スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

アメリカの美容習慣・ミスユニバースの秘密を徹底解剖!

アメリカの美容業界、とくにセレブのやっていることは女性の皆さんとても気になることでしょう。テレビや映画でいつも輝く肌を披露してくれる素敵な女性たち。年齢を重ねてもいつまでも若く美しい肌が特徴ですが、一般の人達にはそんな美肌を手に入れることはできないのでしょうか。

そこで今回はちょっと気になるアメリカの美容習慣のコツ、世界的な美女を生み出すミスユニバースのクイーンたちの秘密についてご紹介したいと思います。

ティアラの輝きにも負けないほどの美しい肌、どんなことをすればあんな素敵な肌が維持できるのでしょうか。毎日の美容習慣の秘密は要チェックですよ。

季節の変わり目のスキンケアに注意すること

肌の働きは気温や湿度などによって変わり、とくに季節の変わり目は肌トラブルが起こりやすく注意が必要です。ミスユニバースの美女たちは毎日のお手入れはもちろん、落とし穴になる季節の変わり目のお手入れにも大変注意を払っています。

2007年のミスオレゴンに選ばれたカリ・クリステンセンさんは季節が変わる時は必ず美容サロンにいきフェイシャルマッサージをしてもらうそうです。新しい季節に備えて肌を元気にすることで肌トラブルを予防できます。

季節前の肌の準備は夏のべたつき予防、または冬の乾燥対策にとてもメリットがあり肌のコンディションが悪くなる前に事前に予防ができるとのこと。アメリカの美容習慣のコツは、たまにお肌にご褒美を与えてあげることも良いのでしょう。サロンに行かずにも季節の変わり目になったらプラスケアを行いマッサージやパックなどを定期的にやることも美肌には効果があります。

ココナッツオイルでクレンジングをする

アメリカの美容習慣ではオイル系のコスメをよく使うことがありますが、ミスユニバースもシンプルで肌に良いスキンケアを心がけています。2009年ミスベッドフォードに選ばれたアシュリーはココナッツオイルをクレンジングとして毎日愛用しているそうです。

メイクを落とす時はココナッツオイルをそのまま顔に広げてアイメイクやファンデーションなどくるくるマッサージ。最後は赤ちゃん用のウェットシートを使ってふき取り洗顔する習慣になっているそうです。

ココナッツオイルには水など一切混ぜ物をせず、ジャーからすくったものをそのまま顔に乗せるだけ。濃いメイクには油性成分が多く使われていますので、同じ油同士のほうが汚れが溶けやすくクレンジング効果も抜群。しかもココナッツオイルは抗酸化作用が高いのでアンチエイジングにもなりますし、添加物が使用されていないので敏感肌でも安心して使える点も魅力です。

綺麗に見せるアメリカ美容のコツにトライしよう

アメリカの美容習慣は肌の土台を作ることだけでなく、綺麗に見せることも大切と考えられています。とくに多くの人の視線を集めるミスユニバース、2015年ミスウィコンシンのジェシカ・ジョソソンさんは目元をはっきりさせるためにコンシーラーをうまく活用する秘密があるようです。

目のクマは皮膚の血行不足によりリンパの流れが滞っているとくすみやすくなります。睡眠不足も肌にトラブルを与えますが、朝起きてクマがはっきり残っていると一日が台無しになります。そこで活躍するのかライトカラーのコンシーラー。肌よりもワントーン明るいコンシーラーを使いクマを消してツヤのあるパウダーで目の下にハイライトを入れます。即効性のある方法なので大切なお出かけの時など、肌に自信を持つためには隠すコツも活用したほうがいいのでしょう。

ペパーミントティーで目の周辺のトーンを明るくする

アメリカの美容習慣では食べ物が美肌作りに大切と考えられています。2015年ミスロードアイランドのアレクサンドリア・カーティスさんはいつも出掛ける時にペパーミントのティーバッグを携帯しているそうです。

ペパーミントは爽快感が特徴で疲れた時の疲労回復や気分のリフレッシュに最適。ストレスが多いと肌のターンオーバーも乱れ乾燥や老化などが進みやすくなります。ペパーミントティーは飲むだけでなく、肌に貼り付けて使うこともあるというカーティスさん。

撮影の前夜にはティーバックをお湯に浸して冷蔵庫で冷やしてからお休み。朝起きた時に冷えたティーバッグを目の下に貼り付けて10分経ってからスキンケアを始めると目の周辺が明るくなり表情がひきしまるそうです。クマの予防にもなりますし、目の周辺の乾燥予防にもピッタリ。普通の紅茶ならポリフェノールが多く含まれているのでアンチエイジングにもなります。

正しい水分補給は美肌の一般常識

アメリカの美容習慣ではセレブやモデルさんなど肌のお手入れにとても時間をかける美女たちは、体の内側のケアも忘れてはいません。とくに水分補給に関してはお酒や炭酸飲料を一切飲まないという美女も多く、肌の潤いを維持するためには正しい水分補給が必要だと考えられています。

では正しい水分とは何か?それはすばり「水」なのです。水には糖質や脂質などが一切含まれていませんし、血液の流れを活発にするため肌の輝きや栄養分がしっかり届きます。また乾燥を防ぎしっとり肌を作るためメイクのノリもアップ。

また朝目覚めのコーヒーですが、習慣的に飲んでいる人も多いでしょう。カフェインの過剰摂取は肌にも負担になりますが、目覚めの1杯はコーヒーに含まれるポリフェノールにより肌のトーンをアップする効果もあります。タイミングよく適量のカフェインを摂取することも美肌ケアのプロは心得ているようです。

汚れた手で絶対に顔を障らないこと

スマホを見ながら無意識にアゴに手をついたり、すぐに鼻をいじったり頬を触るなど汚れた手や指で肌を触れることは美肌のプロ達は極力避けています。手指にはあらゆる雑菌が付着しているので、触ってしまうことは顔に菌を移しているのと同じ。皮膚には常在菌と呼ばれる菌が住んでいて悪玉菌と善玉菌のバランスをうまくとりながら生活しています。

しかし手指から余計な菌が顔についてしまうと、アクネ菌などの菌が増殖する可能性がありニキビやふきでものが増える場合も。さらに顔を手で触ってしまうのはメイク崩れの原因になりますので、できるだけ顔を触るクセや習慣はなくしていきましょう。

手指からは菌やバクテリアだけでなく、場合によっては目尻や口元など皮膚が薄い部分にシワができやすくなる場合もあります。傷をつけることもありますので、ネイルが長い人はとくに顔エリアは注意してください。

色々な化粧品を使わないこと

アメリカの美容習慣、ミスユニバースたちの普段のお手入れ方法は色々と参考になることがありますが、皆さん毎日どんな化粧品でお手入れしているのか気になりませんか。ニキビ跡やシワが一切なく人形のようなスムースな肌。きっとあらゆる高級な化粧品を使っているはずだと思うでしょう。しかし美容のプロたちは意外にもシンプルケアを意識して、肌に色々な化粧品を使わないスキンケアを普段行っています。

メイクをする機会が多い人達はできるだけ普段は肌に負担をかけないように意識しています。そのため基本的なお手入れは洗顔とローションだけといったごくわずかな化粧品だけにまとめています。そのためアメリカの美容業界ではオールインワンケア商品も人気があり、肌の負担を予防して毛穴の詰まりをブロックする美肌ケアが注目されています。あれこれ肌につけてしまうとそれぞれの化粧品の効果が十分に発揮できないことはよくありますので、肌環境に合わせて行うことが大事なのです。

ヘルシーな食生活は肌の基盤作りに大切なポイント

アメリカの美容習慣は食べ物選びも肌作りに大切とされていますので、普段から肌によい栄養摂取をしているセレブが多く存在します。メイクやカメラなどの刺激から肌を守るためにバリア機能を強化する栄養摂取が必要なのは、決してセレブだけではありません。

肌年齢が気になり始めた人や乾燥肌などバリア機能を高めるには、オメガ3脂肪酸でターンオーバーを活発にすることが大切と語る皮膚科医もいるほど。そして肌細胞を劣化させる糖質や脂質を減らし肌が最高の状態でパフォーマンスできるように体のなかから栄養バランスを整えることが大切なのです。

年齢に関係なくアンチエイジングによい食べ物は美肌作りのポイント、ナッツ類やフラックスシードなどを積極的にプラスしていつまでも肌の若さを維持しましょう。栄養摂取は偏らないことが重要なので、美肌によい野菜や果物、タンパク質なども上手にプラスして健康的な食生活を目指してください。

まとめ

  • 季節の変わり目はマッサージやパックなどのプラスケアで肌トラブルを予防。
  • ココナツオイルはクレンジング効果抜群!抗酸化作用があるのでアンチエイジングにもメリット。
  • 目元をはっきりさせるコンシーラーなど、即効性のあるテクニックを使うのも綺麗に見せるコツ。
  • リフレッシュ効果のあるペパーミントティーは、ティーバッグを肌に直接つけるのも◎
  • 肌の潤いを維持するためには正しい水分補給が大切。適量のカフェインには肌のトーンをアップする効果も。
  • 手や指で顔を触るのは肌に菌を移すのと同じ。できるだけ触らないようにすることが大切。
  • 洗顔とローションだけと言ったシンプルなスキンケアが基本。肌に負担の少ないオールインワンケア商品も人気がある。
  • 若さを維持するためには肌細胞を劣化させる糖質・脂質を避け、ターンオーバーを活発にするオメガ3脂肪酸を積極的にとることがポイント。

 

ミスユニバースのような綺麗な肌になるためには、普通に誰でもできる簡単な方法が色々あります。大切なことは毎日の努力と自分の肌を正しく理解すること、人に見られている意識を高めスーパーモデルのような気分になるのも楽しいでしょうね。

この記事も読まれています