スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

肌のハリ回復!アメリカ美容界で定番のコラーゲンが多い食べ物

肌の老化を遅らせる方法をお探しの方、アメリカの美容で注目の食べ物には肌のハリを回復する美容効果の高いアイテムが色々あります。年齢とともにはじまる肌のたるみは、ほうれい線やシワ、ハリ不足など老けて見える原因になります。

コラーゲンは人間の体に存在するタンパク質のひとつで、全体の30%がコラーゲンであるといわれています。体の健康のためにも欠かせないコラーゲンですが、女性のみなさんにとっては肌のハリや若さを保つ成分としてお馴染みでしょう。

皮膚以外にも髪や爪にもコラーゲンがあり体には16種類ほどの異なるものが存在しています。しかし残念なことに20代後半になるとコラーゲンの生成量は徐々に減り始め、同時に肌の衰えも現れてきます。そんな背景があることを理解して、これからは食べ物からコラーゲンを摂取する美容方法をはじめてみませんか。アメリカの美容界で定番の食べ物、コラーゲンがしっかり摂取できるアイテムをご紹介します。

とんこつや鶏ガラスープでプルプルの肌を作ろう

骨を出汁にして作るスープは胃腸で消化吸収されやすくしかもコラーゲンを体内ですぐに使用できるメリットがあります。コラーゲンにはタイプⅠやⅡなどがありますが、これらのコラーゲンは関節や骨、靭帯などに多く集まっています。とんこつや鶏ガラで作るスープにはこれらのコラーゲンがしっかり溶け出して、皮膚の輝きを改善するメリットになるでしょう。

コラーゲンのサプリメントを摂取するぐらいの効果が期待できるともいわれていますので、骨を長時間煮込みスープの作り置きしておくこともオススメ。なかでも牛骨は美容効果がとても高いといわれていますので、肌の健康を維持するためにも料理でどんどん活用してください。

天然の鮭は抗酸化作用でアンチエイジングに最適

アメリカの美容界は食べ物から美肌に積極的にアプローチしています。ハリウッドセレブが食事に気を使うのはダイエットだけでなく美容面も考えるため。コラーゲン摂取によい食べ物として人気がある天然鮭はコラーゲン合成に必要なタンパク質を活性化する働きがあります。また皮膚細胞を作るために欠かせないオメガ3脂肪酸、赤の成分アスタキサンチンは抗酸化成分としてアンチエイジングにもよいでしょう。

魚の脂肪分は血液をサラサラにし、さらに肌の潤いを与える効果もあります。オメガ3脂肪酸は人間の体では産出できないため食事から摂取が必要。天然鮭がない場合はマグロやサバ、オーガニックの卵、ラム肉などからもオメガ3脂肪酸が摂取できます。

レチノールの天然バージョンのクロレラで栄養補給しよう

レチノールはアンチエイジング化粧品でおなじみの美容成分、しかし肌に刺激を与えることもあり使用には注意が必要です。このレチノールの天然バージョンともいわれる食べ物がクロレラ。名前を聞いたことがあるけどどんな効果があるか知らない人は多いでしょう。

栄養バランスが良い植物のクロレラは淡水にすむ植物性のプランクトン。緑藻類の一つで生命力がありミネラルやビタミン、食物繊維、炭水化物、アミノ酸など、60%が良質なタンパク質で作れています。

30億年以上も生き続けるクロレラはアンチエイジングにとても効果を発揮する食べ物としてアメリカの美容界でも人気。コラーゲンのレベルを高める効果があり肌のハリ回復として活用されています。クロレラは粉末状や錠剤で市販されていますのでコラーゲン補給として食生活にプラスしてみましょう。

葉野菜をたっぷり食べてコラーゲンを増やそう

アメリカの美容習慣は食べ物がとても重要な役割をしています。とくに肉食がメインになる食文化があるアメリカでは野菜不足は深刻な問題に。美容を意識するハリウッドセレブやモデルなどは必ず葉野菜を食生活に入れています。

ケール、ブロッコリー、ホウレン草など、緑色の葉野菜には色素の元になるクロロフィルを多く含み、皮膚のコラーゲンを活性化する働きがあります。また若い年齢からの老化を進める活性酸素に強くなる抗酸化力が増加することもわかっていますので、肌のハリ不足などを感じ始めたらコラーゲン摂取として葉野菜の摂取を積極的に増やしましょう。

野菜の酵素や食物繊維は美容効果がありますし、体のなかから美肌に働きかけるメリットも忘れてはいけません。食事から摂取するのが難しい時は美容ドリンクや野菜ジュースなどを選ぶ方法も考えてください。

果物を食べてコラーゲン生成を助けよう

果物は美肌にとてもイメージがあり、ダイエット中の方も安心して選べる食べ物です。アメリカの美容界で人気の食べ物として果物は常に定番、美容家たちはスムージーやジュースなどで毎日たっぷりビタミン類を摂取しています。

ビタミンCはコラーゲンを形成するアミノ酸のひとつ「プロリン」を助けコラーゲンを生成する前の栄養として欠かせません。また果物に含まれるビタミンは抗酸化作用があり、活性酸素によるコラーゲンの破壊や皮膚内部に与えるダメージを軽減してくれます。

さらに水道水や加工食品に含まれる体に毒素になる成分から細胞を保護する役目もありますので、今の時代はとくにビタミンCが健康にも欠かせない栄養素といえるでしょう。コラーゲンを増やすためにはレモン、オレンジ、ライム、グレープフルーツなどの柑橘系をどんどん食べてください。

卵で良質なタンパク質を摂取しよう

卵は健康食材のひとつで、良質なタンパク質の供給源になります。美肌を維持するためには角質層内に含まれる天然保湿因子がとても重要な役割を持ち、この天然保湿因子はアミノ酸と関連する成分から作られています。美肌ケアのためには常にアミノ酸を補給することがポイント、コラーゲン層がしっかりした肌は健康的にいつまでも若さが維持できます。

コラーゲンの主原料となるプロリンは細胞に運ばれてコラーゲンに合成されます。しかし年齢とともに減少するコラーゲンの生成量は卵を毎日食べることでアミノ酸の補充になり、コラーゲンの合成をサポートできるのです。若々しい肌を作るためにはアメリカの美容習慣のように食べ物からアプローチすることが大切。朝食抜きで一日をスタートする人はこれからスクランブルエッグなどで美肌を意識した健康生活をスタートしませんか。

コラーゲン分解速度を遅らせるカボチャの種

日本ではあまり馴染みがないかカボチャの種、料理するときはほとんどの場合捨ててしまう部分ですがとても美肌効果が高く、とくにアンチエイジングには最適な栄養バランスが特徴です。カボチャの種はコラーゲン合成に必要な亜鉛を多く含む食べ物、亜鉛はコラーゲンの分解速度を遅らせるため、アンチエイジングに最適な食べ物といわれています。

またカボチャの種は傷の治りを早める作用がありますので、皮膚の健康にもメリット。細胞膜を強化すると摩擦や外部の刺激から肌を守る効果にもつながるでしょう。カボチャの種は綺麗に取り出した後水洗いして、天日干しで数日間乾燥させてください。もしくは低温のオーブンでゆっくりローストするか、フライパンで煎っておつまみにしてもよいでしょう。

スーパーフードのチアシードは美肌にも欠かせない食べ物

アメリカの美容界で人気の食べ物のひとつ、「チアシード」はスーパーフードとして日本でもブームを呼んでいます。チアシードには抗酸化作用が高いセレンという物質が含まれ体内の活性酸素を抑制する働きがあります。そのため加齢により生成が衰えてしまうコラーゲンの働きを助け、肌のハリ回復やシワ予防にもなるのです。

またタンパク質を多くふくチアシードは筋肉の発達をサポートしてくれますので、年齢とともに衰える表情筋を活性化してさらに肌のハリをアップしてくれるでしょう。筋肉量が増えると新陳代謝がアップしてダイエットにもメリット。いくつになってもすっきりした体型と若々しい肌を維持するためにはチアシードを積極的に食生活にプラスしてください。

チアシードは水に浸してから食べることが基本、朝食のヨーグルトに入れたりスムージーや野菜ジュースに入れて飲むこともオススメです。

美肌食の定番アボカドでコラーゲンを増やそう

アメリカの美容習慣では食べ物を使うスキンケアが人気があり、定番となっているアイテムがアボカドです。食べてもよし、肌につけてもよしのマルチなアボカドにはコラーゲン生成を活性化するビタミンBが豊富に含まれていることが特徴。ビタミンCと同様の働きで肌のハリを回復する効果が期待できます。

また抗酸化作用が高いビタミンEを多く含むため、コラーゲンの分解を防ぎ皮膚細胞の健康状態を維持する働きも。ある研究ではアボカドオイルで飼育したネズミの研究では可溶性コラーゲンがとても増えたという結果も出ています。アボカドは血液をサラサラにするため、肌の老廃物が排出されやすくなり輝きアップやトーンを明るくする効果もあります。女性に人気があるアボカド、サラダやスムージーなどで習慣的に摂取したい美肌の食べ物です。

ニンニクでコラーゲン効果をアップしよう

コラーゲンが不足すると肌の弾力が減るだけでなく肌の潤いがなくなり乾燥肌に変わってしまうこともあります。加齢とともに肌が荒れやすい、カサカサになるというのはコラーゲン不足が原因かもしれません。ニンニクは「S=S結合」というコラーゲンが持つ分子構造を持つ唯一の植物。コラーゲンを含むものを食べる時にニンニクを一緒に摂取するとさらにコラーゲンの効果が発揮しやすくなります。

肝臓の解毒機能を活性化し強化するため、細胞の若返りにも大変メリット。ニンニクの臭いが心配な時は無臭のサプリメントを摂取することもオススメです。

まとめ

  • とんこつや鶏ガラスープは消化吸収されやすいのがメリット。牛コツは特に美肌効果が高いと言われている。
  • 天然鮭には抗酸化成分アスタキサンチンが含まれ、アンチエイジングにもよい。
  • 生命力のあるクロレラはアンチエイジングによい食べ物としてアメリカ美容界で人気がある。
  • ハリウッドのセレブやモデルなどは、緑色の葉野菜を必ず食事に取り入れている。
  • コラーゲンを増やすためには、柑橘系のフルーツがおすすめ。スムージーやジュースなどでたっぷり摂取しよう。
  • 毎日卵を食べて常にアミノ酸を補給することは、若さキープの重要なポイント。
  • カボチャの種にはコラーゲン合成に必要な亜鉛が含まれている。捨てずに活用しよう。
  • チアシードは肌のハリ回復に効果的なスーパーフード。ヨーグルトやスムージーに入れるのもおすすめ。
  • アボカドは食べて良し、肌につけても良しのマルチフード。サラダ、スムージーなどで積極的に摂取したい。
  • コラーゲンを含む食べ物とニンニクを一緒に食べると、効果が発揮しやすくなる。

 

アメリカの美容習慣は食べ物をあらゆる角度から活用していますね。コラーゲンは食べ物から摂取するのが難しい成分ともいわれていますので、毎日コツコツ意識しながら、化粧品から肌に補給することも続けたいですね。

この記事も読まれています