スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

30代で敏感肌?肌の変わり方とスキンケアのコツについて

30代で敏感肌になった、スキンケアをどう変えたらいいのかなど、この年代では今までにない肌の悩みを抱える人が増えてきます。全く気にならない人もいれば、深刻な肌トラブルでスキンケアを完全に見直しまったく新しい肌のレベルに突入しないといけないことも。

30代は敏感肌や老化症状など個人により差はありますが、肌が徐々に変化していくのは事実。20代のように無茶をしても回復できたのは昔のこと。体の疲労のように肌にも年齢の差がどんどん現れるようになります。

もし30代になってから敏感肌になったという場合は、スキンケアの見直しが欠かせません。どのようなお手入れをするべきなのか、30代の肌の変化に合わせて敏感肌のスキンケアのコツについてみていきましょう。

肌の輝きがなくくすみが目立つようになる

肌のターンオーバーは早い人で20代後半から周期が乱れ始めます。30代になるとターンオーバーは28日~35日と少しずつ幅がではじめ、子供のように14日ごとに肌細胞が生まれ変わるようなスピードがもうありません。ということは死滅した肌の角質細胞が表面に多く残り、肌のツヤをブロックしてしまうのです。

ツヤがなくなると肌全体的にくすみが目立つようになり、肌のトーンが以前よりも黒く見えたり汚く見えることもあるでしょう。肌のターンオーバーの乱れは見た目だけでなく、古い角質層が毛穴を詰まらせて化粧品の成分が染み込まないことも。敏感肌には決してよい環境ではありませんので、次のスキンケアのコツに早速トライしてみましょう。

解決策

皮膚表面に残りやすい古い角質層をはがすためには自然な肌の働きを回復すると同時に、スキンケアからのアプローチも必要です。古い角質層の下には新しい角質層が待機していますので、肌に優しいスクラブを使い古い角質層を落としましょう

敏感肌は刺激に弱いためスクラブをするときは週に1回を目安にしてください。肌に傷が残るような硬いスクラブでなくビーズのようなデリケートなスクラブ石鹸やマッサージクリームなどが良いでしょう。肌が慣れてきたら回数を増やして定期的な角質ケアを行ってください。

30代で急に肌が乾燥してスキンケアが難しくなる

30代で敏感肌になる方、もしくは敏感肌がさらに30代以降に悪化するなど、この年代は肌の水分不足による乾燥が肌をデリケートにしてしまいます。この原因はターンオーバーの低下で、肌の水分保持力が徐々に不安定になるためです。古い角質層が残っていると肌のくすみ原因になるだけでなく、表面の乾燥が激しくなり角質層の奥から水分を吸収してしまうことも。

また乾燥する原因はヒアルロン酸の生成量が減少してしまうこともあり、外側、内側から潤いが少なくなりはじめます。敏感肌と乾燥肌に共通することは水分量が少ないこと。30代以降の敏感肌スキンケアは肌に刺激を与えないで乾燥対策をすることが大切なカギとなるでしょう。

解決策

AHA(フルーツ酸)を配合した保湿クリームを使いましょう。すでにスクラブなどで定期的な角質ケアをしている方はどちらかのスキンケアだけに選択してください。AHAはサトウキビやフルーツなどから抽出される酸のことでクエン酸やリンゴ酸、グリコール酸などが有名です。フルーツに多く含まれるためフルーツ酸と呼ばれることもあるAHAは、角質層を柔軟にして除去する働きがありますので化粧品でも多く使用されています。

主にピーリング剤として使われることが多いのですが、敏感肌はAHAだけでは刺激になりますので、必ず保湿成分と一緒に使用してください。古い角質層を取り除き肌のごわつきをなくしすべすべでしっとりした肌にメリットになります。

20代のような肌のハリがなくなる

30代の敏感肌で気になる症状のひとつが肌のハリ不足。弾力が減りはじめる30代は同時に外部の刺激に弱くなり年齢とともに敏感肌も増えていきます。それはコラーゲンやエラスチンなどのハリ成分が破壊されやすくなるためで、水分をため込む働きがあるヒアルロン酸も同時に減り始めています。

おでこのシワ、目尻にできる小ジワ、目の下のクマ、そして30代にとっては未経験だったほうれい線も薄く見えはじめてくるでしょう。女性ホルモンの分泌量が軽減することも肌の変化に関係を与えています。エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは頬骨やアゴのラインのハリ不足を招くため、皮膚だけでなく顔全体もボリュームダウンしたように見えはじめます。

解決策

紫外線対策をしっかりはじめましょう。30代の敏感肌のスキンケアでは外部の刺激から肌を守り潤いを維持することが大切です。アンチエイジング化粧品にシフトする方が増える30代、しかしこれだけでは紫外線のブロックはできません。必ず下地や保湿クリームで日焼け対策を毎日すること。そして30代になったらそろそろアンチエイジング成分のレチノールも検討してください。

レチノールはビタミンAの種類のひとつで、シワ予防やシミ、肌のまだらなトーンを防止する働きがあります。またコラーゲン生成を促進するため、肌力を強化してハリや潤い回復になるでしょう。レチノール入りのシワ対策クリームやナイトクリームもスキンケアのアイテムにプラスしてください。

大人ニキビの悩みがまだ終わらない年代

30代になればやっとニキビの悩みから解放されると思っている方は多いでしょう。ドラッグストアでアクネ用の薬を買ったり化粧品を買う辛い日々ももう終わり。しかし30代の敏感肌には残念ながら大人ニキビのトラブルはまだ続いています。30代になると皮脂が原因によるニキビではなくホルモンバランスの不調による大人ニキビが増え、妊娠や出産、授乳といったことも肌の皮脂バランスが乱れる原因になっています。

30代のニキビは思春期と同じケアでは改善できませんので、短期的に治すこともよりも肌質を改善してニキビ予防から始めることが大切です。ニキビができるたびに化粧品を変えたり刺激の強いアルコール入り化粧水を使うことはさらに状態を悪化させる原因になります。

解決策

スキンケアにひとつだけニキビ対策を増やしてください。30代の敏感肌スキンケアは肌の乾燥を防ぐことがニキビ対策にメリット。抗炎症作用がある化粧水や保湿クリームなどを毎日使い、皮脂コントロールをしましょう。

色々な化粧品を使うよりも、肌にあうニキビケアをたったひとつだけ長期間使い続けることが大人ニキビ対策のコツです。敏感肌は新しい化粧品に馴染むまで時間がかかりますので、使用感が優しくしっとり感が続く大人ニキビ化粧品をひとつだけプラスしてみましょう。

些細なことで肌が過剰に反応する

敏感肌は30代になるとさらに肌の水分不足が目立ち、季節によっても肌の状態が変わりやすくなります。いままで使ってきた洗顔石鹸がいきなり肌をヒリヒリさせたり化粧水に刺激を感じることも増えるでしょう。20代のように配合成分を気にせず化粧品を買うのは30代になったらまず避けたいことのひとつ。肌のバリア機能が低下してあらゆる刺激を受けやすくなる30代の肌は、できるだけ炎症を起こさないスキンケアと予防策を一緒にはじめてください。

解決策

洗顔石鹸を低刺激なタイプに変えましょう。通常の石鹸はアルカリ性が多く肌のPHバランスを崩してしまいます。肌環境に一番良いのは弱酸性、無添加洗顔石鹸などで肌に優しく使えるものに変えること。また洗顔するときは摩擦せずぬるま湯を使って優しく洗う習慣を始めてください。化粧品を選ぶ際は刺激になる香料や保存料に注意して、必ずパッチテストやトライアル化粧品を使ってから判断しましょう。

頬など肌の赤みが目立ちはじめる

ロザケアという皮膚の赤みなどを招く症状は30代になるととても多く、常に頬が赤くなったり赤いブツブツや毛細血管が肌から透けてみえるような不快な症状があります。このような皮膚疾患が増える30代、刺激に弱い敏感肌タイプはロザケアのような症状へと悪化する可能性もあります。頬の赤みはホルモンの変化やストレス、気候やスパイシーな食べ物などが影響することも

また敏感肌でない場合もあらゆる化粧品から刺激を受けて肌の赤みを招く場合もありますので、30代以降はどんな肌タイプでも敏感肌になる可能性を理解して、スキンケアを見直しましょう。コーヒーを毎日飲む習慣ですらカフェインにより肌の抗炎症作用が低下する場合もありますので、体の内側と外側で肌に良いことをする習慣が大切です。

解決策

頬の赤みが続く場合はスキンケアの手順を見直してください。クレンジングや洗顔の摩擦を減らすこと、化粧水とクリームだけで保湿するなど、色々なものを肌につけず基本的なスキンケアを意識してください。ヒリヒリするほど頬の赤みが長期間続く場合は、皮膚科に相談することも大切。年齢とともに肌の抵抗力が弱くなるので、今までになかったあらゆる症状を体験する年代になります。

シミがいつのまにか増えている

シミのようなダークスポット、若い時はいつのまに消えていることがありましたが、30代になると皮膚上で起こる色素沈着はしっかりシミとして定着してしまいます。いつのまにか増えていえる顔のシミ、長年浴びてきた紫外線によることが主な理由です。また同時にニキビ跡の治りが遅くなりそのまま肌に凹凸が残ってしまうことや、ニキビ跡が色素沈着を起こして変色することもあるでしょう。ホルモン変化とともに肌のメラニン色素の働きが不安定になるため、紫外線から肌を守ることは必ず実行すべきポイントになります。

解決策

美白化粧品をスキンケアにプラスしましょう。ハイドロキノンはシミを薄くする美白成分として50年以上も美容業界で使用されています。ドラッグストアで買える化粧品から始まり、皮膚科医で処方してもらうものなど種類は様々。美白化粧品でシミケアをして2か月以上たっても薄くならない場合は、美白成分を強くするなど化粧品を見直すことも大切です。

トレチノインもシミを薄くする成分としてオススメのひとつ。敏感肌の場合は美白成分が刺激になることもありますので、化粧品を選ぶ時は慎重に72時間のパッチテストをして確認してください。敏感肌は紫外線のダメージを受けやすいことが特徴なので、ブロックすることと美白を上手に取り入れていきましょう。

まとめ

  • 30代で目立ち始める肌のくすみは、古い角質層が原因。肌に優しいスクラブで落とすのが効果的。
  • 角質層を柔軟にして除去するには、AHAを配合した保湿クリームを使うのもよい。
  • ハリ不足はコラーゲンやエラスチンなどが破壊されやすくなることが原因。紫外線対策に加え、レチノール入りの基礎化粧品の使用を検討しよう。
  • ホルモンバランスの不調による大人ニキビが増える30代。肌の乾燥を防ぐことがニキビ対策にメリット。
  • バリア機能が低下する30代の肌はあらゆる刺激を受けやすくなる。洗顔料は低刺激のものを選び、化粧品は必ずお試ししてから使うことが大切。
  • 30代以降はどんな肌タイプも敏感肌になる可能性がある。スキンケアや生活習慣の見直しが必要。
  • 30代以降は皮膚上で起こる色素沈着はシミとして定着しやすい。ハイドロキノンやトレチノインなど美白成分を配合した化粧品をスキンケアにプラスすることがおすすめ。

 

30代の敏感肌のスキンケアは肌の老化を感じる年代で、ショックを受けることも色々ありますよね。肌質改善だけでなくアンチエイジングをスタートして健康的な肌で素敵に年齢を重ねていきましょう。

この記事も読まれています