スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

30代の脂性肌はいつ終わる?スキンケアでやるべきこととは

30代以降の脂性肌はスキンケアで上手に対処すると美肌作りもスムーズになります。肌質は年齢とともに変化していくもの、それだけでなく生活習慣や食生活なども肌の働きにとても影響を与えていますので、スキンケアをあらゆる角度から見直していくことも忘れてはいけません。

思春期の脂性肌やニキビについてはよく語られることがあっても、30代の脂性肌は忘れられてしまうことがありませんか。30代の皆さんは、肌がまだまだ若いと誤解して、脂性肌に正しく取り組んでいない場合も多くがあります。いつになっても止まらない毛穴の汚れや肌のべたつき、なにが原因なのか30代の脂性肌のスキンケアのポイントについてみていきましょう。

30代は保湿ケアをしっかりしないと脂性肌が悪化する

残念ながらいつまでも10代のつもりでスキンケアは続けられません。脂性肌だからと言ってごしごし洗顔したり、時期がくれば治るだろうという油断はできないのです。30代以降の脂性肌の原因は水分不足が主な理由。肌が乾燥すると皮脂腺が過剰に働き余分な皮脂が分泌されてしまいます。そのため肌のべたつきをとるはずのケアが逆に肌のテカリを招くことになり、スキンケアの悪循環が続いています。

30代で妊娠・出産する人の場合はホルモンの変化が影響して乾燥肌がいきなり脂性肌になる場合も。このような場合も普段のお手入れを見直して、保湿ケアで潤いをしっかり与えてください。

やるべきこと

まずアルコール入りのニキビ化粧品の使用をストップしましょう。アルコールは年齢肌に刺激が強くさらに肌を乾燥させてしまいます。そして体の内側から保湿するために毎日コップ8杯分の水を飲むこと。スキンケアでは保湿を一日2回必ず行い、週に2回は保湿パックやシートマスクを使ったケアを行いましょう

30代はやりすぎの洗顔を見直して肌の負担を控える

洗顔は一日の肌のスタートになりますので、いきなり負担や刺激を与えてしまうと一日肌のコンディションが悪くなっています。まず30代の脂性肌トラブルは洗顔料を見直していください。

肌のべたつきが気になるからと言って、ニキビ用の洗浄力が強いタイプを使っていませんか。しっかり皮脂を取り除いてしまう洗顔料はさらに皮脂分泌を加速させる原因になります。ニキビ用化粧品は年代別にありますので、30代以降はアンチエイジングを考えた脂性肌用の基礎化粧品を使い、洗顔料も低刺激タイプを選ぶと良いでしょう。

やるべきこと

洗顔料を肌に合うものに変えて、洗顔方法も見直してください。石鹸の泡はネットを使いクリーム状の泡をたっぷり作ります。肌の皮脂が多い部分、おでこ、鼻、口周辺など気になる部分に最初に泡を乗せてから全体を優しくマッサージしましょう。時間差で洗うことで皮脂が多い部分はしっかり洗顔でき、かさつきやすい目の周辺などは負担が減ります。

くるくると小さな円を描くようにしてくぼみのあるところもしっかり泡マッサージ。口周辺は大人ニキビができやすいので、口を開いて皮膚を伸ばしながら洗顔すると効果的です。最後はしっかりすすぎ、耳の付け根などの洗い残しに注意しましょう。

ニキビ跡が気になる場合のセルフケア

30代の脂性肌はスキンケアで上手に対処できないトラブルもあります。ニキビ跡がそのひとつ、脂性肌の人は毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすいので大人ニキビができやすい状態です。綺麗に治ればいいのですが年齢肌は炎症が進みやすくバリア機能が弱くなるため、ニキビ跡が残ってしまう場合もよくあるでしょう。

ニキビ跡でも赤みが残るものがありますが、このような炎症がいつまでも引かないタイプはとくに注意が必要です。過剰な反応をする理由はアクネ菌の働きによるもので、炎症を起こした肌の細胞が放射するたんぱく質分解酵素などが残り赤みになっています。

場合によってはダメージを受けた細胞を修復するために血管が開き、外側から赤く見えることもありますので自然と赤みが引いていく場合も。30代以降はアンチエイジングにもシフトしないといけない大切な時期ですが、若い肌の名残りがあり無理をしないスキンケアが何よりも重要です。

やるべきこと

ニキビ跡がある場合はビタミンC配合のクリームやローションを肌にたっぷりつけましょう。ニキビ跡を無理やりケアするとさらに凸凹や赤みが悪化しますので、早めに適切な対処をしないといけません。コラーゲンで肌の弾力を回復する、またはビーリング、美白化粧品を使うこともよいでしょう。

30代のスキンケアではアストリンゼントの使用はストップ

脂性肌はニキビ対策がスキンケアの一部になっていますが、肌のテカリやべたつきが一日続くのは不快になります。そんな時に活躍するアストリンゼント、皮脂や汗を分解して肌を引き締める効果があります。しかしアストリンゼントはアルコール成分を含むものが多く、このタイプのローションは保湿の下準備として使えるものではありません。保湿化粧水のようにたっぷり顔につけてしまうと、肌の弱い人はシワなどの老化症状が進む原因にも

アストリンゼントは使い方やタイミングを間違えている人も多いので、30代の脂性肌のスキンケアではなるべく使用を控えたほうが良いでしょう。

やるべきこと

アストリンゼントを使う場合は必ず洗顔後にまだべたつくところだけにポイント使いしてください。おでこや鼻などTゾーンを中心にコットンで軽く拭き取りその後に通常の化粧水を使います。肌がデリケートな方や急に脂性肌になった場合はインナードライ肌の可能性もありますので、アストリンゼントは使わず保湿効果の高いコラーゲンやヒアルロン酸が含まれた化粧水や乳液でダブル保湿してください。

またアストリンゼントは収れん化粧水として保湿や美白などの効果を合わせて作られたものを使うこともオススメ。使用の際はそれぞれの説明書を確認してください。

食べ物で脂性肌を改善しよう

年齢を重ねるごとに肌の働きは鈍くなり、スキンケアの効果がすぐに実感できないなんて経験をすることが増えきます。30代の脂性肌もスキンケアだけに頼らずに体の内側から肌によいことをどんどん取り入れていきましょう。食べ物は肌の土台を作る大切なもの、肌質にはそれぞれ良い食べ物がありますので、早速脂性肌を安定させる食べ物についてオススメを見ていきましょう。

やるべきこと

水分量が多いキューリを食べましょう。サラダや漬物で使われるキューリ、この野菜は97.6%も水分を含む保湿に適した食べ物です。料理する必要がなくそのまま丸かじりもできるので野菜スティックとしても人気。またキューリはスライスして顔に貼り付けると保湿パックにもなるので大変機能的な食材です。

そしてカリフラワーも水分量が91.2%と非常に高くスープや炒め物などあらゆるアレンジができる野菜です。茹でてマッシュポテトのように潰したカリフラワーを使いピザ生地を作ることもできますので、あらゆる料理メニューに使ってみましょう。果物でオススメしたいアイテムはビタミンCが豊富なグレープフルーツ。90.5%もの水分量を含み、酵素で体内の脂肪を燃焼するダイエット効果もあります。繊維質も多いため体のなかからすっきりする効果があります。

ストレスによる脂性肌にも注意しよう

30代になると仕事や育児、家庭の悩みなどあらゆるストレスが増えてきます。肌の働きは自律神経とも連動していますので、ストレスが多い人ほど皮脂腺が敏感になり脂性肌は悪化。コルチゾールというホルモンはストレスを感じると発生するもので、発汗機能を刺激し血管の収縮を招き皮脂を過剰に分泌する作用があります。イライラすると心臓がどきどき鼓動が早くなり、血液の流れが不安定に。すると肌に必要な栄養や酸素が届かないので肌のコンディションは安定しないままなのです。

やるべきこと

ストレスは肌の大敵なので忙しい日こそゆっくり一日を終わらせてください。毎日できるストレスフリーの習慣は睡眠時間を7~8時間とること。また毎日30分間だけ自分時間を持つこと、またなんでも責任を感じて「イエス」と答えずにたまには「ノー」と拒否することも覚えていくことも大事です。

30代は家族や自分の将来を考えて、あらゆるライフステージに突入していきます。ストレスで肌環境が悪くなるとさらに気持ちもブルーになるでしょう。自分のためにやること、好きな時間、趣味などをはじめストレスのない快適な美肌生活を考えてください。

まとめ

  • 30代以降の脂性肌は水分不足が主な原因。1日2回の保湿ケアに加え、週に2回のスペシャルケアを始めよう。
  • しっかり皮脂を取り除いてしまう洗顔料は、皮脂分泌を加速させる原因に。30代以降は低刺激タイプの洗顔料がおすすめ。
  • ニキビ跡にはビタミンC配合の化粧品が効果的。コラーゲンで肌の弾力を回復したり、ピーリング、美白化粧品を使うのもよい。
  • アストリンゼントはアルコール成分を含むものが多く、肌の弱い人は老化が進むことも。30代のスキンケアではなるべく使用を避け、使う場合はポイント使いするのが◎
  • 脂性肌には水分の多いキューリやカリフラワー、ビタミンC豊富なグレープフルーツなどの食べ物がおすすめ。
  • ストレスを感じると分泌されるホルモン「コルチゾール」は皮脂の過剰分泌を招く。睡眠時間や自分の時間を確保して、ストレスフリーな生活を心がけよう。

 

30代以降は肌にあらゆる変化が訪れ、脂性肌はさらに大人ニキビの心配もしないといけません。扱いが難しい脂性肌も年齢に合わせたスキンケアや普段の生活スタイルで、徐々に改善してくださいね。

この記事も読まれています