スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

ほうれい線が片側だけ目立つ!リフトアップテープの使い方

ほうれい線が片側だけ深くて目立つという悩みがありませんか。顔の左右は正確に比較すると同じようでも多少の違いがあります。左右の目の大きさが違うように肌の状態も若干異なります。それは生活習慣によるものや、クセによることなどあらゆる原因があり、肌の老化症状の表れ方も左右で異なることがありえるのです。

ほうれい線は顔の中心でとても目立ちますので、片側だけ深くなっているとさらに恥ずかしい悩みになるでしょう。そんな時にすぐに改善できるアイテムとして注目されているのが「リフトアップテープ」。ほうれい線をうまく改善するにはどのように使いこなすと良いのか、使い方の基本や効果についてご説明したいと思います。

ほうれい線が片側だけ目立つのはなぜ?

ほうれい線が片側だけ目立つのは決して年齢肌だけに起こることではありません。若い人にもできる片側だけのほうれい線、自分に当てはまる理由について考えてみましょう。

片側の歯をよく使ってしまう

良く噛む方の頬にはほうれい線ができやすくなります。この場合は年齢に関係なくほうれい線がはっきりできる可能性があり、口周辺の筋肉が片側だけ鍛えられてしまうことが原因です。片方だけで噛むとあごが噛む側にずれてしまい顔全体のバランスが崩れてしまうこともあるでしょう。

歯並びが原因

八重歯がある側、歯並びが悪い時は噛みやすい側を自然と頻繁に使ってしまいます。歯の治療で一時的に同じ側を使って噛んでいる間に習慣になってしまう場合もあるでしょう。結果的にこのような噛み方をしているとよく使う側にほうれい線が深くできてしまうのです。

寝る姿勢が原因

寝る姿勢によってほうれい線が片側だけ深くなる場合があります。寝る姿勢は自分でも無意識に変えてしまい、同じ側を下にして寝ている場合は顔が横向きになり、重力により一方方向にずっと負担がかかってしまいます。また枕などの寝具で同じ部分に圧力がかかることも頬周辺の皮膚に負担がかかるため、ほうれい線が均等にならない要因なのです。

下にして寝る側はほうれい線が片側に目立ってしまうため、できるだけ寝るときの姿勢も注意するとよいでしょう。

 

ほうれい線が消える?リフトアップテープの種類と効果

ほうれい線が片側だけ目立つ時、大切なイベントやお出かけの場合はどうにもならずに困ってしまいます。そんな場面にその場でほうれい線が改善できる機能的なアイテムとして注目なのがリフトアップテープ。テープを顔に貼り付けてほうれい線のたるみを引き伸ばす仕組みになっています。

リフトアップテープは肌に働きかけてほうれい線を改善するものではなく、物理的にその場だけ改善するアイテムです。主に分けると2タイプあるリフトアップテープ、それぞれの特徴と効果を見ていきましょう。

シワを直接伸ばすタイプ

色々なリフトアップテープがありますが、年齢肌のお手入れとして利用されるのがほうれい線に直接に貼り付けるしわ伸ばしタイプです。このテープは人に見られないように寝ている時に使うことが多く、ほうれい線を伸ばした状態で上からテープを貼りまっすぐになるようにクセをつけていくものです。テープにはコラーゲンなどの保湿成分が配合された商品もありますので寝ている間のスキンケアとしてもオススメです。口元やおでこなどシワが気になる部分に使用できます。

皮膚を引っ張るタイプ

ほうれい線を別の角度から引っ張りあげるテープ。このリフトアップテープはこめかみや耳の後ろなど見えないところに皮膚を引っ張るようにして貼り、ほうれい線が片側だけ目立つ時に調整することが可能です。リフトアップテープはネット通販やディスカウントショップなどでも販売されています。

リフトアップテープの貼り方のコツ

リフトアップテープは貼り方をうまく調整しないとほうれい線がそのまま残ってしまいます。直接上から貼るタイプはほうれい線やシワの場所にダイレクトに貼ればよいのですが、引っ張るタイプだと角度によってうまくいかない場合もあるでしょう。テープを使う際に基本となる部分はこめかみ・耳の後ろ・耳の前の3か所がポイント、顔のどの部分のたるみが気になるかによってテープを貼る部位を変えることがコツになります。

こめかみに貼る

コツこめかみにリフトアップテープを使うと目尻のしわやたるみ改善になります。貼る部分は髪の生え際から指1本分ぐらい開けた場所で、テープの端をおでこの上に向かうようにして引き上げながら反対側のテープを固定します。

ほうれい線を隠すなら耳の後ろ

自然にほうれい線の片側を調整するなら耳の後ろ側がオススメです。この部分はフェイスラインを引き締める効果もありますので、顔全体的にたるみが気になる人によいでしょう。口元の小じわも伸びますし、口角がアップして若さも取り戻せます。貼り方は耳後ろの顎の関節がくぼんだ部分にテープの端を合わせて耳の付けに沿って引き上げるようにして貼り付けてください。

耳の前に貼る

効果耳の前にテープを貼ると頬の毛穴が目立たなくなることや目の下のたるみ改善に効果があります。耳の前にテープを下から上に引き上げるようにして貼り、頬骨部分にハリを持たせるように意識してください。

メイクで自然になじませること

テープが見えてしまう恐れがあるリフトアップテープ、より自然になじませるためにはテープの上からメイクをしてカバーしておきましょう。テープの材質によってメイクができないものがありますので、お出かけするときはメイクOKのテープを使ってください。元の色は透明や肌色のテープが多くファンデーションでカバーしやすい色もありますので、全体的な肌のトーンに合わせてうまくカバーしましょう。

リフトアップテープはそれぞれの商品で異なる使い方がありますので、間違えないように必ず貼り方や用途を確認してください。いったんテープを貼ると前と後では顔の印象がかなり変わることもありますので、メイク方法も仕上がりに合わせてトーンを調整するなど工夫してください。

普段うまく書けなかったアイラインがはっきりしたり、頬の透明感がアップするなど、メイクにもメリットがあります。チークを入れる際は頬に視線が集中しやすいため、あまりはっきりさせないほうがテープをごまかすためにもよいでしょう。

リフトアップテープの注意点について

リフトアップテープはその場でほうれい線の片側だけを改善できますし、手軽に若作りできるので便利なアイテムです。しかしメリットだけでなくデメリットも理解して上手に活用しないと失敗することがあります。次のポイントを注意して上手に使いこなしてください。

長時間維持できない

ほうれい線は顔の中心で頬は動きが激しい部分。リフトアップテープでほうれい線を伸ばすように貼り付けても、会話や食事で皮膚とテープの間にわずかな隙間ができてしまいます。時間が経つほどテープの粘着力が弱くなりほうれい線が元の状態に戻ってしまうこともあります。

連続使用はかぶれの恐れもあり

顔は皮膚がとても敏感なエリアなのでテープの材質によっては肌荒れする場合もありますので、医療用テープでかぶれてしまう人は注意しましょう。毎日使用する、長時間貼り付けたままだと肌に負担がかかり、テープによっては刺激成分を含んだタイプもあるのでご注意ください。

ほうれい線が深くなる

テープで習慣的にほうれい線を伸ばしていると皮膚が伸びてしまい、逆にほうれい線が目立つ可能性があります。こめかみで固定して目尻を吊り上げている時など、この間は理想的な効果があるかもしれませんがテープをはがした時に前よりもたるみが気になるなんてこともあるので注意しましょう。

テープが見えてしまう

汗だくになる時期やメイクが崩れてしまった時に、テープがでこぼこになり見えてしまう場合があります。髪の毛でしっかり隠せる場所、また季節によっては貼る位置を十分に考えておかないといけません。

ほうれい線を改善するにはスキンケアが一番

ほうれい線が片側だけ目立つ悩みは、元から改善するのはとても時間がかかります。そんな時にあると便利なリフトアップテープ、一時的な改善策としては使うメリットはあるでしょう。しかし肌本来の働きを活性化する作用はなくアンチエイジングとして使えるものでもありません。ほうれい線をしっかり改善するためにはスキンケアで保湿やアンチエイジングを積極的に行うことが重要なのです。

肌のハリ不足はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の不足によるもの。化粧品で美容成分を補うと同時に紫外線対策をしてハリ成分の生成を活発にしましょう。

添加物のない化粧品を使う

香料や保存料、合成ポリマーなどは肌のバリア機能を破壊する恐れがあります。ほうれい線対策は外部の刺激から肌を守り潤いを維持することが大切なので、化粧品の添加物使用は慎重に判断してください。

マッサージで肌にハリを与える

年齢肌は美容成分を補うだけでなく老廃物の流れや血液の流れを活性化するためにマッサージも効果的です。週に2回程度のマッサージは肌のトーンを明るくし、ハリとツヤアップにもメリットがあります。ほうれい線が気になる頬周辺、また小じわが目立つ目尻周辺などを意識して優しくマッサージしましょう。

肌の疲労回復をしよう

リフトアップテープがなくても肌の自然な弾力が回復すればほうれい線を目立たなくすることが可能です。そのためには疲れやすい年齢肌を元気にするため、入浴や睡眠時間をうまく活用してリラックスしてください。

まとめ

  • ほうれい線が片側だけ目立つのには、歯並びや寝る姿勢などさまざまな原因がある。
  • 物理的にほうれい線を改善するリフトアップテープは、シワを直接伸ばすタイプと皮膚を引っ張るタイプの2種類がある。
  • 自然にほうれい線の片側を調整するなら、耳の後ろに貼るのがおすすめ。
  • メイクOKのリフトアップテープなら、メイクでカバーしながら使うことができる。
  • リフトアップテープは一時的な改善にとどまり、長時間・連続の使用は難しい。
  • ほうれい線の改善には、スキンケアで肌のハリを回復するのが一番。

 

ほうれい線が片側だけ深いなんてとても面倒な肌トラブルですよね。リフトアップテープを使い大切な場面ではストレスフリーになることもできますし、毎日のスキンケアでコツコツと働きかけることも大事なケアですね。

この記事も読まれています