スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

40代の敏感肌はホルモンのバランスを整えながらスキンケア!

40代は出産後から続く抜け毛は薄毛、そしてシワやたるみなど肌の老化もどんどん加速していきます。40代の敏感肌トラブルはとても多く年齢とともに減少するホルモン分泌量が関係すると考えられています。そのため40代からはスキンケアのアプローチアイデアとしてホルモンバランスを整えることも考えてみましょう。

化粧品だけでは追い付かない肌環境の変化、それは年齢とともに起こる肌機能の低下や根本となるホルモンの働きが関係しています。ホルモンは細胞の生成や抗炎症作用、細胞の修復を助けることなど、あらゆることに影響を与えるもの。敏感肌を改善するためにもホルモンから働きかけることは若い肌作りにメリットになります。

40代はインスリンの増加に注意しよう

40代の敏感肌はホルモンバランスが不安定になることも関係しています。乾燥やシワ、たるみなどが気になるこの年代、まず注意したいのがインスリン。人間の体は食べ物で血糖値が上がり、膵臓が感知してインスリンというホルモンを分泌してコントロールする仕組みがあります。

体本来の機能は生きていくために欠かせないことですが、注意したいのは急激に血糖値が上がりインスリンが多く分泌されてしまうこと。すると肌細胞の糖化が進み皮脂腺のバランスが悪くなることや老化スピードが早まってしまうのです。

インスリンを安定させて敏感肌を整えるためには食生活で糖質を抑制することが解決策。炭水化物、甘いお菓子などを控えて野菜類を増やした健康的な食生活を維持してください。3、4時間おきに質の高いタンパク質やオリーブオイルなどの健康的な資質を摂取するとインスリンが安定するともいわれていますので、バランスよい食生活は肌の乾燥予防にもなります。

コルチゾールを抑える生活習慣を意識しよう

40代は敏感肌も脂性肌も老化症状が気になり、スキンケアでストレスを感じることも多くなるでしょう。ストレスは健康に害を与える以外にも肌の働きを乱す原因になります。とくに肌細胞の老化を進める働きが研究でもわかっているため、普段の生活習慣から注意しましょう。

コルチゾールというホルモンはストレスを感じた時に発生するもので、コラーゲンの減少を招きます。肌の潤いやハリを作るコラーゲンが減ってしまうとさらに40代の敏感肌や老化につながっていきます。

コルチゾールを抑えるサプリメントもありますが、一番体に安心なのはストレスを減らすこと。40代は子育てや仕事などでイライラすることもあると思いますので、趣味の時間や好きなことを楽しんだりゆっくり入浴するなど、リラックス時間を積極的に取り入れてください。

エストロゲンを増やすものを食べよう

女性ホルモンのエストロゲンは年齢とともに分泌量が減り、50代になると更年期障害で辛い時期を過ごす方も少なくありません。敏感肌や乾燥肌はエストロゲンの減少が要因になり、皮脂腺の働きが鈍くなることやコラーゲンやヒアルロン酸の量が減ってしまうことが考えられます。年齢だけでなく睡眠不足や不規則な生活、ストレス、食生活の乱れもエストロゲンを不安定にする原因になっています。

40代のはじめにはあまり気が付かない方もいると思いますが、確実に女性ホルモンは加齢とともに減少していきます。エストロゲンが減ると美肌成分のエラスチン生成にも影響を与えハリ不足や潤い不足になることも。ある統計によるとエストロゲンのサプリメントを飲んでいる女性は肌のコラーゲン量が高いということもわかっています。

40代の敏感肌で悩んでいる方はスキンケアでアプローチしながら、食生活でも工夫してみましょう。たとえばエストロゲンと似た働きをする大豆のイソフラボンはアンチエイジングにとてもメリットがあり、スーパーフードのチアシードやフラックスシード、ハーブのブラックコホシュなどもオススメです。

男性ホルモンのテストステロンを減らす習慣

男性ホルモンのテストステロンは男性だけでなく女性の体でも分泌されています。テストステロンが増えると皮脂腺が活発になりニキビができやすくなったりエストロゲンの分泌を邪魔するようになります。そのため女性の肌は乾燥や老化が進んでしまうため、男性ホルモンの分泌を過剰にさせないことがスキンケアのコツにもなるでしょう。

そのためにできることはエストロゲンを増やすことと同じで、規則正しい生活習慣や食生活などでアプローチが大切。また飲酒や喫煙は男性ホルモンを増やしてしまう可能性もありますので、なるべく注意してください。ストレスマネージメントもホルモン安定にメリットがありますので、40代以降の肌トラブルは快適な日常生活を心がけましょう。

睡眠ホルモンのメラトニンを増やそう

メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれるホルモンで、脳から分泌され抗ガン作用や抗酸化作用があることがわかっています。夜になると眠くなるのはメラトニンのおかげで睡眠の質を高くすることでも知られていますが、このホルモンが十分に分泌されると結果的に肌細胞の生成が活発になる効果があります。

睡眠は体のメンテ時間、肌細胞の生まれ変わりや修復を行っていますので、メラトニンがしっかり分泌される人のほうが肌環境が安定することになります。ターンオーバーの乱れは40代になるとさらに目立ち始め、古い角質層がはがれないと肌表面ではあらゆるトラブルが起こるでしょう。乾燥肌を改善するためにも肌本来の機能を改善することが必要になりますので、そのためにもメラトニンはしっかり分泌されることが大切。

ではどうすればいいのか、その改善策は体内時計を整えて夜にメラトニンが分泌されるようにすることです。朝目が覚めたらしっかり朝日を浴びて一日をスタートしましょう。暗い部屋で朝食を食べるよりも、窓際など太陽光が入る場所がオススメです。

生活習慣を見直して成長ホルモンを活性化しよう

筋肉や骨などの身体の組織を作る成長ホルモンは、成長期に一番多く分泌され年齢とともに減少していきます。主な働きは体の発育を助けることと代謝の調節を行うこと。成長ホルモンが分泌されるとダメージを受けた乾燥肌の修復や健康な皮膚を作るメリットにつながり、免疫力を高め刺激に強い肌へと生まれ変わります。

このホルモンを活発にするためには最も多く分泌される睡眠中にターゲットを置くこと。入眠直後の一番深いノンレム睡眠の時に成長ホルモンが多く分泌されていますので、毎日決まった時間に就寝することは40代の敏感肌に大変効果をもたらすでしょう。またスロートレーニングも成長ホルモンを多く分泌することが分かっています。

運動で筋肉が疲労を感じて生成される乳酸は、脳を刺激し成長ホルモンの分泌をサポートしますので、自宅で簡単にできるストレッチやウォーキングなど、持続的に筋肉を動かすスロートレーニングを始めてみましょう。とくに下半身を鍛えるスクワットなどは、成長ホルモンを刺激する効果がありますのでオススメです。

まとめ

  • 急激な血糖値の上昇はインスリンの分泌を増加させ、肌老化を加速させる原因になる。食生活で糖質を抑制することが解決策。
  • ストレスを感じたときに発生するコルチゾールはコラーゲンの減少を招く。健康と美容のためにはストレスを減らすことが大切。
  • 加齢による女性ホルモンの減少に歯止めをかけるには、食生活の工夫が必要。大豆食品やチアシードなどがおすすめ。
  • 男性ホルモンの増加は肌トラブルの原因になる。ホルモンバランスの安定には、規則正しい生活を送ることがポイント。
  • 質の高い睡眠は、肌細胞の生成を活発にするために役立つ。体内時計を整えて、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促進するよう心掛けよう。
  • 成長ホルモンは肌のダメージを修復し、皮膚を丈夫にする働きがある。成長ホルモンの分泌を増やすには、スロートレーニングが効果的。

 

40代の敏感肌のスキンケアはアンチエイジング化粧品で優しくお手入れしながら、ホルモンの働きにも注意して美肌力を回復しましょう。食生活や運動、睡眠時間など今日から改善できることは色々ありますので、年齢に負けない肌作りのために規則正しい健康的な生活をスタートしてください。

この記事も読まれています