スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

50代からの美肌作りはノーファンデメイクが肌を変える!

50代の美肌作りで皆さんはどんなことを意識されて毎日お手入れしていますか。50代になると肌の弾力がさらになくなり全体的なたるみがすすみ、ほうれい線や毛穴の開き、さらにシワやシミなど年齢肌に見える原因が悪化します。

アンチエイジング化粧品がすでに手放せなくなっている方も多いでしょう。肌のくすみが気になるのも50代の肌の特徴、第一印象が疲れて見えたり暗く見えるのは輝きが足りないせいかもしれません。

そこでこれからのスキンケアで意識したいことがメイクから受ける肌の負担について。50代の美肌作りに注目されているノーファンデメイクの特徴とメリットについてご紹介したいと思います。

年齢肌を救うノーファンデメイクとは?

50代以降になるとメイクは自分を飾るためでなく、隠す目的が増えてきます。シミ、シワ、毛穴の汚れ、くすみなど、気になる肌トラブルをカバーするためにファンデーションは欠かせないものです。ノーファンデメイクとはその名の通りファンデーションをつけないメイク習慣。すっぴんのような状態にするメリットがよくわからないという方もいるでしょう。

ノーファンデメイクは見た目よりも肌の負担を考えることが目的で、年齢肌にはあらゆるメリットが期待できます。でもシミだらけの顔だと外に行けないという方も多いはず。ノーファンデメイクの基本は下地とパウダーだけ、自然な肌のトーンを生かしてメイクの負担を減らし肌力を回復させることが目的なのです。

毛穴の汚れを予防できる

50代の美肌作りは肌の基礎を回復することが大切ですが、すでに目立つ年齢サインを簡単に消すことはできません。そこで無理なお手入れをするよりも症状を悪化さぜす老化スピードを遅らせることも必要です。年齢肌に多い悩みのひとつが「毛穴」の開きや汚れ。これは肌のたるみにより毛穴が涙型に下に広がりそこに汚れや古い角質、皮脂などが詰まってしまうことが原因です。

毛穴の汚れを悪化させるものがファンデーション、開いた毛穴のなかにどんどん蓄積されてクレンジングや洗顔だけでは取れないこともあるのです。とくにリキッドファンデーションはカバー力が高い反面、毛穴の汚れになることも多いので注意しないといけません。ノーファンデメイクは毛穴汚れを防ぐメリットがありますので、肌の汚れが気になる人にはスキンケアのサポートになりますね。

ファンデーションをつけないことは肌に優しい

ファンデーションは肌を保護する役目がありますので、すっぴん状態は逆に肌に悪いのではないかという意見もあるようです。ファンデーションといっても色々な種類がありますので、肌質や目的に合わせて選ぶことが大切です。とくに肌への負担はできるだけ最小限に抑えることがメイクに求められる点です。

ファンデーションはリキッドとパウダータイプがあり、どちらにもメリットとデメリットがあります。50代以降になるとカバー力が高いリキッドファンデーションを使う人がとても多くなりますが、パウダーと比較すると水分が多いリキッドタイプは界面活性剤が強いといわれています。そのため肌の負担が多くしかも肌との密着度が高いためメイクを落とす時にもさらに負担がかかってしまいます。

一般的なファンデーションに含まれる成分は40種類ほどあるといわれています。基本は水分、油分、顔料がベースになりそこへ腐敗防止のための添加物や香料などが加わり、肌へ悪影響を及ぼすこともあります。ノーファンデメイクはこのような刺激を排除できるので、敏感肌の方にはとても負担が少なくなるといえるでしょう。

メイクの手間がなくなるので忙しくても大丈夫

50代の美肌作りは綺麗にみせることもスキンケアの目的になりますが、実際は年齢サインがあちこちに目立ち思うようなメイクができないこともあります。肌のトーンを整えることはメイクの基本、ファンデーションに頼ることが増える年齢肌にとっては、あらゆるトラブルをカバーしてくれる便利アイテムです。

そのため化粧水などで肌を整えた後にクリーム、下地クリーム、ベースカラー、ファンデーション、仕上げのパウダーなど肌に何層も重ねて年齢を隠す人がいます。

毎日メイクに手間がかかるのはストレスになりますし、さらに化粧品代も気になるところでしょう。ノーファンデにするとメイク時間が短縮され毎日とても簡単。あらゆるステップを省略して準備ができるのでストレスフリーになることは女性の肌にもメリットになりますね。

見た目年齢が若く見えることも

メイクは肌を綺麗にみせてトラブルをカバーする効果がありますが、50代を過ぎると隠したいトラブルが色々ありすぎついファンデーションを厚塗りすることがあります。首のトーンと顔の色がまったく違うのは見た目年齢を老けさせる要因になるでしょう。また厚くファンデーションを塗るとシワの溝に入ってしまい、逆に年齢サインが目立つこともあるのです。

本来はカバーしたいところが逆効果でアピールされてしまうことも、年齢肌のメイクで注意したいことでしょう。その点ノーファンでメイクならすっぴんに近い肌の色で、しっかりお手入れがされていれば自然な肌の輝きやトーンで若く見えるメリットもあります。

また年齢肌は皮脂バランスが不安定になり乾燥が進みやすい人が増えますので、夕方になると部分的に肌のべたつきやテカリが気になることも気になるところ。メイクがよれやすいことも年齢肌の特徴、ノーファンデなら鏡を見てチェックする回数も減りますね。

ノーファンでメイクのやり方について

ノーファンデメイクのやり方について要点をご説明します。ノーファンデはノーメイクとは違う点があり、まったく肌になにもつけない状態ではありません。素顔をさらすのはちょっと、という人にも取り入れやすい習慣なので早速実践してみましょう。やり方のステップは次の順番でポイントを押さえながらメイクをしてください。

保湿をする

ノーファンデメイクはファンデーションの輝きがないため、肌自然のツヤを生かすことが必要です。また保護するものがないため、スキンケアの基本になる保湿が大切です。お風呂上りの肌のように潤いがたっぷりの肌はハリがあり毛穴の目立ちも少ないですよね。このような自然の肌の輝きやハリを出すために化粧水や乳液、クリームなどはしっかりつけておきましょう。

下地クリームをつける

肌を保護するために保湿をしたら次は下地クリームをつけます。年齢肌はとくに紫外線対策が大切なのでUV効果のあるクリームを使うと良いでしょう。顔色のトーンに合わせてイエローやピンクなどを選ぶこともオススメです。

パウダーをつける

仕上げにブラシやパフを使ってパウダーを全体的につけます。ノーファンデメイクは肌に負担を与えないことが目的なのでパウダーも合成ポリマーフリーなど肌に優しいタイプがオススメです。目立つシミがある人はパウダーをつけるためにコンシーラーでカバーしておくことも方法です。

アンチエイジングを意識してノーファンデメイクをしよう

50代の美肌作りにさらに効果的にノーファンデメイクを取り入れるなら、いくつかの注意したいポイントがあります。メイクは絶対に肌に悪いものではなく最近は敏感肌にも優しいファンデーションも増えています。年齢肌はアンチエイジングを意識してノーファンデメイクをすることがポイント。そこで次の点を考慮しながらメイクをしてください。

ブラシやパフを清潔にする

パウダーをつける際に使うブラシやパフは毎日洗うものではありませんが、長い間そのままだと皮脂や汚れが付着して雑菌が繁殖している可能性があります。定期的に洗うなど清潔に使いましょう。

下地選びを慎重に

ノーファンデメイクでは下地クリームが大切な存在になります。手間を省き年齢肌に優しく使うには保湿や下地がひとつでできるタイプもオススメです。オールインワンコスメをはじめ下地機能があるコスメが色々あります。

洗顔とクレンジング

ノーファンデメイクとはいっても完全にすっぴんの状態ではありません。パウダーが残ってしまうと毛穴の汚れにつながることもありますので、クレンジングと洗顔はしっかりやっておきましょう。その際ですがリキッドファンデーションのように洗浄力の強い石鹸やクレンジングを使う必要はありません。肌に優しいクリームタイプのクレンジングなどを使い手早くメイク落としをしましょう。

夜の保湿をしっかりやること

素肌の美しさを生かすためには寝ている間の肌の再生がとても重要です。夜のスキンケアでしっかり保湿をすること、定期的にマスクやパックを使うこと。また睡眠時間も充分とるように生活リズムにも注意してください。

まとめ

  • ノーファンデメイクとは、ファンデーションをつけないメイク習慣のこと。
  • ノーファンデメイクは毛穴の汚れを防ぐメリットがある。
  • ファンデーションをつけないと刺激を排除できるので肌にやさしい。
  • ノーファンデにするとメイク時間を短縮できる。
  • 自然な肌の輝きやトーンで若く見えることも。
  • 保湿を重視!メイクは下地クリームにパウダーが基本。

 

年齢にふさわしい美肌作りは隠すことよりも素肌を磨き上げ自信をもって生活することも大切ですね。ノーファンデメイクで肌が元気になってきたら、次は本当のすっぴん生活が待っているかもしれませんよ。

この記事も読まれています