スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

化粧品は日本と海外のどちらがいい?違いは何処にあるの

ネットで見つけた海外ブランドの化粧品があるのですが、失敗しそうで購入しようか迷っています。日本と海外の化粧品の違いってなんですか。

どんな商品でも日本製なら信頼できるイメージがあり、とくに化粧品は日本製のほうが安全なのは確かです。配合成分の基準が日本と海外では違うこと、肌質が違う人に向けて作られたものなので刺激が強いこともよくあります。

しかし海外の化粧品すべてが悪いのではなく目的に合わせて上手に選ぶことが大切。アンチエイジングのクリームやニキビ化粧品など海外に優れたアイテなどもあります。購入する際は口コミを確認し注意点やリスクを理解して判断してください。

 

化粧品は日本と海外どちらがいい?メリットとデメリットの比較

近年ネットで世界中のものが簡単に購入できる時代、化粧品もそんなアイテムの一つで海外の人気ブランドが気になったことは皆さん一度はあるでしょう。化粧品は日本と海外どちらがいいか、正しく理解せずになんとなく使ってみたいというだけで選ぶのは大変危険です。

そこで知っておきたいのが日本と海外の化粧品の違いについて。どちらにもメリットとデメリットはありますが、肌につけるものなので安心して毎日スキンケアができるアイテムを選ぶことが一番の基本です。日本にはない魅力的な海外の化粧品、使う前に正しく情報収集して後で後悔しないように判断しましょう。

化粧品の安全性日本と海外どちらがいい?

化粧品は日本と海外どちらがいいか判断するときにまず意識したいのが安全性です。そもそも化粧品は肌を快適に整えて美しくするためのものですから、肌に刺激があったりさらに肌トラブルが悪化するようでは使う意味がありません。若い人から高齢者まで使う化粧品は生活のあらゆる場面で使われています。肌荒れやニキビなどのトラブルを起こさないためにも、日本か海外かを判断する際にまずは安全に使う点を意識しましょう。

管理されている日本製化粧品

日本で販売されている化粧品は「化粧品基準」に基づき管理されていますので、安全性や品質は確認済みです。海外の化粧品の場合、日本と基準が異なりますので100%肌に安全が確認されていないものが多く存在します。

成分表示について

化粧品は日本か海外どちらがいいか判断するときにチェックしたいのが成分表示です。日本ではラベルに表示される成分は配合量が多いものから順に表示され、原則として容器や外箱などすぐにわかる場所に書かれています。成分の名称も日本化粧品工業連合会の成分表示名称などを使い記載していますのでわかりやすいといえるでしょう。

海外の化粧品の場合、このような全成分表示のルールが異なる場合もありますし、表記されない成分が隠されていることもあるため注意しないといけません。

化粧品の値段が安いのは日本ブランド・外国ブランド?

化粧品の値段は利用者にとって大切な判断基準になりますので、近年人気がある韓国コスメなどは大変コスパが安い点が魅力になります。日本と海外を比較した時に比較的に安価な化粧品が見つけやすい海外の化粧品マーケット、肌トラブルがなく使えるものならとてもありがたいでしょう。

しかし逆に世界的に有名な海外ブランドになるととても高額な商品が多く、日本に輸入されるとあらゆるコストがかかり現地よりも値段が高くなってしまいます。高すぎるか、安すぎるか、そんな選択をしないといけないこともあります。化粧品の値段については次のポイントを意識して判断し、正しい購入ルートであるか確認してください。

海外ブランドは偽ものも存在する

海外有名ブランドのコスメ、使ってみたいけど値段が高いアイテムは色々あります。ネット通販やオークションサイトなどでは偽物ブランドのコスメが販売されている場合もありますので、値段が安いからといって飛びつけない裏地事情も。偽物コスメは成分が違い肌に合わないこともありますのでかならず海外ブランドは正規販売店を利用したほうが安心です。

安い海外コスメを活用する

値段が安くても問題なく使用できる海外コスメもなかにはあります。使い捨てのパック、洗顔料など必ず説明文を理解して正しく使いこなしてください。海外旅行で現地で買ってくるなど入手ルートは安心できる方法がオススメです。

効果がいいのは日本と海外どちらがいい?

化粧品は日本か海外のどちらがいいか決める時に迷ってしまうのが「効果」です。海外ブランドは肌に刺激が強いタイプが多いイメージがありますので、敏感肌の方は避けたほうが無難でしょう。美容効果は日本製の化粧品だけをみてもそれぞれ違いますので、どこで製造されたものかよりも、自分の肌にあう効果が期待できるかが大事な判断ポイントになります。では日本と海外の化粧品の効果、次のポイントを意識して判断しましょう。

日本人の肌に合わせている日本の化粧品

日本の化粧品メーカーは日本人の肌に合わせて商品を開発していますので、より効果が実感しやすいメリットがあります。肌質だけでなく暮らしの気候や季節によっても肌環境が変わるためその点日本ブランドのほうが肌に合わせやすいといえます。

海外ブランドを日本人に開発したもの

ニキビ用の海外ブランドコスメなど、日本でも定着しているものがあります。これらの海外コスメは日本人の肌に向けて開発されたものもある為、現地で販売している商品と日本の代理店で販売しているものでは若干の違いがあることもあるでしょう。

日本の化粧品に海外の化粧品をプラスして使う

完全に海外ブランドだけでまとめてしまうのはリスクがあるかもしれません。日本と海外の化粧品を上手に使うためには数点だけ海外アイテムに変えて、ほかは日本の化粧品にするといった使い分けをすることもオススメです。

日本と海外の化粧品の購入方法の違いについて

化粧品は日本と海外どちらがいいか決める時に判断基準となるのが購入ルートです。日本ブランドはスーパーの化粧品コーナーでも販売しているように、場所を問わずどこでも入手しやすいメリットがありますが海外ブランドとなるとそのようにはいきません。最近はオンラインで海外コスメを購入する人も増えていますが、個人輸入する場合は次の点に注意してトラブルを回避しましょう。

違う商品が届く可能性がある

ネットで商品の情報を調べても予想したものとは違う商品が届く場合があります。正規品だと思って購入したのに説明文が正しく理解できないため偽物を買ってしまったなんてこともよくあるでしょう。個人輸入はリスクがつきものなので、正しく商品に関する情報を理解して販売ルートが信頼できるかチェックしましょう。

状態が悪く到着する

海外から発送された商品はまず梱包状態がすでに悪く、自分の手元に到着するまでに箱がつぶれている、中身が漏れているなんてことも。この場合どこにクレームをつけるのかカスタマーサービスが見つからない場合もあるので本当に商品が安全に到着するまでは不安になります。

輸入代行を使う

海外の人気コスメをどうしても購入したい場合は日本にある正規販売店に行くか、もしくは輸入代行サービスなどを使って購入することをオススメします。わからない言葉のやりとりで起こる様々なトラブルはまず回避したいところです。

セレブが使っているので人気がある海外ブランド

海外のコスメは有名な女優さんやセレブなどが愛用している宣伝を見るととても使ってみたくなります。このような宣伝効果が大きい海外のブランド、世界的に人気が集まりやすいメリットがあるでしょう。海外の化粧品は日本にはない次の魅力があります。

オーガニックが進んでいる

海外ではオーガニック系のコスメがとても多く、日本にはない種類が豊富にあります。フルーツやハーブエキスを使用したスキンケア商品は肌にも良さそうで天然であるため敏感肌にも安心できるイメージがあります。

しかしオーガニックコスメは日本とは基準が異なる点が色々あり、なかには刺激が強いハーブエキスを使用した化粧品もあるのでご注意ください。

原材料費が安い

韓国コスメなど原材料費が安いため日本の化粧品よりもコストを抑えてスキンケアができるチャンスです。しかし海外の製品は日本のコスメのように情報が豊富でないこと、コスト面が不明瞭な部分もありますので実際に使ってみて肌との相性をチェックしてから判断したほうが安全です。

おしゃれな容器

海外の化粧品は高級ブランドになるとボトルや容器がおしゃれでインテリアとして飾っておきたくなるようなものがあります。ブランド志向の人は化粧品の効果よりもネームバリューだけで購入する人もいるでしょう。

海外コスメの注意点について

化粧品は日本か海外どちらがいいか、安全性や効果などを考えるとやはり日本人向けに作られた日本の化粧品のほうが信頼できます。海外コスメにもメリットはありますが、購入から使用まであらゆる段階でリスクがつきものです。次の注意点を正しく理解して海外の化粧品を選びましょう。

トラブル対応ができない

通販や個人輸入で海外から化粧品を購入した場合、もし肌に異常があってもカスタマーセンターがどこにあるのか、かりに相談窓口があっても言葉の壁でコミュニケーションできない場合があります。このようなリスクを覚えておかないと肌疾患になる場合もあるので注意してください。

トライアルセットがない

日本のコスメはトライアルセットが販売されていますので、気になる商品はまずチェックしてから購入できます。通常価格よりも安く販売されているトライアルセットはあらゆる特典がありますので比較したい時に大変便利。海外の化粧品を試すには本体を購入する以外方法がないことが多く、無駄使いするリスクもあります。

デパートの化粧品売り場にある有名なブランドのように店頭でテスターを使える商品なら安心です。

返品できない

個人輸入や通販で購入した海外の化粧品、万が一気にいらない場合に返品できません。その点日本の化粧品なら使用後も返品可能という商品もあるほどですから安心して購入できます。

まとめ

  • 日本製・海外製化粧品の特徴と違いについて理解しておく必要がある。
  • 日本で販売されている化粧品は、安全性や品質が確認済みで安心して使用できる。
  • 韓国コスメなどコスパのよいものもあるが、海外ブランドは高額な商品が多い。
  • 日本製化粧品は日本人向けに開発されているため、より効果が実感しやすい。
  • 海外コスメは個人輸入を避け、正規販売店か輸入代行サービスを利用するのがおすすめ。
  • 海外ブランドはオーガニックが進んでいること、セレブが使っていることなどから人気が高い。
  • 海外コスメはトライアルセットがないことやトラブル対応、返品できないなどのデメリットもある。

 

日本製と海外製どちらにも魅力がありますが洋服などとは違い、スキンケア商品は肌につけるものなのであらゆるリスクを考えて購入しないといけません。日本製なら肌の負担も少なく、万が一の対応がしっかりしているので海外の商品よりも安全ですね。

この記事も読まれています