スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

アメリカのスキンケア~セレブのやり方を真似してみよう!

アメリカのスキンケアってどんな風にしているのだろう?と疑問を抱いたことはありませんか。映画やドラマ、雑誌のモデルさんなどを見ると肌が輝きとても綺麗な人たちが多く存在します。芸能人はお金があるから当たり前、そんな意見があるのは仕方がありません。しかしアメリカのスキンケアはセレブのやり方を参考にして美肌に近づくことも可能なのです。

高級な化粧品や美容クリニックなど一般の人ができないお手入れをしているのはなんとなく想像できますが、すぐにでもできるような簡単なスキンケアのコツもあります。美肌ケアはセレブにとって秘密にしたいこと、しかし一般に公開している有名セレブも多く存在していますので、早速真似したいセレブのスキンケアのコツについてご紹介しましょう。

ペネロペ・クルス

笑顔がキュートなペネロペ・クルス、肌がいつも輝いている秘密はお母さんから伝授された美肌習慣。「肌によい食生活をしてぐっすり眠ることが美肌の秘訣」と語るペネロペ、とくに野菜をたっぷり食べてビタミンなど肌に不足しがちな栄養補給をすることが肌の土台を作るケアになっています。

「お母さんがしつこく言っていたこと、今では納得です」とある雑誌のインタビューで語っていますが、化粧品でお肌を整えることも大切ですが、肌細胞を元気にするためには栄養補給と疲労回復は健康を維持するためにも重要なことなのです。

ジェニファー・アニストン

日本でもお馴染みの人気ドラマ「フレンズ」でいつも素敵な笑顔を振りまいてくれるジェニファー・アニストン。今でもあの頃と全く変わらない若さは多くの女性が憧れるところでしょう。とくに肌の若さは20代と全く変わらず50代に近い年齢とは思えないほど。シワひとつないジェニファーの肌は紫外線対策に力を入れていることが秘密のようです。

自身が宣伝を行っているオーガニックコスメブランドのローションを使っていること、外出するときは必ず日焼け止めを使い紫外線対策をすることで、シワや乾燥予防などをしっかり行っています。

またセレブならではのスキンケアとして肌のくすみをとるレーザートリートメントも行っているようです。「体の老いがあるように肌にもワークアウトが必要」と語るジェニファー、年齢に合わせて若作りするためにはあらゆる方法を取り入れることが必要なのです。

ハル・ベリー

褐色の輝く肌が素敵なハル・ベリー、年齢をまったく感じさせない肌の美しさはしっとりさせることが秘密のようです。「マット感を出すためにあらゆる努力をした時期もありますが私の肌には合わないと感じました」と雑誌のインタビューに答えるハル。年齢とともに肌の乾燥が目立ちファンデーションをつけるとかさつきが気になるようになり、マット感よりもしっとりした肌を意識するようになったそうです。

ハル・ベリーのスキンケアの秘密はメイク前の肌の準備。リラックス効果や美肌効果が高いローズウォーターをまず顔全体にスプレーして、数分間肌が吸収するまで時間を置きます。その後で下地クリームやファンデーションをつけると肌がしっとり落ち着き若さがアップするというスキンケアのコツを習慣的に続けています。

サルマ・ハエック

健康的な肌が魅力のサルマ・ハエック、アメリカのスキンケアはセレブの習慣を参考にすると今までとは違った肌の魅力を引き出すことが可能になります。サルマ・ハエックのスキンケアのポリシーは絶対にメイクをしたまま寝ないこと。一生に一度もやったことがないと豪語するほど、寝る前のメイク落としにはこだわりを持っているようです。

「たとえ風邪で寝込んでいても、酔って帰ってきてドレスを着替えずにそのままでもメイク落としと洗顔だけは絶対に忘れません」というハエック。一度ぐらいなら、と油断する人はとても多いと思いますが、一晩メイクをしたまま寝てしまうと、毛穴の汚れが詰まるだけでなく肌に刺激がかかりバリア機能が一気に低下してしまいます。そのダメージから回復するためにはかなりの時間を要するため、清潔な肌で寝ることはスキンケアの基本にもなるでしょう。

サラ・ジェシカ・パーカー

肌の輝きが何歳になっても素敵なサラ・ジェシカ・パーカー。アメリカのスキンケアはセレブも一般の人と同様に、決して特別なことでなくシンプルな心がけがゴージャスな肌を作る秘訣になるようです。サラは洗顔がスキンケアでとても大切と考え、とくに夜はしっかり時間をかけてクレンジングと洗顔を行います。

寝ている間はホルモン分泌も多くターンオーバーが活発になる大切な美肌時間。肌の汚れが残っていると肌細胞の老化も進み朝のハリ不足にもつながります。「とても疲れて洗顔したくないって夫に言っても、その大切な意味が通じないみたい」と語るサラ。洗顔の重要さを理解しないとスキンケアでどんなに高価な化粧品をつけても意味がないと考えています。またサラはいつも保湿化粧品を使いリップケアも忘れずに行っているそうです。

クリッシー・テイゲン

トップモデルとして世界的に有名なクリッシー・テイゲン。夫のミュージシャンのジョン・レジェンドの仲睦まじい姿はよく写真や映像でも紹介されています。アメリカのスキンケアでセレブの真似をするなら絶対に有名なモデルさんの秘密が知りたいと思う方は多いでしょう。クリッシー・テイゲンが愛用しているのはレチノール入りのセラム。レチノールはアンチエイジングの化粧品によく使用される成分で、肌のハリ回復などの効果があります。

「レチノールのセラムは細かいシワをスムースにしてくれますよ」と語るクリッシー・テイゲン。目じりや口周辺などシワができやすい部分をターゲットにしっかり集中ケアをすると翌朝に自信の持てる肌になるそうです。レチノールを使うと人から肌が綺麗だと褒められるとコメントしているクリッシー、スーパーモデル並みの肌にするには美容成分を慎重に判断して選ぶとよいのでしょう。

ジュリアン・ムーア

50代後半のジュリアン・ムーア、年齢を聞くとほとんどの人がきっとびっくりするでしょう。若々しい笑顔は肌の老化が全く見えないため。ジュリアンがスキンケアで気を付けていることは自分の肌環境に合わせて化粧品を選ぶ心がけです。現在は50代後半でアンチエイジングをしっかりやらないといけない年代。

愛用しているものはアンチエイジング用のフェイスオイル入りのデイクリームです。このクリームは抗酸化作用が高いオイルが含まれていますので、肌の細胞を活性化しながらスキンケアができることがメリット。またSPF効果もあり日中の紫外線対策が同時にできるので手間がかからないスキンケアができるそうです。

「さらっとした使用感がある保湿クリームはたっぷり塗ってもべたつかないのでいいですよ」と語るジュリアン。年齢肌になったらすっと肌に染み込む浸透性の高い化粧品がオススメということです。

オリビア・ワイルド

すっぴんなのかメイクをしているのかわからないほど肌の透明感があるオリビア・ワイルドの秘密は、植物性成分を使ったコスメを使っていることです。「クレンジングの前にプレクレンジングをするの」と語るオリビアが愛用しているのは、オーガニックのクレンジングオイル。

刺激が強い界面活性剤を使ったクレンジングが多いため、メイクを落としている間に肌が乾燥することがよくあります。これを予防するためにプレクレンジングとしてオイルで全体の汚れをさっとふき取り、通常のメイク落としをすると肌がしっとりまとまるそうです。

ビタミンCブースターを週に2回ほど使っています。ミストタイプなのでどこでも使えるので便利」とオリビアがオススメするミストは、テレビカメラや撮影用のライトで肌が乾燥しやすい時にとても活躍してくれるそうです。乾燥しやすい時期にもミストなら手軽な保湿ケアができます。

ジェシカ・アルバ

何歳になってもキュートなジャシカ・アルバ、スキンケアに対する考え方はお母さんから伝授したことを今でも守り続けているそうです。「母が教えてくれたのはコスメは投資であること、そして必ず日焼け止めを使うこと」。化粧品市場はアメリカも日本もあらゆる商品があり値段もピンキリです。毎日使うものだからちょっと安くても大丈夫と油断すると、肌には知らない間にダメージが蓄積されて老化も進みやすい可能性があるでしょう。

「母は洋服代をケチっても化粧品は満足するものを値段に関係なく買っています。肌の美しさがその人のすべての魅力を語るもの」そう教えられて育ったジェシカは自身のコスメブランドを展開するなど、ワンランク上のスキンケアで美肌を維持しています。

リンダ・エバンジェリスタ

カナダ出身のスーパーモデル、90年代のスーパーモデルブームで活躍した彼女も今ではもう50代。しかしモデルさんだけあって肌のお手入れはスキがありません。年齢を重ねるごとに肌のたるみが目立ち、同時に毛穴の開きがさらに悪化、すると汚れが蓄積され毛穴の黒いぼつぼつはメイクでも隠しにくくなります。

彼女が愛用するものは毛穴を引き締める美容液。「安いものから高級なものまで色々使ったけど肌に合うものが一番ね」と語るリンダ、ドラッグストアで売っている安いコスメも、肌に合うなら使うべきとオススメしています。アメリカのスキンケアはセレブが使うアイテムはなんでもかんでも高いものばかりのようなイメージがありますが、すぐ近所で買えるようなアイテムも使い方次第なのでしょう。

まとめ

  • ペネロペ・クルスの美肌の秘訣は「肌によい食生活をしてぐっすり眠ること」。
  • ジェニファー・アニストンは紫外線対策に力を入れている。
  • ハル・ベリーはしっとり肌を意識してローズウォーターを愛用。
  • サルマ・ハエックはどんな時でも絶対にメイクしたまま寝ないのがポリシー。
  • サラ・ジェシカ・パーカーは洗顔を重視。保湿とリップケアも欠かさない。
  • クリッシー・テイゲンはレチノール入りのセラムを愛用。シワの集中ケアに役立てている。
  • ジュリアン・ムーアはフェイスオイル入りデイクリームのさらっとした使用感がお気に入り。
  • オリビア・ワイルドは乾燥対策にミストタイプのビタミンCブースターを使用。
  • 「コスメは投資」と考えるジェシカ・アルバは自身のコスメブランドを展開、ワンランク上のスキンケアで美肌を維持している。
  • リンダ・エバンジェリスタは「コスメは肌に合うものが一番」がポリシー。毛穴を引き締める美容液を愛用している。

 

アメリカのスキンケアはセレブの人達のコツを上手に生かして、毎日誰かに見られているような緊張感を持つことも必要なのかもしれませんね。コツコツと正しいケアを続けること、それがセレブの美肌にも共通すること。変わったスキンケアよりも自分の肌に合わせてお手入れすることが重要ですね。

この記事も読まれています