スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

シミができやすい人に共通すること・あなたは大丈夫?

シミができやすい人とできにくい人にはどんな違いがあるかご存知ですか。シミは女性ホルモンの影響で男性よりも女性のほうが圧倒的に多くできるといわれていますが、年齢を重ねるごとにシミの数が増えコンシーラーで毎回カバーするのはとても手間に感じます。シミは肌が汚れて見えるだけでなく、見た目年齢にも影響するため肌を若返らせるにはまずシミ対策は欠かせないポイントになるでしょう。

しかしすでにできたシミは美白化粧品を使っても一晩で簡単に消せるものではありません。アンチエイジングのスキンケアで重要なことは症状を改善するよりも、普段からの予防対策。シミも同様にできてから対処するよりもできないように心がけることが必要なのです。そこで早速ですがシミができやすい人の特徴を知り、アンチエイジングを上手に続けるポイントを見ていきたいと思います。

冷え性で血流が悪い人は要注意

シミができやすい人は紫外線を浴びるだけが原因ではありません。肌のトラブルを本気で解消するためには体の内側にも意識した美肌ケアが大切。シミができやすい人に共通するのが冷え性タイプで、体内の血液の循環は肌の外側にもあらゆる影響を与えています。シミは一見肌の表面に見えるトラブルのように思いますが、体の内側に主な原因があることが多く、血の巡りがシミを招く原因と考えられています。

冷え性は血液の巡りが悪く、体の隅々まで血液が届かないために起こる症状。体内の血液は各部位に安定した栄養補給する大切な役目を持ち、細胞の生まれ変わりをサポートしています。冷え性の人はこのため肌のターンオーバーが不安定で、本来ならばできたシミは肌表面に押し上げて古い角質から新しい角質へ生まれ変わっていきますが、その働きが悪いため沈着してしまうのです。

とくに頭部や顔は体の先端部分になり血液が流れにくい特徴がありますので、冷え性はとくに気を付けないとシミができやすい人になってしまうでしょう。では冷え性を改善してシミ予防をするいくつかの方法、以下を参考にしてください。

お風呂に入る

シャワーでなく湯舟にしっかり体をつけて温めてください。入浴すると全身の血行が良くなり肌のターンオーバーも活性化されます。

漢方薬を使う

漢方は血液の流れを改善するものが多く冷え性対策によい「桂枝茯苓丸」などがオススメです。

紫外線対策をせずに屋外に出るのは危険

シミの直接的な原因となる紫外線を多く浴びる人はシミができやすい人。出かけるときに日焼け止めクリームやUVカットの化粧品を使わないと紫外線をそのまま浴びてしまい、活性酸素が発生します。活性酸素は肌細胞を酸化させるだけでなくコラーゲンを破壊して肌のハリがなくなりシワを増やすことも。またメラニン色素が活発になりますので肌のくすみやそばかす、シミの原因になります。

紫外線は屋外だけでなく窓際で太陽光をたっぷり浴びてしまう人も注意が必要。また夏だけの日焼け止めなど季節に関わらず年間を通して紫外線対策をしないといけません。シミを作らない紫外線対策のポイント、次の点を意識して毎日の生活を過ごしてください。

日焼け止めを使う

日焼け止めは種類が多く最近ではべたつきが少ないさらっとした使いやすいローションタイプも人気。女性はファンデーションのUVカット機能があるタイプを使うなど、必ず紫外線対策をする習慣をはじめてください。

美白化粧品を使う

紫外線を完全にブロックすることは難しいのですが、毎日のダメージから回復するためには美白化粧品を使うことも方法のひとつ。すでにできたシミを消す働きがあるハイドロキノンや、予防効果が高いトラネキサム酸などの美容成分が配合されたものを選びましょう。

刺激の強い化粧品をずっと使い続けるとバリア機能が低下

肌のためによいと思って毎日使っている化粧品。場合によっては肌に刺激を与えバリア機能が低下している可能性があります。肌のバリア機能はとても薄く外部の刺激から肌を守る働きがありますが、些細なことでバリア機能が破壊されやすい特徴もあります。刺激の強い化粧品はその原因になることのひとつで、ヒリヒリする化粧品や肌荒れするタイプはバリア機能を弱め、紫外線のダメージを受けやすくしています。

さらに肌に違和感を与えない少量の人工香料などの添加物も長い間使い続けていると肌に刺激を与え、シミの原因になることもあります。シミ予防をするためにはバリア機能を強化して丈夫な肌作りをスタートしましょう。そのためにはじめたい次のポイントをぜひ参考にしてください。

ごしごし洗顔をしない

洗顔時の摩擦はバリア機能を破壊する原因になりますので、洗顔するときは必ず泡をたっぷり作り摩擦しないように心がけてください。

無添加化粧品を使う

バリア機能をサポートするためにはデリケートなスキンケアが大切です。添加物を使用しないオーガニック化粧品や敏感肌用の低刺激タイプを使うことをオススメします。

保湿ケアをしよう

バリア機能を維持するためには肌の潤いが必要不可欠。化粧水で水分を補給した後は必ず乳液やクリームなどの油成分を使い肌に膜をはっておきましょう。

運動不足の人は肌の栄養不足になることもあり

シミができやすい人に共通するのが運動不足になるライフスタイルを送っていることです。運動は体内の血行を活発にして肌に必要な栄養を届けるだけでなく、リンパの流れを循環にして体内の老廃物を排出しやすいように機能しています。運動不足になると肌の老廃物が蓄積されやすいため、シミだけでなくニキビや老化も進みやすい環境になるでしょう。

また運動不足で血液の流れが悪いと肌の栄養不足や酸素不足になり、肌の透明感が失われ元気がない肌質になることも。加齢とともに増加するシミは作らないように予防することが大切ですが、運動習慣はできる範囲で毎日続けることが大切です。あまりプレッシャーをかけてしまうとストレスになりさらに肌荒れを起こすこともありますので、美肌のためには次のポイントを意識して運動をプラスしていきましょう。

お風呂のなかでマッサージ

下半身はポンプの役目をしているので運動やマッサージで血流を活発にすることが美肌にもメリットになります。特にふくらはぎはリンパの流れも滞りやすいため、入浴中に下から上に向かってマッサージしてください。

10分間のストレッチをしよう

ジョギングや水泳などの有酸素運動は発汗機能を活発にして肌のデトックスにもメリットがありますが、きつい運動をたまにするよりも毎日10分間のストレッチでも美肌には効果があります。寝る前のヨガやストレッチを効率的に取り入れてみましょう。

ホルモンバランスが崩れるストレスが多い人

シミはスキンケアよりも体質が影響するという人もいるほど。シミができやすい人に共通するのは女性ホルモンのバランスが悪いことも原因になっています。シミは肌を守るためにメラニンが過剰に作られてしまうことが原因。遺伝子の構造上で肌の色が白いほうがシミができやすいともいわれていますが、肌を守る働きは弱い人ほど活発になります。

女性ホルモンは年齢とともに分泌量が減り皮脂腺の働きが低下、ターンオーバーの乱れなどの症状を招いています。ホルモンバランスは年齢だけでなく普段の生活リズムも影響していますので睡眠不足やストレスなども注意が必要です。とくにストレスは目に見えない間に肌の老化を進める要因になりますので、イライラしやすい人や生理前などはシミ対策をしっかり行いましょう。では美肌にメリットを与えるストレス改善方法について以下のポイントを参考にしてください。

瞑想をしよう

瞑想は普段のストレスから解放される貴重な時間です。ゆっくり呼吸だけを意識して副交感神経を優位にするとリラックス効果が高くなり肌にかかるストレスも軽減します。

マッサージなど気持よいスキンケアをする

シミ対策に良いあらゆるスキンケア方法があります。ストレスが多い人はスキンケアの時間を癒しの時間にシフトして、マッサージやシートマスクなどを使いゆっくりお肌のお手入れをしましょう。

たばこを吸う人はシミができやすいので注意

シミができやすい人の多くにたばこを吸う習慣があることがわかっています。アメリカの研究によると双子を対象にした調査でたばこを吸う人のほうがシワやシミが多く肌の老化が進行しているという結果が出ています。このようにたばこは健康に悪いだけでなく肌にもデメリットばかり。たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させて栄養が届かなくなる恐れがある物質なのです。

さらにたばこを吸う人はビタミンCが破壊されやすく、メラニン色素が活発になる傾向がありますので喫煙する人のほうがシミが多くできる肌環境が整っているのです。喫煙者本人だけでなく受動喫煙する人もシワができやすくなりますので、できるだけたばこの煙から離れた生活がシミ予防にもメリットになります。

禁煙はすぐにはできないことですが、本数を減らす、またはビタミンCのサプリメントを摂取するなど肌にかかる負担を減らす努力をしてください。たばこを吸うと次のような肌トラブルが起こりやすくなるといわれていますので、禁煙は美肌のためにも考えるべきことなのです。

  • ほうれい線が深くなる
  • 唇のしわが多くできやすい
  • まぶたのハリがなくなる
  • 頬の皮膚がたるみ毛穴が目立つ
  • クマができやすい
  • くすみが目立つようになる

まとめ

  • 冷え性で血流が悪い人は、肌のターンオーバーが不安定なためシミになりやすい。
  • 紫外線対策をしないで外に出ると、シミだけでなくシワも増えやすくなるため注意が必要。
  • 刺激の強い化粧品や人工香料などの添加物は肌のバリア機能を低下させ、シミができやすくなる。
  • 運動不足になると肌に老廃物が蓄積されやすく、老化が進みやすい。
  • ストレスがたまるとホルモンがランスが崩れ、肌老化が進む原因となる。
  • 喫煙は健康はもちろん肌にもデメリットが多い。肌にかかる負担を減らす努力が必要。

 

シミができやすい人の特徴は誰にでも可能性がある落とし穴がありますので、普段の生活を見直してシミを元からストップすることが大切ですね。スキンケアの効果を引き出すためにも健康的な生活を続け肌に良い栄養摂取なども心がけましょう。

この記事も読まれています

  • シミ対策は予防が大切!30代から注意したい5つのこと

    シミ対策はできたシミを消すよりも予防に重点を置いて効率的なケアをすることが大切です。シミはあらゆる要因がありますが加齢によるものはどうしても避けられません。ほかにも日焼けや生活習慣などシミの原因はあち …

  • ハイドロキノンで美白ケア!特徴を理解して効果を早める方法

    ハイドロキノンは長い間、顔やボディのシミ対策などの美白ケアとして使われている美白成分。ほかにもあらゆる美白成分がありますが、ハイドロキノンは安全で効果がでやすい魅力があります。 しかし長く使っているけ …

  • 紫外線対策のプロになろう!日焼け止めの7つのコツ

    毎朝使う歯磨き粉は使う量や使い方で効果が発揮できないことがありますが、紫外線対策も歯磨き粉と同様に日焼け止めの使い方で予防効果が大きく変わってしまいます。歯磨き粉の間違った使用方法のために虫歯や歯茎の …

  • シミを消す効果がある6つのアイテムを使う美肌方法

    年齢を重ねると数が増え色もどんどん濃くなるシミ。消すには美白化粧品でスキンケアをすることが一般的な方法ですが、肌に合わない場合やもっと化粧品の効果を実感したいと感じることもあるでしょう。シミは何年もか …

  • シミを消したい時はどうする?効果が実感できる様々な手段

    シミを消したいと思っても一晩で完全に消える方法はありません。シミやそばかすは肌の色を不均等に見せるだけでなく年齢を感じさせるトラブルのひとつ。長年シミを消したいと考えている方は美白化粧品を使って色々と …