スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

アメリカのスキンケアのコツ~化粧品選びの基礎ガイド~

スキンケアはどこの国の女性でも美肌作りのために毎日欠かせない作業、肌タイプによってお手入れ方法が異なります。しかし多くの女性に共通するのは化粧品選びに関する悩みについて。アメリカのスキンケアでも化粧品選びは美肌作りの第一歩になり、コスメ市場はあらゆる商品であふれかえっています。

アメリカのスキンケアでは化粧品をインターネットで購入する人も多く、日本と同様に手軽に好みの商品を見つけることができます。選択肢が多いことはありがたいのですが、スキンケアの情報があちこちにあるのは化粧品選びのハードルを高くすることにもつながるでしょう。

そこで今回はアメリカのスキンケアで常識とされている、化粧品選びでやっていいこととやってはいけないことについてご紹介します。

アメリカのスキンケアの基礎!肌に合わないものは選ばない

 

コスメ市場にあらゆる商品が頻繁にで登場するアメリカのスキンケア。どんな商品が新しく発売されたのか、好きなブランドではどんな商品が売っているのかなどのリサーチをする前に、まずは自分の肌をよく知ることが大切です。

その理由は美肌効果をアップさせること、そして肌に負担を与えずにスキンケアをするため。いくら自分の好きなブランドでも、値段が安くてよいものでも肌と相性が悪い化粧品はお金の無駄になってしまいます。一度だけ使って肌がヒリヒリしたので処分したなんて化粧水はありませんか。このように自分の肌に合わせるためには、よく肌の状態を知り一番使いやすいものを選ぶことが大切です。

アメリカのスキンケア大手のメーカーでは主に次の5タイプに分けて化粧品が販売されています。

  • オイリースキン(脂性肌)
  • ノーマルスキン(普通肌)
  • ドライスキン(乾燥肌)
  • コンビネーションスキン(混合肌)
  • センシティブスキン(敏感肌)

化粧品の配合成分をチェックしよう

アメリカのスキンケアは化粧品の配合成分に植物性成分が含まれたものは、負担が少なく自然な美肌ケアができるため人気があります。

毎日使う化粧品でニキビやふきでものができるのはまず避けたいこと。炎症を起こし肌が赤くなったりヒリヒリするような不快感があるものは肌に負担をかけています。このような化粧品を使い続けると肌を回復させるためにさらにお金をかけてスキンケアをすることになりますので、配合成分をチェックすることは賢くお金を使うためにもメリットになるのです。

パラベン、人工香料、着色料、アルコールなど刺激が強い成分に注意して代わりにハーブなどの植物性の美肌成分を意識しましょう。以下の成分はアメリカのスキンケアでは化粧品の効果を高める働きがあり人気があります。

アメリカのスキンケアで人気の植物成分

  • タイム
  • ココナッツオイル
  • セージ
  • ローズマリー
  • ローズエキス
  • ホホバオイル

魔法のような化粧品の効果を期待してはいけない

アメリカのスキンケアでは化粧品を選ぶ際に口コミやレビューなどを参考にする方が多く、期待するようなコメントがあるとつい買ってしまいます。たとえば一日でシワが消えた、肌がアッという間に若がえるというような魔法は実際には不可能に近いことなのです。化粧品を選ぶ時は効果が一番気になるところですが、利用者の声やメーカーの宣伝だけではどうしてもわからないことは色々あります。

また深刻な肌トラブルを抱えている場合は化粧品でアプローチするのではなく、皮膚科で相談し必要な治療や薬を使うことも考えると良いでしょう。病院の診察や治療費はかかりますが、長い目で考えると化粧品代の節約になりますし肌の健康維持にはとても重要な点になります。

肌のサイクルは28日周期で細胞が生まれ変わるといわれていますので、一日で効果がでる化粧品というのは慎重に判断してください。

アメリカのスキンケア常識・日焼け止めはマストアイテム

アメリカのスキンケアは紫外線対策が日常的なお手入れになっているため、日焼け止め選びも化粧水や美容液と同様に大切なポイントです。紫外線を浴びると肌細胞が劣化してシワやたるみ原因になりますし、メラニン色素が活性化されシミやくすみが増えることも。美肌作りにはなんのメリットもない紫外線はしっかり予防することが大切なのです。

どんなに高級なアンチエイジング化粧品を使っていても、紫外線を浴びてしまったら全く意味はありません。日焼け止めは使用感や使うシーンに合わせて選ぶことが大切なので、しっかり効果があるものを使いましょう。肌を美しくすることと同時に守ることも忘れずに毎日続けてください。

日焼け止めを選ぶ際は以下のポイントを比較してください。

日焼け止め選びのチェックポイント

  • コスト
  • SPF数値
  • 刺激の強さ
  • 使用感
  • 使い方(基礎化粧品タイプかメイクタイプ)

安物の大量買いで損しないこと

アメリカのスキンケアの落とし穴は化粧品の安物買いをしてしまうことです。安くてもよい商品はもちろん存在しますが、正しく判断せずに値段だけを見て購入してしまうと肌に合わず無駄になってしまうのです。安いからと色々な種類を揃えてもどれも効果がいまひとつ。結果的に安物買いでかなりの出費になるのであれば、高級な化粧品をひとつ使い肌に合わせたお手入れすることがオススメです。

基礎化粧品だけでなくメイク用品も同様、使う量が多いファンデーションは安いものは数百円程度で購入できるものがありますが、判断するには最低でも2週間ほど使用して肌との相性をチェックしてください。激安化粧品を選ぶ時は次のポイントを注意しながら慎重に判断しましょう。

プチプラコスメ選びのチェックポイント

  • 配合成分に刺激成分が含まれていないか
  • 美肌成分が含まれているか
  • テスターでチェックできるか

保湿化粧品の大切さを理解しよう

若い肌はアンチエイジング化粧品のような高級な商品を使う必要はありませんが、だからといって安い化粧品で節約してしまうと美肌効果が得られず、将来の肌に差が出てしまいます。アメリカのスキンケアで化粧品選びがとても重要だと考えられる理由は、今綺麗になるためでなく将来の肌のために今何を使うか。とくに保湿化粧品は肌の潤いを守るだけでなく、細胞の働きを整え健康的な肌作りに大切です。

化粧水が1本2000円前後するタイプは、若い女性なら高いと感じるでしょう。値段を見て購入を諦める人、安い商品にする人、皆さん判断は異なります。しかし値段で左右されて間違った保湿化粧品を購入することは効果が期待できないだけでなく、肌にダメージを与える可能性も秘めています。そこで保湿化粧品が大切な理由は次のポイントを覚えておきましょう。

保湿化粧品の役割

  • 乾燥予防
  • 老化予防
  • ニキビ予防
  • 肌環境を整える
  • ツヤを与える

値段が高い化粧品は安心?油断しないコツ

アメリカのスキンケアで化粧品選びで大切なコスト、安すぎるものは肌にダメージを与えるので慎重に判断できるかもしれませんが、高級な化粧品なら絶対に安心できるのでしょうか。多くの女性が判断を間違ってしまう高級コスメ、最終的に選択するときに値段が高いほうを選んだ経験はありませんか。

多くのケースで高級化粧品には値段が安いものに含まれていない質の高い美容成分が使用されている、もしくは老舗メーカーの商品など、何かしらのメリットがあります。しかし稀に配合成分が安い化粧品とさほど変わりないタイプもありますので、値段が効果を示すものではないのです。高級化粧品を購入する際には次のポイントを意識して賢く買い物をしましょう。

高級化粧品を賢く買うコツ

  • メーカーのセールを狙う
  • 同じ配合成分の安価なタイプを選ぶ
  • 割引券を使う
  • 定期購入などの特典を利用する

アメリカのスキンケアの常識!水分補給で肌を整えよう

アメリカの化粧品のように海外のコスメはその国の気候や風土などに合わせて成分を調整していますので、乾燥しやすい地域が多いアメリカのスキンケアでは水分補給が美肌作りの基盤となっています。もちろん日本人の肌も同様に体の水分量と肌の乾燥はとても関係が深いため、普段から水分補給を怠ってはいけません。

肌がかさつく、唇がカサカサになるという場合は体の水分量が不足している可能性があります。化粧品で高いお金を使っても体が乾燥している状態では美容成分が効果を発揮できません。水を飲むことは化粧品を買うようにお金がかかりませんし、健康的に美肌へアプローチできる方法なのでたっぷり水分補給をしてください。

美肌に良いのは次の点を意識した水分補給がオススメです。

美肌によい水分補給のポイント

  • ミネラルウォーターを飲む
  • カフェインや炭酸飲料は除く
  • 一日2リットルを目安にする
  • 汗をかく時期は水分を増やす

テスターを使って肌チェックしよう

どんなに人気がある化粧品でも肌に合わないものではスキンケアをする意味がありません。アメリカのスキンケアで化粧品選びの重要なポイントになるのが購入前の肌チェックです。化粧品は宣伝効果、レビューなどよりも実際に使い判断するまではわかりません。使用感、効果、刺激の強さなど、安心して使い続ける為には肌チェックはぜひ行いましょう。

また化粧品代を賢く節約するためにも必要なので、テスターがある化粧品や返品できるアイテムなどを選ぶことも方法です。化粧品をチェックするときは次の点を確認してみましょう。

肌チェックのポイント

  • ヒリヒリ感などの刺激がないか
  • 伸びのよさ
  • 浸透性の高さ
  • 好みの使用感があるか

まとめ

  • アメリカでは脂性肌、普通肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌の5つのタイプ別に化粧品が販売されている。
  • 人工的で刺激の強い成分に注意して、ハーブなど植物性の美肌成分を配合した化粧品を選ぶ人が多い。
  • 化粧品に即効性を期待してはいけない。深刻な症状の場合は皮膚科を受診することも大切。
  • 日焼け止めはマストアイテム!使うシーンや使用感で使い分けるのがコツ。
  • 安い商品を大量にそろえるよりも、よいものを厳選して肌に合ったお手入れをすることが重要。
  • 今綺麗になるだけでなく将来の肌のためには、保湿化粧品を重視するのがポイント。
  • 化粧品の値段は効果を示すものではない。高級化粧品は賢く購入する方法を考えよう。
  • アメリカはもちろん日本でも美肌のためには水分補給が欠かせない。1日2リットルを目安にミネラルウォーターを飲むのが◎
  • 購入前にはテスターを使い、使用感、効果、刺激の強さなどを必ずチェックしよう。

この記事も読まれています