スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

ビタミンC誘導体の特徴と効果・使うべき10の理由

ビタミンCは美容には欠かせない栄養で、スムージーやサプリメントでしっかり補給している美肌マニアも少なくありません。女性の皆さん誰もが不安なのが肌の老化。シミやシミなどの老化サインが始まるとこの先どうしたらいいのかスキンケアのモチベーションも下がってしまいます。

あらゆる研究や統計でわかっていることが、肌に一番あったスキンケアを続けることがエイジングのスピードを遅らせるということ。そのためにぜひ取り入れたいものがビタミンC誘導体なのです。特徴や効果を正しく理解してこれらのスキンケアにぜひ活用していきましょう。

コラーゲン生成を増やしてくれる

加齢や紫外線のダメージで肌のコラーゲンが失われると、シワやたるみなどの原因になります。ビタミンC誘導体はコラーゲン生成をサポートする働きがあるため、ハリケアを効率的にしてくれます。

ビタミンC誘導体は体内で酵素反応によりビタミンCになる特徴があり、通常のビタミンCよりも吸収率や浸透性が高いことが特徴です。そのため化粧品で使用されることがとても多く、とくにコラーゲン入りのコスメではビタミンC誘導体との相乗効果を狙い一緒に配合されていることが多くなっています。コラーゲンをしっかり肌に補うためには分子構造が優れたビタミンC誘導体のほうが安心です。

あらゆる肌タイプにあいやすい

ビタミンCはそもそもどんな肌タイプにもあいやすい美容成分として知られています。肌との相性を気にせずに使う方も多いかもしれませんが、さらに使いやすくしたビタミンC誘導体は敏感肌や乾燥肌にもピッタリの美容成分です。

またほかの美容成分との相性もよくレチノールや日焼け止めのSPF成分と一緒に配合されることも。機能性が高いビタミンC誘導体はごくまれに超敏感肌にヒリヒリするなどの症状がありますので、心配な場合はまず化粧品のパッチテストをして確認しましょう。

肌に潤い効果を与えてくれる

ビタミンC誘導体は肌から水分が蒸発しないようにブロックする働きがあります。保湿効果が高くあらゆる美容成分の中でもビタミンC誘導体は乾燥肌対策に人気があります。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの美容成分をしっかり角質層の奥まで届けるサポートをしてくれるのもビタミンC誘導体。肌の保湿機能をアップさせるために導入美容液としても使われることがありますが、潤いを与える時にはぜひプラスしたい美容成分といえるでしょう。

色々な種類があり使い分けができる

ビタミンC誘導体の特徴や効果は種類によって若干違いあります。種類はひとつだけだと思っている方も意外と多いようですが、大きく分けると「水溶性ビタミンC誘導体」「油溶性ビタミンC誘導体」「両親媒性ビタミンC誘導体」の3種類があります。

水溶性は水分との相性がよく、油溶性は水溶性よりも浸透性が高いため真皮の奥までしっかり到達します。どちらのメリットもある両親媒体ビタミンC誘導体は近年とても注目されている種類で、新しい化粧品でよく使用されています。

それぞれにメリットやデメリットがありますが、即効性の高い水溶性、保湿性が高い油溶性、浸透性が抜群の両親媒体など、使う目的に合わせて選べることが魅力です。

メラニン色素に働きくすみ改善になる

ビタミンC誘導体はメラニン色素の生成を抑制するため、肌のくすみを改善して透明感をアップしてくれます。くすみはいきなりおこるものではなく、長年蓄積された紫外線のダメージや加齢による肌機能の低下が原因になります。

ファンデーションをつけても肌のトーンがあまり変わらないという場合はくすみが進行している可能性がありますので、ビタミンC誘導体入りの基礎化粧品を使い、メラニン色素の働きをブロックすると良いでしょう。

ビタミンCは分子構造がもろいため効果がでない場合がよくあります。化粧品を見直す場合はビタミンCをどのような形で補うか考えてみましょう。

肌のダメージ修復をしてくれる

肌にはあらゆる負担がかかり、バリア機能が低下してあらゆるトラブルが起こります。年齢を重ねるごとに肌は敏感になり洗顔の摩擦や化粧水のパッティングでも肌に細かい傷がついてしまうことも。ビタミンC誘導体には創傷治療の効果がある点が特徴で、ニキビの治りを早めるなどあらゆる使い方ができる点が魅力です。

ニキビ跡のクレーターを完全に消すことは難しく、レーザーやピーリングなどのケアでプロにお手入れしてもらう人もなかにはいるでしょう。ビタミンC誘導体を使えば時間はかかりますが、皮膚表面に深く残るニキビ跡も目立たなくさせることが可能です。

目の下のクマ予防に効果がある

目の周辺は皮膚がとても弱いので水分が長時間維持できず乾燥しやすい部分です。またリンパが流れているので血行不良になると老廃物が溜まり目の下はクマができてとても疲れた表情にみえることもあるでしょう。ビタミンC誘導体の特徴は目の周辺の皮膚にハリを出し細かいシワやクマを改善すること。

また頬の赤みを抑え肌のトーンのばらつきを整える効果もあります。目は人に与える印象を左右する部分、クマやシワは見た目年齢にも影響を与えるのでしっかり栄養補給したいところです。

抗酸化作用があるのでアンチエイジングにオススメ

ビタミンC誘導体は活性酸素を抑制する効果が高くアンチエイジングでも人気があります。活性酸素は加齢や紫外線などにより体内で発生すると体の細胞を劣化させるため、肌にもあらゆるトラブルを招くものです。通常のビタミンCも抗酸化力はありますが、さらにパワーアップしたものがビタミンC誘導体。アンチエイジング化粧品を選ぶ際にはまず注目したい美容成分といえるでしょう。

ターンオーバーを活性化して肌機能を維持する

肌細胞の生まれ変わりが早い若い年齢は、トラブルがあってもすぐに改善できるだけの肌力があります。しかし年齢とともに劣る肌機能、ターンオーバーの周期が通常の28日からさらに長くなり35日以上かかることもあります。ビタミンC誘導体は皮膚に与えるメリットだけでなく肌機能を土台から改善する作用もありますので、なんとなく肌の調子が悪いという時にも使うべき美容成分なのです。

皮脂の抑制作用でニキビやふきでもの予防ができる

ビタミンC誘導体は皮脂の抑制作用がありますので、ニキビ予防にも適した成分です。ニキビ対策でビタミンC誘導体を使う場合は皮脂でブロックされない油性タイプがオススメ。わからない時は両親媒性ビタミンC誘導体を使いニキビ予防するとよいでしょう。ニキビ専用化粧品にもよく使用されているビタミンC、特徴や効果をさらに引き出すためにはビタミンC誘導体を選んだほうが効率的です。

まとめ

  • ビタミンCにはコラーゲン生成をサポートする働きがある。吸収率や浸透性の高いビタミンC誘導体配合の化粧品がおすすめ。
  • ビタミンCはあらゆる肌タイプにあいやすく、他の美容成分との相性もよい。
  • ビタミンC誘導体は保湿効果が高く、他の美容成分を角質層の奥まで届けるサポートをする働きもある。
  • ビタミンC誘導体は即効性の高い水溶性、保湿性が高い油溶性、浸透性が抜群の両親媒体の3種類。目的に応じて使い分けよう。
  • ビタミンC誘導体入りの基礎化粧品は、メラニン色素の生成を抑制する働きがあり、くすみ改善効果が期待できる。
  • 肌のダメージを修復する働きのあるビタミンC誘導体は、ニキビ跡の改善などあらゆる使い方が可能。
  • 目の下のクマ予防や頬の赤みを抑える効果も期待できる。
  • 誘導体はビタミンCよりも抗酸化力が高く、アンチエイジングでも人気がある。
  • ターンオーバーを活性化して肌機能を土台から改善する働きもある。
  • 皮脂の抑制作用があるので、ニキビ・ふきでもの予防にも威力を発揮。

 

ビタミンC誘導体は美肌作りにあらゆるメリットを与えてくれます。化粧品を購入する際には化粧水や美容液、クリームなど自分のスキンケアに取り入れやすいものを選んでください。肌に安全な成分ですが、新しい化粧品を使う時は必ずパッチテストをして確認しましょう。

この記事も読まれています