スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

食べ物で美白するアメリカのスキンケア!オススメはこれ!

野菜や果物が年間を通して豊富なアメリカはスキンケアにも上手に生かしています。とくに紫外線による肌のダメージに関しては女性の皆さんはとても慎重になり、化粧品だけでなく食べ物からもアプローチしています。日本でもできる美白のコツ、アメリカのスキンケアで食べ物を使う方法について詳しくご紹介したいと思います。

美白は肌を白くするだけでなくシミやくすみなどのメラニン色素による肌トラブルを改善するためにも大切なケアです。アメリカのスキンケア市場では美白化粧品はコストが高く肌に刺激を与えるものも多く存在します。そこで賢く肌に安全に行うナチュラルなアメリカのスキンケア、オススメの食べ物について早速見ていきましょう。

グリーンピースで皮膚のくすみを改善しよう

食べ物はアメリカのスキンケアではとても大切な存在で、食生活で栄養補給することや直接肌につけてスキンケアするなど方法は様々あります。まず美白ケアにオススメの食べ物がグリーンピースです。グリーンピースは肌の変色をブロックする働きがあり均一の肌色に整える効果が期待できる食べ物です。

またグリーンピースは食物繊維が多いので胃腸の働きを活発にして便秘解消にも良いでしょう。体のなかからすっきりすると老廃物がなくなり肌の働きも活発に。グリーンピースはあまり頻繁に食べるものではありませんが、スープや付け合わせなどで定期的に食生活にプラスしましょう。グリーンピースに美容効果がある理由は以下の点があげられます。

ビオチンの効果

ビオチンという成分は皮膚の炎症を抑えてコラーゲンの生成を活発にしてくれます。肌のハリ不足が目立つ年齢肌は美白と一緒に弾力回復もしましょう。

ビタミンB2の効果

皮膚や粘膜の健康を維持するビタミンB2が豊富なグリーンピース。ハリのある肌に改善し輝きをアップしてくれます。くすみが気になる年齢肌の美白にメリットがあるでしょう。

スイカはアメリカのスキンケアに欠かせない食べ物

アメリカのスキンケアで人気の食べ物にはスイカがあります。ボディケア商品や化粧品などで使用されるスイカ、スイカの香りだけでなく肌によい栄養がバランス良く配合されている食べ物です。スイカはビタミンAとビタミンBが豊富、肌のトーンを整え明るくする作用があります。またニキビの発生を予防して健康的な肌環境を維持すること、若々しい肌の輝きをアップするなど見た目年齢にもよい効果があるでしょう。

スイカはできれば毎日食べたいものですが、年間を通して購入するのは難しい点も。スイカエキスを使用した化粧品を使う方法など、やりやすいスキンケアを考えることも大事ですね。では美肌効果を限りなく摂取するためのスイカの美肌食のコツを見ていきたいと思います。

油製品と一緒にスイカを食べる

スイカにはリコピンやベータカロテンが含まれていますので、水に溶けにくいこれらの成分は油性の食べ物と一緒に摂取することがコツ。リコピンの抗酸化力を発揮するにはドレッシングを使ったスイカサラダなどがオススメです。

赤い部分を多くたべること

スイカが熟してくると赤い部分が多く甘さも増しておいしい食べごろです。黄色いスイカが近年増えていますが美肌にはリコピンが多く含まれる赤いスイカを選びましょう。

皮も食べること

スイカの皮にはシトルリンというむくみ予防の美容成分が多く含まれていますので、捨てずに固い部分を切り取りできるだけ食べるようにしてください。または皮部分を薄くスライスして肌にパックとして使う方法もオススメです。

キノコ類で肌の健康状態を強化しよう

キノコ類はコレステロールを下げる働きがある健康的な食べ物です。アメリカのスキンケアでは美白によいとされ、スープ、炒め物、サラダなどあらゆるメニューに使われています。キノコ類は90%が水分で低カロリーのダイエットにもオススメな食べ物。アメリカのスキンケアではマッシュルームがよく食べられていますが、キノコ類全般に共通するビタミンDは肌を健康的に維持する機能が魅力です。

またキノコの真菌は皮膚のトーンを明るくするため、くすみやシミが気になる肌には最適な美白の食材になるでしょう。ではキノコ類を使った美肌の食生活、以下のポイントを意識してください。

色々な種類のキノコを食べる

キノコ類は種類が豊富、たとえばしいたけは血中コレステロールを下げるエリタデニンが豊富で、えのきだけには内臓脂肪を減らす効果があります。それぞれのキノコの効果を実感するためには同じ種類でなくあらゆるタイプのキノコを食生活にプラスしましょう。

続けて食べる

キノコ類で美白効果を実感するためには長期間続けて食べることがコツになります。作り置きしたキノコの炒めものやサラダのトッピングなど、バリエーションも色々と考えておきましょう。

キュウリは自然の美白成分が豊富

アメリカのスキンケアは食べ物を肌につける方法もあり、キュウリはとくに美容効果が高い野菜として人気があります。キュウリには肌のトーンを明るくする成分が多く含まれ、メラニンの過剰な働きを抑制します。すでにできた濃いシミを薄く作用もありますので食べるだけでなく肌に直接キュウリをつける方法もオススメです。

キュウリにはシミを予防するビタミンCが多く含まれ、コラーゲン生成のサポートもするのでハリ回復にもメリットがあります。ビタミンCの含有量をほかの食べ物と比較しても、サラダ菜やトマトなどとほぼ同じとも言われています。ではキュウリを使った美肌ケア、次の方法で美白効果を引き出してみましょう。

キュウリのスライスでパック

キュウリを薄くスライスしたものを洗顔後の綺麗な肌に貼り付けてください。キュウリは水分が多い食べ物なので皮膚の外側からしっかり潤い補給もできます。

キュウリを潰したパック

キュウリは細かくみじん切りにしてしっかり潰しておきましょう。そのなかにはちみつを入れてよく合わペースト状の硬さにしたら顔にパックとして広げてください。放置時間は約15分、ぬるま湯で洗い流して化粧水で肌を整えたら完了です。

サツマイモの意外な美白効果について

冬なら日本では焼き芋が定番のサツマイモですが、アメリカのスキンケアでも美容効果のある食べ物として人気があります。まずは食物繊維の多さ、便秘改善にサツマイモを食べることがよくありますが、サツマイモは胃腸内の働きを活発にして老廃物をすっきり排出する作用があります。便秘改善は肌のくすみやトーンアップにメリットがありますので、体のなかから綺麗にするときオススメの食べ物になるでしょう。

そしてサツマイモは知らない人が多いのですが、ビタミンCがりんごの7倍以上も含まれています。ビタミンCは美容効果が高い成分でコラーゲンの生成や肌のツヤ、シミやそばかすの改善など美白ケアに欠かせません。またニキビの傷跡の回復にも効果がありますので肌をスムーズにするためにもサツマイモは定期的に食べたいものといえるでしょう。

ほかにもビタミンEをはじめとした栄養が豊富で、とくに抗酸化作用のあるポリフェノールは美白ケアに注目するべき次の効果があります。

血液の流れを活発にする

サツマイモにはクロロゲンというポリフェノールの一種である成分が含まれています。血流の流れを活性化して肌色を健康的に改善します。

アンチエイジングに最適

サツマイモの抗酸化作用はクロロゲン以外にも紫芋のようにアントシアニンというポリフェノールを多く含む種類もあります。このポリフェノールは肌細胞の劣化を予防しますので若い肌を維持したい人にもよいでしょう。

ヨーグルトを使った美白スキンケア

ヨーグルトは美容効果が高くダイエットにも人気があります。アメリカのスキンケアでは食べ物でアプローチする際にヨーグルトは使い方のバリエーションが多いため、食事だけでなくスキンケアの材料として使うことがよくあります。ヨーグルトに含まれる善玉菌は腸内環境を整え悪玉菌を減らすので健康にメリット。またヨーグルトはカルシウムや鉄分など女性の体に欠かせない栄養素もバランスよく含まれています。ではヨーグルトを使ったスキンケアの方法についてオススメをいくつかご紹介しましょう。

ヨーグルトとレモン汁の美白パック

スキンケアで使う場合はプレーンヨーグルトがオススメです。くすみ改善やシミ対策によいヨーグルトパックは適量のヨーグルトにレモンのしぼり汁を少量加えるだけ。洗顔後に蒸しタオルで肌を温め、ヨーグルトパックを顔全体に伸ばしてください。20分ほど放置したらぬるま湯で綺麗に洗い流し仕上げに化粧水と乳液で肌を整えましょう。

ヨーグルトとオートミールのパック

この二つのアイテムは朝食として食べてもOK。食物繊維が豊富なので便秘解消に良いでしょう。またヨーグルトとオートミールをペースト状に合わせたものはフェイスパックとして使えますので、洗顔後に肌全体に伸ばし15分ほど放置してください。オートミールには保湿効果があるので乾燥肌にもオススメです。

女性の体をサポートする大豆で美白ケア

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、更年期が近くの中高年女性のスキンケアや生理不順の方の肌にもオススメです。大豆にはアンチエイジング成分が豊富で体内の活性酸素を取り除く働きがあります。年齢とともに増える活性酸素はシワや肌のたるみ、ターンオーバーの低下など気になるトラブルを増やす原因。また食物繊維が豊富なのでデトックス効果も期待できます。では大豆を美肌の食生活に取り入れる際のコツについてみていきましょう。

消化によい豆乳を使う

大豆製品は納豆やみそなどあらゆるものがありますが、胃腸に優しく摂取するためには吸収率が高い豆乳がオススメです。スープやスムージー、牛乳の変わりにシリアルに使うなど工夫してみましょう。

発酵食品を選ぼう

大豆には豆腐やしょうゆといった食品が色々ありますが、美白にメリットをもたらすには大豆の発酵食品がオススメです。たとえば納豆は、コストも安く健康的な食材。発酵食品は善玉菌が豊富なので腸内環境を整え体内から美肌ケアができます。

まとめ

  • グリンピースには肌の変色をブロックする働きがあり、くすみ改善効果が期待できる。
  • スイカには肌のトーンを整えて明るくする作用がある。食べるのはもちろん、エキスを使用した化粧品を使うのもよい。
  • キノコは肌を健康にしてトーンを明るくする効果が期待できる。種類によって含まれる成分に違いがあるので、さまざまな種類を取り入れるのがコツ。
  • メラニンの過剰な働きを抑制するキュウリはパックに使うのもおすすめ。
  • ビタミンC、食物繊維、ポリフェノールが豊富なサツマイモはエイジングケアにも最適。体の中から美白を目指そう。
  • ヨーグルトはレモン汁やオートミールと混ぜてパックとして使うのもよい。
  • 女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするイソフラボンを豊富に含む大豆は、アンチエイジングのために積極的に摂りたい食材。

 

アメリカのスキンケアは食べ物で肌に栄養補給することも習慣的に行われています。肉食で肌に負担になる食べ物が多いなか、モデルさんや芸能人のように美しい綺麗な肌を維持するのは食べ物のおかげかもしれませんね。

この記事も読まれています