スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

50代からの敏感肌スキンケア・症状を軽減する7つの方法

敏感肌は年齢に関係なくとても厄介な肌トラブルですが、年齢とともにどの肌タイプも刺激に弱くなる傾向があり、50代で敏感肌になるというケースも決して珍しくはありません。肌は一日中空気中のホコリや雑菌、公害で汚染された空気、紫外線、天候などあらゆる環境の中で耐えて過ごしています。

これらの状況が敏感肌を招きさらに症状を悪化させてしまいます。でも心配はご無用、たとえ空気中の雑菌を完全に排除できないとしても、シンプルなスキンケアの改善で50代の敏感肌は症状を軽減することが可能です。

50代はシワやハリ不足などの年齢サインがはっきりわかる年代、ヒリヒリしたり頬が赤くなるなど敏感肌特有の症状とともにアンチエイジングも意識しないといけません。では早速ですが7つの方法で50代の敏感肌スキンケアにチャレンジしてみましょう。

50代はベーシックなスキンケアを続けよう

年齢肌の敏感肌はスキンケアをシンプルするほど肌にはメリットがあります。最初にやるべきことは洗顔の見直しで、香料や着色料などの添加物が含まれた洗顔料の使用をストップしてください。肌に優しい低刺激タイプやオーガニック系の自然由来の石鹸は肌のPHバランスを整え、皮膚の常在菌の働きも安定するでしょう。

洗顔後肌がつっぱるほど洗浄力が強いもの、肌にしみる、乾燥しやすいタイプは使用せず、しっとり洗いあがる洗顔料を選んでください。50代の敏感肌はターンオーバーの乱れにより肌表面に古い角質が残りやすくなっています。くすみや乾燥を防ぐためにも洗顔で汚れを取ることがとても大切。洗顔料だけに頼らずにマッサージや蒸しタオルを使い、効果がアップしやすい洗顔方法を始めたり、洗顔後のシンプルな保湿ケアが重要です。

寝る前のスキンケアを大切に考えよう

睡眠中の肌はホルモン分泌が活発で細胞の代謝が行われる大切な時間です。そのためメイクをしたまま寝るのはまず避けたいこと。どんなに疲れていても夜のスキンケアは敏感肌の症状を軽減する目的や、50代の肌のアンチエイジングに欠かせません。多少の洗い残しがあっても敏感肌にはとても負担になりますので、敏感肌用のクレンジングや洗顔料を使い汚れをしっかり落としておきます。

そして大切なのは保湿ケア、汚れを落としたままでは肌のうるおい不足でバリア機能も弱くなるため、洗顔後は敏感肌によいヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン入りの化粧水やクリーム、ローションをたっぷりつけておきましょう。

肌につける時は手のひらで顔全体を包みこみ、おさえながら水分を押し込むようにスキンケアするとオススメです。

デリケートに肌にタッチしよう

50代からの敏感肌はヒリヒリするなどの症状だけでなく、肌細胞の働き自体を乱すため老化スピードをさらに速くするデメリットもあります。スキンケアでは色々な成分を肌につけていますので、知らない間に刺激を与えることもあるでしょう。それだけでなく肌をコットンで無理にこすったりパッティングで強くたたくことも敏感肌にはとても過酷なこと。肌は汚れた手指で触るのは避けて、摩擦が多いクレンジングや洗顔ではなるべくこすらないように工夫をしてください。

たとえばアイメイクを落とす時ですが、アイラインやマスカラなどは洗顔だけでは綺麗になりません。クレンジング剤をつかってこするのはさらに肌に負担になるためコットンにクレンジングクリームをつけて、肌に置いたら数秒間放置してメイクを浮き上がられてから拭き取ることも方法です。化粧水をつける際もコットンに浸してパックすると摩擦を減らしながらしっかり浸透します。

紫外線対策でアンチエイジングも続けよう

50代以降の敏感肌は紫外線のダメージを受けやすく、表面に見えないところでどんどん肌細胞の劣化が進んでしまいます。これを避けるためには日焼け止めを使い毎日のスキンケアを行うこと。日焼け止めだけを別に使うのが面倒な人は乳液やクリームにSPF効果が含まれているものを使うのも良いでしょう。

50代の敏感肌はすでに若い頃に大量の紫外線を浴びていますので、いま正しく対策を行わないとシミ予備軍がどんどん表面に現れてきます。すでにできたシミは美白化粧品でケアできますが、敏感肌には刺激が強い美白成分も多く存在しますので、できるだけ普段から予防する習慣が必要です。日焼け止めクリームを選ぶ時は肌に合うかどうか確認して、必ず洗顔時に綺麗に洗い流してください。

肌を冷やして不快な症状を抑えよう

敏感肌は皮膚の温度が高くなるとヒリヒリ感やかゆみなどの症状をさらに感じやすくなります。50代からの敏感肌も同様にコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなるため、バリア機能が低下しています。そのままでは敏感肌の症状が起こりやすくなりますので、このような場合は肌を冷やす方法で対処しましょう。屋外の強い太陽光の光をまず避けること、そして洗顔時はぬるま湯を使うこと、不快な症状がある場合は冷やしたタオルやコットンで気になる部分をおさえてください。

肌のかゆみなどの原因は免疫反応のひとつ。皮膚のバリア機能を通過して入ってくるアレルゲンなどの異物がこれらの症状を招いています。体温が高くなる季節は化粧水を冷蔵庫で冷やしたものを使うなど、できるだけ症状が悪化しない対策を事前にとっておきましょう。またファンデーションのパフなど雑菌が付きやすいアイテムは常に清潔に保管してください。

花粉やほこりから肌を守ろう

50代の肌は女性ホルモンの減少により、急激な肌の変化を感じる年代です。潤い不足で肌が乾燥すると外部の刺激にもっと弱くなってしまいます。花粉やほこりが肌に付着するとバリア機能を破壊する原因になり、屋外の汚れた空気も蓄積され敏感肌を招くことにも。そんな不安を解消するためには外出先でも使える携帯用のクレンジングシートを使うと良いでしょう。

アウトドアで一日外にいる場合は、あらゆるホコリや花粉などが付着して、肌が夜になると疲労してしまいます。気になるときはすぐに肌をきれいにふきとること、その際も無理にこすらず叩くようにしてシートを使うことが必要です。メイク直しの手間がなければぬるま湯でさっと洗顔して保湿しておきましょう。敏感肌は目に見えない刺激から肌を守ることが改善の第一歩になります。

肌の水分補給はしっかり水を飲むこと

50代の敏感肌はスキンケアで外側から潤いを与えることが基本。加齢により肌の水分量はどんどん減る傾向がありますので、化粧水や乳液などの基礎化粧品で水分や潤いを保護するスキンケアが欠かせません。また不快なかゆみやヒリヒリ感などを予防するためには肌だけでなく体内の水分量をしっかり維持することも忘れてはいけません。

水を飲み脱水症状を起こさないこと。可愛いボトルや水筒などデスクの上に置いておけば水分補給を忘れずに続けられるでしょう。また肌の活動がスタートする朝は、人気のデトックスウォーターで体のなかから水分補給する方法もオススメです。50代の敏感肌は乾燥対策を最初に行い、症状を軽減するためのスキンケアのコツを取り入れてください。乾燥しやすい室内などは携帯用ミストで肌に水分補給することもオススメです。

まとめ

  • 50代の敏感肌はターンオーバーの乱れにより古い角質が残りやすい。正しい洗顔でしっかり汚れを落とす必要がある。
  • 寝る前は必ずメイクを落とし、洗顔後は敏感肌によいヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン入りの基礎化粧品でしっかり保湿を。
  • 刺激を受けやすい敏感肌は、デリケートにタッチして、摩擦によるダメージを減らすことが大切。
  • 50代は若い頃浴びた紫外線の影響が出やすい。これまで以上に予防に力を入れるとともに、できてしまったシミには美白化粧品で対処しよう。
  • バリア機能が低下すると、ヒリヒリ感やかゆみなどを感じやすくなる。不快な症状を抑えるには、肌を冷やすのが効果的。
  • 花粉やほこりはバリア機能を破壊する大きな原因。携帯用のクレンジングシートで、外出先でも肌を清潔に保つ工夫を。
  • 50代の敏感肌は、スキンケアで潤いを与えるだけでなく、水を飲んで体内の水分を保持することも重要なポイント。

 

50代からの敏感肌のスキンケアは、肌の老化とダブルで頭を悩めることが色々ありますよね。健康的にアンチエイジングするためには肌細胞を元気にして、肌本来の機能を引き出すことが大切。そのためには敏感肌の症状が気になる場合は、放置せずに適切な処置を早く行いたいですね。

この記事も読まれています