スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

アメリカの美容アイテム・日本との違いを知り上手に使うコツ

アメリカの美容アイテムは通販で個人輸入したり、海外旅行に行って化粧品を買ってくることがあります。外国の化粧品は肌に合わないイメージを持つ人が多いと思いますが、ものによっては上手に使いこなしてスキンケアにメリットを与えることもできます。

肌のタイプは人種によって異なりますので、アメリカの美容アイテムは日本と違う面は色々あるのは仕方がない点かもしれません。上手に海外の化粧品を使うためにはアメリカの美容と日本との違いを知り、自分の肌に合わせて行うことが大切です。

よく調べずに購入したアメリカで人気の化粧品を使い肌荒れしたという経験を持つ人もいるでしょう。そこでアメリカの美容習慣を参考にする際、日本との違いを理解して上手に化粧品を使うコツをご紹介したいと思います。

アメリカ美容アイテムの成分は日本との違いがあるのか?

アメリカの美容習慣は日本との違いがいくつかありますが、まず毎日使う化粧品の成分は慎重に判断するべき点です。よく海外のブランドコスメを使って肌がヒリヒリするということがありますが、アメリカ美容業界で日本との違いといえば、配合成分にアルコール成分などの刺激が強いものが含まれていることです。

アメリカ人の肌が敏感な人はオーガニックなどの無添加化粧品を使う傾向がありますので、有名ブランドのコスメなどはとくに日本人には合わないタイプが多く存在します。美容成分などは日本との違いはそれほどありませんが、添加物に関してはよく調べてから購入したほうが良いでしょう。最近は個人輸入で日本でアメリカの美容グッズを購入する方も増えていますが、次のような注意点もあることを覚えておきましょう。

商品情報が少ない

アメリカの美容グッズは日本との違いを知りたくても情報が商品に関する情報が少ないため、オンラインで購入して予想とは違うものが届くことがあります。

到着までの間が心配

個人輸入などの通販で購入するアメリカの美容グッズ、化粧品やボディケアなど色々なアイテムが購入できますが、心配なのは本当に到着するかどうか。また配送される間にパッケージが破れたり箱がつぶれることもありますので、実際に手元に到着して確認するまでは不安になります。

値段が安いメリットも

個人輸入でアメリカの化粧品を買うメリットは日本で買うよりも値段が安くなること。日本の販売代理店などを通じて店頭で売られている化粧品にはあらゆる手数料がかかり、現地で買うよりも値段が高くなる傾向があります。

アメリカ美容習慣で気になる日本との違い

アメリカの美容習慣で気になる日本との違いですが、日本人は化粧品を色々使いすぎるという声があるようにアメリカの美容習慣はとてもシンプルな傾向があります。日本のように湿度が高い場所が少なく比較的空気が乾燥しやすい特徴がありますので、化粧水よりも乳液やクリームタイプを使うスキンケアが一般的。日本のスキンケアでは化粧水は絶対に手放せないアイテムですが、もし使うとしたらアメリカでは化粧水よりもトナーが活躍しています。

トナーとはふきとり化粧水のこと、保湿とは違う役目がありますがアメリカの美容習慣で日本との違いは、トナーが日常的に使用されること。ではどんな目的トナーを使うのか、以下のポイントを覚えておきましょう。

肌がべたつくとき

トナーはアルコール成分が配合されたものが多く、肌の汚れや皮脂を拭き取るために使用されています。メイクの下地、洗顔後の仕上げなどでアメリカの美容習慣は日本ではあまりやらないステップがあります。

毛穴の汚れが気になるとき

白人の肌のように毛穴の肌の汚れが目立ちやすい場合はトナーで仕上げのふき取りがメリットになります。毛穴にはメイクや皮脂などが詰まり、先端部分が酸化すると黒ずみに。トナーを使うと毛穴の汚れ予防ができますので、メイク前などに使う人が多い傾向があります。

用途の違いを知ること

日本でもトナーを使う人はいると思いますが、アメリカの美容習慣と日本との違いはトナーの用途が異なること。日本で販売されているトナーにはローション的な使い方をして、さっぱり仕上げ用としてトナーを使うこともあります。それぞれの用途を確認して上手にスキンケアに取り入れることが大切ですね。

保湿はどの国でもスキンケアの基礎

アメリカの美容習慣は日本との違いはありますが、スキンケアを考える場合どちらも保湿が美肌の基本になっています。肌が乾燥するとニキビや老化症状が進む原因になりますので、保湿はどんな肌タイプでも絶対に欠かせないこと。気になるのはどのようにして保湿をしているかという点でしょう。ではアメリカに美容習慣で行う保湿と日本との違いについてみていきたいと思います。

アメリカの保湿方法

アメリカの美容習慣では保湿は油性成分が多いクリームやローションが一般的です。乳液のように伸びがよいものや、ジャーに入った硬めのクリームなど、これらのしっかりした保湿剤を洗顔後にすぐ肌に塗布します。またパックやマスクなどで肌にうるおいを与えるケアも頻繁に行い、定期的なスペシャルケアが保湿のカギを握っています。

日本人の肌には水分補給が大切

日本人の肌は欧米人と比較すると角質層が薄いともいわれていますので、水分が逃げやすい環境があります。アメリカの美容習慣のように洗顔後にクリームだけでは水分が不足してしまうため、化粧水で肌を整えてから油性成分を使って潤いをなかに閉じ込めることが必要です。化粧水の種類がとても多い日本のスキンケア業界、アメリカでローションタイプが多いようにそれぞれの国では肌質や気候などの違いによって使い化粧品も異なるのです。

偽物商品に騙されないこと

アメリカの美容アイテムは日本で人気がブレイクするものもたまに見かけますが、海外の商品を購入する際に注意したいのが偽装品です。とくにネットショッピングで購入するアイテムは実際に商品を手に取って確認しているわけではありませんので、格安な商品だと思わず飛びつきたくなるでしょう。

有名ブランドのコスメの偽装品は数多く流通していますので、アメリカの美容商品を購入したい場合は、日本のデパートや正規販売店のサイトを活用して入手することをオススメします。

パッケージが同じだからという理由では購入できない化粧品。毎日肌につけるものなので安全性を確認したうえで購入することが大切です。偽物は成分配合が違うだけでなく製造コストを安くするために添加物を多く使っていることも。肌がヒリヒリしたり炎症を起こして肌が赤くなるといったトラブルも聞かれますので、信頼できる購入ルートで入手しましょう。

日本で人気があるプチプラコスメ、アメリカにもある安いコスメは、皆さん次のポイントを理解して使っています。

ドラッグストアか100均レベルか

アメリカにもある100均のような安いお店、洗顔料やローションなどが販売されていますが、プチプラを使う時には100均レベルでなくドラッグストアのレベルにすることがよいとされています。ドラッグストアレベルになると肌の安全性を考え信頼できる商品も多いため失敗が少なくなります。

スキンケアでなくカラーアイテムを買う

化粧水やローションなどの肌につける面積が多いものはそれだけリスクが高くなります。アメリカのプチプラコスメは100均のような安いお店ではアイシャドーやアイライナーなどのカラーアイテムを買い、基礎化粧品は避けている方が多いようです。

肌チェックをして毎日使えるかどうか確認しよう

アメリカの美容習慣を考えると日本との違いはありますが、上手に選べば毎日のスキンケアが楽しくなるアイテムは色々あります。失敗しないためには必ず使う前に肌チェックをして異常がないか確認すること。できれば肌テストは72時間ぐらい時間をかけて確認することがオススメです。

アルコール成分や人工香料などが多く含まれたアメリカの化粧品、一見使い心地が良さそうに見えるものもあります。しかし肌トラブルになってしまったら、元の状態に回復するまでにさらにお金も時間もかかってしまうでしょう。アメリカの化粧品だけに限らず海外の化粧品を使う際は必ず肌に合うことを確認して使用してください。日本人にも使いやすいアメリカの美容グッズは次のようなものがありますので、ぜひ参考にしてください。

ボディケア

ボディローションは保湿効果も高くオーガニック商品も色々あります。ハーブの香りなど自然の癒し効果も高く顔につける基礎化粧品よりは日本人の肌にもあいやすいものが多く存在します。

コスメグッズを買う

アメリカの美容グッズで日本との違いはファンデーションをつける時のパフ。日本では専用のパフを使ってつけることが一般的ですがアメリカではブラシ派の人が多い傾向があります。そのため日本人でも使えるアイテムとしてオススメなのはブラシ系のコスメ小物。これなら肌質に関係なく利用できますし、ブラシのサイズや毛の硬さなどは豊富に種類があるので、海外旅行のお土産としても喜ばれるでしょう。

まとめ

  • アメリカの美容アイテムは刺激の強いアルコール成分などが使われていることも多い。
  • アメリカのスキンケアはシンプルで、化粧水ではなくトナーが好まれる。
  • 皮膚の薄い日本人は化粧水が欠かせないのに対し、アメリカではクリームやローションが一般的。
  • 輸入コスメは偽物に注意!正規代理店から購入するのがおすすめ。
  • 海外コスメは肌に合うものを選ぶことが大切。ボディケアやブラシ系のコスメ小物は利用しやすい。

 

アメリカの美容習慣は日本との違いを理解して、日本人の肌に合うようなものをプラスすることが大切ですね。気になる海外ブランドのコスメは肌チェックをして、上手に使いこなしましょう。

この記事も読まれています