケアはしないこと、便秘しがちな人は胃腸の働きを活発にして体のなかからニキビ原因を排除していきましょう。

この記事も読まれています