スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

アメリカのスキンケアは食べ物から!美肌によい10の朝食

アメリカのスキンケアは食べ物からアプローチして、健康的で美しい肌作りに皆さん励んでいます。とくに注目したいものが「朝食」。一日の始まりとして欠かせない食事であるだけでなく、朝食で食べる食材には美肌効果が高いものがたくさんあるのです。アンチエイジングによい栄養や肌の免疫力を高める食べ物など、朝食を抜いてダイエットしている方は美肌ケアで損していることがあるかもしれません。

また朝食を食べると健康的に体重を減らせることもとある研究でわかっているように、一日の食生活のなかでも朝いちばんの食事はもっとフォーカスするべきもの。有名なアメリカの皮膚科医がコメントするように「朝食で食べるものは美肌にインパクトを与える」ものなのです。そこで早速ですが美肌成分たっぷりの10の朝食についてご紹介しますので、ぜひ欧米スタイルの美肌食にトライしてください。

低脂肪ヨーグルトとざくろでアンチエイジング

アメリカのスキンケアの食べ物ではよくヨーグルトが美肌ケアに使われています。ヨーグルトを肌に塗ってパックにするなど食べるだけではもったいないアイテムです。朝食としても便利なヨーグルト、乳製品にはビタミンAとタンパク質が多く含まれているため、肌細胞を作る大切な栄養になっています。

しかし全脂肪だとダイエットにもちょっと不安になりますので低脂肪や無脂肪タイプを選びましょう。ヨーグルトに入れた美肌アイテムはざくろ。ざくろは歯ごたえがよく、抗酸化成分がたっぷり入っています。シワ対策にもメリットがありますので年齢肌が気になる方は朝食にぜひプラスしてみましょう。ヨーグルトには食物繊維の多いグラノラを混ぜて一緒に食べることもオススメです。

全粒粉トーストとアーモンドバターで簡単朝食

アメリカのスキンケアで人気の食べ物はアーモンドバターのトースト。トーストは簡単で作る手間もないため忙しい人にオススメの美肌食になるでしょう。パンは全粒粉で栄養価と食物繊維を豊富に摂取、白いパンよりも糖質が低く健康にもオススメです。アーモンドバターはピーナッツバターよりも脂肪が少なく不飽和脂肪酸が多いのでコレステロールを管理したい人にも安心です。

またアーモンドバターには鉄分やカルシウムも多く含まれていますので健康的な肌の輝きをアップするためにも良いでしょう。アーモンドはスナックとして毎日食べることもアンチエイジングにオススメですが、食べすぎると脂肪の過剰摂取にもつながるためトーストでアーモンドバターを使った場合はそれ以上摂取するのは控えたほうが安心です。

スモークサーモンのベーグルサンドはコレステロールを安定させる

サーモンの赤い色はアスタキサンチンと呼ばれる色素で抗酸化作用が高いことで知られています。アメリカではスキンケアによい食べ物としてスーパーフード的な存在になっています。サーモンの脂質はオメガ3脂肪酸で肌の抗炎症やニキビ予防などにも効果があります。サーモンの産地としては栄養価が一番高い天然アラスカ産がオススメ。朝食には全粒粉のベーグルとサーモンを使ったサンドイッチがよいでしょう。

ベーグルは噛み応えがあるため食べ過ぎ予防になりますので、ダイエット中の朝食としてもオススメです。週末にのんびりブランチをしたい時にもよいメニューなので、ぐっすり眠った翌朝は美肌食でスタートしてください。

フラックスシード入りのスムージーで内側からスキンケア

アメリカのスキンケアでよい食べ物はスムージーが人気、飲むだけの栄養補給はセレブをはじめ肌にこだわりを持つ人に注目されています。忙しい朝の時間、ブレンダーに残りの野菜や果物などを入れて手早く朝食の準備ができ、しかも生の野菜や果物には酵素がたっぷり含まれていますのでデトックスにもメリット。肌の調子が悪い時はスムージーにしたほうが胃腸の消化吸収にも優しく効率的な美肌ケアができます。

みここで肌にメリットを増やすためにはスムージーにフラックスシードをプラスしてください。フラックスッシードはオメガ3脂肪酸をはじめ皮膚細胞の保水力を高めるため、しっとり肌が持続します。フラックスシードは健康食品店や通販などで購入できますのでぜひトライしてみましょう。

ノンファット牛乳とオールブランシリアルで食物繊維を摂取

アメリカの朝食といえばシリアルが定番、スキンケアによい食べ物として栄養価をアップするなら牛乳はノンファット(無脂肪)、もしくはスキムミルクを使いましょう。シリアルにも色々な種類がありなかには糖分が多いタイプもあります。糖質を過剰に摂取すると肌細胞の糖化につながりシワやたるみ原因になることも。美肌食としてオススメなのはオールブランなどの食物繊維が多い種類。体のなかからすっきりしターンオーバーが活性化されます。

シリアルだけでは美肌効果が不足してしまうので、ここにベリー系のフルーツをトッピングしましょう。イチゴやブルーベリーなどはビタミンCやポリフェノールが豊富で美肌にとても効果的。バランスが取れてしかも簡単に食べられる朝食なので美肌の土台作りにいかがでしょうか。

ターキーと卵のイングリッシュマフィンで肌を整える

ベーコンは脂質と塩分が高いので健康にも肌にもオススメではありません。その代わりに朝食に食べたいものがスモークターキーのスライス。チキンよりも鉄分やカルシウムが多くとくに亜鉛の含有量が高いのでコラーゲンやエラスチンの働きをサポートしてくれます。卵にはビタミンBが多く含まれていますので、肌の炎症予防にもメリット。イングリッシュマフィンは全粒粉を選び食物繊維を増やしてください。

この朝食は紫外線や公害などから肌を守る効果が期待できますので、アウトドアでスポーツをする方に良いでしょう。年齢とともに減少する美肌成分のコラーゲンはスキンケアだけでなく、食べ物からも十分に摂取することがアンチエイジングにオススメです。

ほうれん草とトマトのオムレツは肌の若さをアップする

アメリカのスキンケアに良い食べ物は、アンチエイジングでよく話題になります。抗酸化作用が高い食材はできるだけ摂取を心がけ肌の働きを内側からサポートすることも忘れてはいけません。いつまでも若い肌を目指す方にオススメなのがほうれん草とトマトのオムレツ。ほうれん草には鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富でアンチエイジングにもピッタリです。

トマトにはリコピンと呼ばれる抗酸化成分が含まれ、生で食べるよりも加熱したほうがリコピンの吸収率が高くなるのでオムレツに入れる最適な食材になります。オーストラリアで行われた研究によると緑黄色野菜を積極的に食べた人と食べなかった人で、がん細胞の動きが異なることが分かっています。肌細胞を元気にするためにも野菜類は朝から積極的に食べたいものなのです。

さつまいもの炒め物でシワ対策をしよう

さつまいもは便秘解消によい食べ物として知られていますが、アメリカのスキンケアの食べ物としても人気があります。でも朝食には向かない食材というイメージがあり、食べる機会が少ない人も多いでしょう。そんな方によいのがさつまいもを小さくサイコロ状にカットして炒めるメニュー。ピーマンや玉ねぎなどの野菜も入れてビタミンCをたっぷり補給しましょう。

さつまいもはシワを目立たなくする働きや予防効果もありますので、年齢肌が気になる方にオススメです。作り置きできるメニューなので前夜に作り朝は電子レンジでチン。簡単で栄養価が高く便秘改善にもぜひプラスしたい食べ物です。またさつまいもにはビタミンAが多く含まれていますので皮膚を丈夫にしてくれます。

スクランブルエッグとアボカドのサルサで定番の朝食

卵料理は世界共通の朝食メニュー、スクランブルエッグは簡単に調理できるため忙しい人にオススメです。でも卵だけだと美肌によい栄養がちょっと不足しそうなイメージも。そこでオススメしたいトッピングがトマトとアボカドを使ったサルサソースです。アボカドにはビタミンCやビタミンE、抗酸化作用が高い栄養がたっぷり。赤ピーマンを刻んだものを入れればさらにアンチエイジングによいターンオーバーの活性化にもつながります。

サルサソースはアボカドやトマトをみじん切りしたものにオリーブオイルやライム汁を合わせて作り置きしておきましょう。パスタやサラダのトッピングとしても活用できますので、あらゆるメニューに美肌効果をプラスしてください。

オートミールと緑茶でシミ対策をしよう

朝食にはどんな飲み物を皆さん選んでいますか。一日のスタートとして水分補給はとても大切、その際に美肌効果を意識するならば緑茶がオススメです。カテキンやビタミンCを多く含む緑茶は殺菌効果があり口臭予防にもメリット、さらにシミ対策としてもオススメ。また肌の抗炎症効果がありますので、紫外線を浴びた時の肌のダメージを予防する働きも期待できます。

12週間続けて緑茶を飲んだ人の肌は潤いがアップしてハリが回復したという統計もあるほど。利尿効果・便秘解消効果が期待できる緑茶はデトックスにも役立ちます。食物繊維も丸ごと摂れる粉末緑茶ならより効果的です。

オートミールは美肌効果が高く、アメリカでは定番の健康食品。栄養バランスの高さ、食物繊維の補給、さらに残ったオートミールはパックとして保湿ケアにもなります。

まとめ

  • 美肌作りに役立つヨーグルトには、抗酸化成分たっぷりのざくろを入れて食べるのがおすすめ。
  • アーモンドバターのトーストは忙しい朝の食事にピッタリ。パンは全粒粉を選ぶのが◎
  • 噛みごたえのあるベーグルにサーモンをはさんで食べるのもよい。
  • セレブに人気のスムージーにはフラックスシードをプラス。
  • シリアルにかけるならノンファットミルク。美肌のためにはベリー系のフルーツをトッピングして。
  • イングリッシュマフィンにはさむならできればチキンよりターキーがおすすめ。
  • ミネラル豊富なほうれん草と抗酸化作用の高いトマトを入れたオムレツはアンチエイジングにぴったり。
  • シワの改善・予防効果の期待できるさつまいもは、年齢肌悩みの解消に役立つ。
  • 手軽に作れるスクランブルエッグには、アボカドとトマトのサルサソースをかけて。
  • シミ対策を意識するなら、緑茶やオートミールを積極的に摂ることを心がけよう。

 

アメリカのスキンケアで食べ物はあらゆるシーンで活躍しています。日本の食生活とは違った角度から美肌に良い栄養摂取ができますのでぜひ参考にしてくださいね。無理な食事制限は肌にも悪影響がありますので、一日のスタートからバランスよく考えましょう。

この記事も読まれています